水泳(アーティスティックスイミング)

安永真白(シンクロ)の出身地や中学高校大学は?父親母親や所属やインスタなどプロフィールについて!

東京オリンピックのアーティスティックスイミング(チーム)の代表に内定をした、安永真白(やすながましろ)選手。

笑顔がチャーミングな選手として注目されています。

そこで今回は、「安永真白」選手にスポットを当てたいと思います。

「安永真白」選手のシンクロ(アーティスティックスイミング)の特徴出身中学校や高校・大学はどこなのか、父親・母親や兄弟姉妹などの家族構成、それに加え所属先インスタ、更に出身地などのプロフィールと経歴をご紹介します。

安永真白のシンクロ(アーティスティックスイミング)の特徴は?

「安永真白」選手のシンクロ(アーティスティックスイミング)の特徴をご紹介します。

 

アーティスティックスイミングは、2名で行われる「デュエット」と、8名で行われる「チーム」という演技があります。

安永選手の種目はチームです。

安永真白選手はチーム内で決まったポジションはありませんが、センターポジションに居る事が多いようです。

どんなポジションでも他の選手と息の合った演技ができる事は、すごいですよね。

安永選手の特徴は身体能力の高さと言われております。

ソロ競技で2019年の学生大会でも頭1つ抜けて優勝していることもその表れでしょう。

 

 

安永真白の出身中学,高校,大学はどこ?

「安永真白」選手の出身中学校や高校、大学はどこなのかご紹介します。

 

出身中学校は、吹田市立「片山中学校」です。

 

出身高校は、「近畿大学付属高等学校」です。

 

大学は、「近畿大学」経済学部です。

高等学校からそのままエスカレーター式で入学をしたようです。

近畿大学付属高等学校も近畿大学も全国的にアーティスティックスイミングの強豪校です。

 

安永真白の父親,母親や兄弟姉妹など家族は?

「安永真白」選手の父親・母親や兄弟姉妹などの家族構成をご紹介します。

 

ご家族の方については、詳しく公表されていませんでした。

安永選手の出身校が片山中学校(公立)なので、吹田市の方でしょう。

安永選手がオリンピッククラスの選手になれたのも、きっとご両親のサポートがあってこそだと思います。

東京オリンピックで活躍をすれば、ご家族の方もメディアに出てくるかもしれませんね!

 

 

安永真白の所属は?

「安永真白」選手の所属先をご紹介します。

 

所属先は、「一般社団法人井村アーティスティックスイミング」です。

井村アーティスティックスイミングといえば、過去に自身もシンクロの代表としてオリンピックに出場をした事のある、「井村雅代」コーチの運営している場です。

井村雅代コーチといえば、スパルタ式の指導法で世界で活躍のできる選手を育てる、「日本のシンクロ界の母」です。

厳しい指導の一方で、選手に対して愛情をたっぷりと注ぐコーチとして、たくさんの選手が信頼を置いています。

 

 

安永真白のインスタは?

「安永真白」選手のインスタをご紹介します。

 

安永真白選手のインスタは公表されていませんでしたので、他の方の投稿をご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#水泳 #アーティスティックスイミング 日本代表公開練習(2月21日、国立スポーツ科学センター ) , ジャパンオープン 兼日本選手権(4月27日〜29日、東京・辰巳水泳場)に向けて練習を公開。 , チームのフリールーティンには新曲「IYO!!〜祝おう!(東京は今日もお祭り騒ぎ)」を採用。 , (photo by Toru Yaguchi/撮影・#矢口亨 ) , #京極おきな #丸茂圭衣 #小俣夏乃 #柳澤明希 #乾友紀子 #吉田萌 #木島萌香 #熊谷日奈多 #塚本真由 #安部篤史 #足立夢実 #福村寿華 #安永真白 , , #swimming #artisticswimming #シンクロナイズドスイミング #シンクロ #東京五輪 #東京オリンピック #五輪 #オリンピック #olympic #olympics #olympicgames #東京2020 #tokyoolympic #tokyo2020

スポーツ報知 五輪競技(@hochi_sports)がシェアした投稿 –

これから更に活躍をすれば、投稿も増えるかもしれませんね!

 

 

安永真白のwiki風プロフィール(出身地など)と経歴

「安永真白」選手の出身地などのwiki風プロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 安永真白(やすながましろ)

出身地 大阪府(栃木県)

生年月日 1999年7月11日

年齢 21歳(2020年8月現在)

身長 168㎝

体重 58㎏

安永真白選手は、本籍は大阪府で出生地が栃木県だそうです。

オリンピック関連のホームページには、大阪府に統一されており学歴も大阪府です。

 

長所は明るい所で、短所は心配性な所だそうです。

水泳を始めた時期は公表されていませんでしたが、2020年1月の合宿の際に「水泳歴は9年」とコメントされていましたので、小学校高学年の11歳~12歳ごろに競技を始めたと思われます。

競技を始めたきっかけは、水泳の先生に勧められたからだそうです。

当時からの所属先は、「一般社団法人井村アーティスティックスイミング」です。

 

2013年の中学生の頃には国内大会に数々出場をし、輝かしい結果を残してきました。

そこで、数々の大会での成績をご紹介します。

主な成績

2013年 3位入賞 ジュニアオリンピックカップ(優秀選手賞受賞)

2014年 優勝   東京都辰己国際水泳場

2014年 優勝   ジュニアオリンピックカップ(優秀選手賞受賞)

2015年 優勝   アジアエージグループ選手権

2016年 3位入賞 世界ジュニア選手権(デュエット)

2016年 準優勝  世界ジュニア選手権(チーム)

2016年 優勝   ジュニアオリンピック(デュエット)

2016年 準優勝  ジュニアオリンピック(ソロ)

2017年 優勝   日本選手権

2017年 優勝   シンクロナイズドスイミング国際大会

2017年 優勝   ジュニアオオリンピックカップ

2018年 優勝   ジャパンオープン2018

2018年 準優勝  アジア大会

2019年 優勝   マーメイドカップ2019

2015年頃よりアーティスティックスイミングに参加するようになり、これまでの数々の成績が評価され、2021年7月の東京オリンピックの代表の一員として選出されました。

 

 

終わりに

今回は、安永真白選手についてご紹介しました。

数々の大会で好成績を残してきた選手です。

2021年7月の東京オリンピックでの活躍が楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です