バドミントン

永原和可那のかわいいインスタは?出身中学高校大学や父親や母親や兄弟など家族についても

近年、日本勢の活躍が大きく取りあげられているバドミントン業界。その中でも、特に女子ダブルスでは有名ペア同士の日本人対決が世界大会の決勝で繰り広げられることも多くなってきました。

今回は、女子ダブルスの強豪コンビである「ナガマツペア」の一人、永原和可那(ながはらわかな)選手のかわいいインスタや学歴(出身中学,高校,大学)、さらに家族(父親,母親,兄弟,姉妹)などプロフィールについてご紹介します。

永原和可那のかわいいインスタは? ツイッターについても

まずは、永原和可那選手の使用しているSNS(インスタ,ツイッター)やかわいい画像を見ていきましょう。

調べてみたところ、インスタグラムとツイッターの両方とも、アカウント開設されいることが確認できました!

外部リンク(本人ツイッター)

外部リンク(本人インスタ)

バドミントン関連のお話を中心にいろいろな情報を発信されております。

アカウント写真も華やかで可愛らしいですね。

またプライベートのかわいい画像もありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wakana Nagahara(@wkn0109)がシェアした投稿

大会の参加情報・試合結果やテレビ番組の出演情報なども沢山書かれていますので、気になった方は是非チェックしてみてください!

永原和可那の学歴(出身小学校,中学,高校,大学)

続いて、永原和可那選手の学歴(出身小学校,中学,高校)について見ていきましょう。

出身の中学・高校について公開されている情報は下記のとおりです。

小学校:芽室小学校(北海道)

中学: 芽室中学校(北海道)

高校: 青森山田高校(青森県)

中学までは地元の学校に通いますが、高校は青森のバドミントン強豪校の青森山田高校に進学します。

バドミントンに本格的に打ち込んでいるのが伺えますね。

日本バドミントン協会公式の選手プロフィールを見ても、永原選手の大学に関する情報は見当たりませんでした。高校卒業後には実業団として北都銀行(秋田県)に所属し、バドミントンの活動を始めたと思われます。

北海道・青森・秋田、と寒いイメージの強いエリアが多い印象ですが、寒さに臆することなくバドミントンに専念されてきたからこその強さであるように感じられますね‥!

永原和可那の家族(父親,母親,兄弟,姉妹)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wakana Nagahara(@wkn0109)がシェアした投稿

永原和可那選手の家族(父親,母親,兄弟,姉妹)について見ていきましょう。

先ほどもご紹介したように、永原選手は北海道のご出身です。家族構成については、父親・母親・姉、そしてペットの金魚がいらっしゃるとのことが紹介されていました。

お姉さまとの年齢差は2歳で、バドミントンを始めたきっかけもお姉さま繋がりだったことが紹介されていました。(ちなみにお姉さんは2019年12月28日に結婚されております。)

現在は秋田県のチームに所属している関係で、同居の家族はいないようですが、小さい頃からお姉さまとは仲が良かったようで、「スズランテープを使って家の中でネットを作って、バドミントンをして遊んでいた」というエピソードも書かれています。

小学校の頃からバドミントンに勤しんできた永原選手にとって、ご家族とのバドミントン関連の思いでエピソードは他にも数多くありそうだなぁ、と自然に想像が膨らみますね。

永原和可那/松本麻佑ペアの世界ランキングと成績

永原和可那/松本麻佑ペアの世界ランキングと成績を見ていきましょう。

2020年12月の最新ランキング状況は下記のとおりです。

順位名前
1位陳清晨(チェン・チンチェン)/贾一凡(ジア・イファン)中国
2位福島由紀/廣田彩花日本
3位松本麻佑/永原和可那日本
4位李紹希(イ・ソヒ)/申昇輩(シン・ソンチャン)韓国
5位ドゥ・ユエ/李茵暉(リー・インフィ)中国

ナガマツペアの最新ランキング順位は「3位」です!

現在2位には、同じく日本人ペアの「フクヒロペア」がおります。

国内外問わず切磋琢磨し上位に上り詰めたことがよく分かりますね。

ちなみに、ナガマツペアの最高順位は、2019年45週の「世界ランキング1位」です。引き続き上位での激戦レースにも期待がかかります‥!

ちなみに直近に2020年12月に開催された全日本総合でナガマツペアとフクヒロペアの直接対決がありましたが、福島由紀/廣田彩花ペアに軍配が上がりました。

ナガマツペアはこの大会を糧にさらに強くなることと思います。

数年前までは中国勢で埋め尽くされていたバドミントン世界ランキングですが、今や上位に日本人選手が君臨することが当たり前に思えてしまうほどになりました。 日本バドミントンのレベルが格段に上がり、世界のライバル選手たちからも目標とされる地位に辿り着いたと言えるのではないでしょうか。

 

永原和可那のプレースタイル(特徴)

永原和可那手のプレースタイル(特徴)を見ていきましょう。

永原選手は、自他ともに認める「超攻撃型」です。170cmある高身長を活かしたパワフルな攻撃ショットが魅力で、試合動画を観ていても息をのむような展開の速さ・ショットの力強さがとても印象的でした。

相方の松本選手も身長177cmとかなりの高身長ですので、ペア揃って、日本人選手としてはかなり高さがありますね。

上からの攻撃ショットは特に相手に脅威を与えますので、2人の息が合った激しい攻撃合戦が繰り広げられることが多いです。

世界の強豪相手にも、ナガマツペアの高さ・速さはかなり効果的ですので、オリンピックの舞台でもぜひメダル争いの場面で応援したいですね!

 

永原和可那のプロフィールと経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Wakana Nagahara(@wkn0109)がシェアした投稿

永原和可那選手のプロフィール・経歴について下記にまとめます。

  • 出身地: 北海道
  • 生年月日: 1996年1月9日
  • 出身校:芽室小学校(北海道)/ 芽室中学校(北海道)/青森山田高校(青森県)
  • 所属: 北都銀行(秋田県)
  • 身長: 170cm
  • 体重: 60㎏
  • 血液型: B型
  • 利き手: 右
  • 競技開始年齢: 7歳

 

終わりに

バドミントン日本代表の永原選手、そしてナガマツペアの強さ・魅力について、ご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

日本人選手全体で見ても、目の離せないかなりの強豪揃いですので、引き続きこの調子で世界のライバルたちを相手に勝ち進んでいってほしい限りですね‥!

オリンピックでのメダル争いに期待のかかる永原選手に、心からの応援を送りたいと思います! がんばれ、ナガマツペア!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です