水泳(アーティスティックスイミング)

乾友紀子の経歴!実家や家族や脚の長さやインスタ画像や出身中学校高校大学などプロフィールについて!

東京オリンピックのアーティスティックスイミング日本代表に内定をした、「乾友紀子(いぬいゆきこ)」選手。

今回は、「乾友紀子」選手にスポットを当てたいと思います。

乾友紀子」選手の実家はどこなのか、両親や兄弟姉妹などの家族構成、それに加え出身中学校や高校、大学はどこなのか、足の長さインスタ画像、更に経歴などのプロフィールをご紹介します。

乾友紀子の実家はどこ?

「乾友紀子」選手の実家はどこなのかご紹介します。

 

友紀子選手のご実家は、滋賀県の近江八幡市北ノ庄町です。

ご実家は何か経営されているなど、詳しい情報は公表されていませんでした。

 

 

乾友紀子の両親や兄弟姉妹など家族は?

「乾友紀子」選手の両親や兄弟姉妹などの家族構成をご紹介します。

 

父親の情報は公表されていませんでした。

 

母親は、乾祥子(いぬいさちこ)さんです。

2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場した際の、着用していた水着の仕上げは、お母様たちがされたそうです。

家族の想いや期待を背負って挑んだ試合で、見事銅メダルを獲得しました。

 

兄弟姉妹などの情報も公表されていませんでした。

同じ滋賀県近江八幡市出身の、プロサッカー選手「乾貴士」選手と兄弟では?と話題になっていましたが、特に関係はないそうです。

 

 

乾友紀子の出身中学校,高校,大学はどこ?

「乾友紀子」選手の出身中学校や高校、大学はどこなのかご紹介します。

 

出身中学校は、「近江兄弟社中学校」です。

 

出身高校は、「近江兄弟社高等学校」です。

 

出身大学は、「立命館大学」です。

 

卒業後は、芦屋大学職員に所属しています。

 

 

乾友紀子の脚の長さは?

「乾友紀子」選手の脚の長さをご紹介します。

 

身長は169㎝を高身長です。

他の選手と比べてみると、脚の長さも際立っていますよね!

脚の長さを調べましたが、公表されていませんでした。

 

 

乾友紀子のインスタ画像は?

「乾友紀子」選手のインスタ画像をご紹介します。

 

乾友紀子選手のインスタは公表されていませんでした。

他の方の乾友紀子選手の投稿をご紹介します。

大会の情報などが投稿されていましたので、是非チェックしてみてください!

 

 

乾友紀子のプロフィールと経歴

「乾友紀子」選手のプロフィールや経歴をご紹介します。

 

名前 乾友紀子(いぬいゆきこ)

出身地 滋賀県近江八幡市

生年月日 1990年12月4日

年齢 29歳(2020年5月現在)

身長 169㎝

体重 55㎏

幼稚園の頃にシンクロナイズドスイミングに興味を示し、小学1年生の頃に滋賀シンクロクラブに通い始めました。

乾友紀子選手いわく、小学生時代はシンクロをしていても一番つらかったそうです。

小学生といえば、遊びたい盛りですもんね・・・。

小学6年生の時には、本格的にシンクロの技術を得る為に、大阪の「井村シンクロクラブ」に所属をします。

井村シンクロクラブといえば、日本の指導者として活躍をする「井村雅代」さんがコーチを務めています。

井村雅代コーチといえば、シンクロの母と呼ばれ、厳しい指導で有名ですよね。

滋賀県の実家から大阪まで、片道2時間かけてご両親に車で送迎してもらいながら通っていたそうです。

井村雅代コーチに出会った事で、乾友紀子選手も着々と技を極め力を付けていきます。

 

様々な大会で成績を残していますので、ご紹介します。

主な成績

2006年 3位入賞 世界ジュニア選手権大会

2008年 準優勝 世界ジュニア選手権大会

2009年 優勝  日本選手権デュエット

2010年 3位入賞 ワールドカップ

2010年 準優勝 アジア大会

2011年 5位入賞 世界水泳選手権

2012年 優勝  ロンドンオリンピック(アジア・オセアニア最終予選)

2012年 5位入賞 ロンドンオリンピック

2013年 優勝  フランスオープン大会(ソロ)

2013年 3位入賞 フランスオープン大会(デュエット)

2014年 準優勝 アジア大会

2015年 3位入賞 世界水泳選手権

2016年 3位入賞 リオデジャネイロオリンピック

2017年 3位入賞 世界水泳選手権

今回の東京オリンピックで、3大会連続の出場となります。

アーティスティックスイミング代表に内定をした8名のうち、乾友紀子選手だけがオリンピック経験者となりますので、是非他の選手を引っ張ってメダル獲得を目指してほしいですね!

 

 

終わりに

今回は、「乾友紀子」選手についてご紹介しました。

苦しい練習も乗り越えてきた実力のある選手です。

2021年7月の東京オリンピックでの活躍が楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です