野球

岡本和真の高校時代のポジションや通算本塁打数は?守備位置や成績や年俸についても!

岡本和真さんはプロ野球選手で、現在読売ジャイアンツに所属しています。

彼の高校時代のポジションや通算本塁打、守備位置、成績、年俸などについて調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

岡本和真の守備位置の変遷

岡本和真さんの一軍での守備位置

  • 2015年 サード12試合
  • 2016年 ファースト3試合
  • 2017年 ファースト1試合 外野9試合
  • 2018年 ファースト126試合 サード19試合 外野23試
  • 2019年 ファースト116試合 サード65試合 外野21試合

岡本和真さんは高校時代はファーストを守っていましたが、プロでは球団の方針もあり一年目はサードの守備位置を任されます。しかし内野の守備に関して不安がぬぐえず、2017年からは外野の守備も行うようになります。そして2018年からはスタメンに定着して時と場合に応じて、ファーストとサード、外野の3つのポジションをしています。

 

岡本和真の成績と年俸推移

岡本和真さんの成績は以下の通りです。

  • 2015年:17試合 打率214(28打数6安打) 1本塁打 4打点 出塁率290 長打率321
  • 2016年: 3試合 打率100(10打数1安打) 0本塁打 0打点 出塁率100 長打率200
  • 2017年: 15試合 打率194(31打数6安打) 0本塁打 2打点 出塁率286 長打率226
  • 2018年: 143試合 打率309 (540打数167安打) 33本塁打 100打点 出塁率394 長打率541
  • 2019年: 143試合 打率265(555打数147安打) 31本塁打 94打点 出塁率343 長打率485

岡本和真さんは一年目は主に二軍の試合に出場して経験を積みます。二軍では69試合打率258  1本塁打 16打点を記録します。8月後半には一軍にも呼ばれて、8月28日の中日ドラゴンズ戦で代打として公式戦初出場を果たします。9月5日の横浜DeNAベイスターズ戦ではホームランを放ち、これが公式戦の初安打、初本塁打、初打点になります。

二年目は二軍で打順を4番に固定されます。96試合に出場して打率261 18本塁打 74打点を記録して成長を見せますが、一軍の試合の出場は3試合に止まります。シーズンが終わった後にはプエルトリコのウィンターリーグに派遣され、冬も野球漬けの毎日を送っています。

三年目は初めて開幕一軍入りを果たし、開幕スタメンも勝ち取ります。最高の出だしのように思われましたが、中々良い結果が出ず二軍に降格します。その後には再昇格もありましたが、結果が伴わずこの年は15試合の出場に終わります。

四年目はキャンプでコーチと共にバッティングフォームを修正してオープン戦で結果を残す事ができ、2年連続で開幕一軍と開幕スタメンを勝ち取ります。3月31日の阪神タイガース戦では4安打(内一本はホームラン)を放ち5打点も稼ぎ大活躍をします。今までの年とは違い、その後もスタメンを守り抜き6月2日のオリックス・バファローズ戦では第89代の4番打者としての出場も果たします。結果的には3割30本100打点を記録します。22歳3か月での達成は史上最年少です。

五年目は開幕から4番を任されます。前半戦は中々調子が上がらなかったですが、コーチの助言を参考にしてバッティングフォームの修正と意識の確認をしたら徐々に調子が戻ってきます。シーズンの成績は打率が265と4年目の時と比較すると下がりましたが、ホームランは31本、打点は94を記録します。相手チームのバッテリーの攻めが厳しくなる中で30本を超えて打点もしっかりと稼いでいる所は立派で、4番の役割をしっかりと果たしています。

年俸については以下の通りです。

2015年 1000万円

2016年 1400万円

2017年 1200万円

2018年 1200万円

2019年 8000万円

2020年 1億4000万円

 

岡本和真さんは1000万円でプロ生活をスタートします。三年目までは一軍で中々活躍できなかったため、1000万円台のままです。しかし四年目には一軍のレギュラーとして全試合に出場して大幅アップを勝ち取り8000万円まで年俸が上がります。そして五年目も読売ジャイアンツの中心打者として貢献をして一億円を突破し、ついに一億円プレイヤーの仲間入りをします。

 

岡本和真の特徴

岡本和真さんは類まれなバッティングセンスを持っていて、鋭いバッティングをします。逆方向にも長打を打つ事ができる所も魅力で、彼のバッティングを見ていて気持ちよいです。

高校の時は投手をしていた経験もあり、ストレートは140キロ中盤出ます。

 

岡本和真の高校時代は?ポジションや通算本塁打について

高校は智弁学園高等学校に通っていました。一年生の春からベンチ入りして、秋からは4番を任されるようになります。バッティングでチームを引っ張っていき、甲子園の出場も果たしています。通算本塁打数は73本で、甲子園でもホームランを放っています。ポジションに関しては投手とファーストをしていました。

 

岡本和真のプロフィールと経歴

  • 名前:岡本和真 (おかもと かずま)
  • 年齢:24歳(7月18日時点)
  • 生年月日:1996年6月30日
  • 出身:奈良県五條市
  • 所属チーム:読売ジャイアンツ
  • ポジション:一塁手、三塁手、外野手
  • 身長:185cm
  • 体重:96㎏

経歴

智弁学園高等学校→読売ジャイアンツ(2007年~)

 

終わりに

岡本和真さんは高いバッティング技術を持っていて、今や読売ジャイアンツの4番として活躍しています。24歳と若いですが、頼る事ができるバッターに成長していて信頼も厚いです。

これからも岡本和真さんが試合でたくさん打ち活躍できるように精一杯応援していきましょう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です