野球

浅村栄斗の守備位置の本職はどこ?高校生時代や成績や年俸推移についても!

浅村栄斗さんはプロ野球選手で、現在東北楽天ゴールデンイーグルスに所属しています。

彼の守備位置の本職はどこかや高校時代、成績、年俸推移などについて調査しました。

詳しく見ていきましょう。

浅村栄斗の成績と年俸推移

浅村栄斗さんの成績は以下の通りです。

  • 2009年:一軍での試合出場は無し
  • 2010年:30試合 打率262(42打数11安打) 2本塁打 9打点 出塁率407 長打率476
  • 2011年: 137試合 打率268(437打数117安打) 9本塁打 45打点 出塁率327 長打率382
  • 2012年: 114試合 打率245(404打数99安打) 7本塁打 37打点 出塁率307 長打率376
  • 2013年: 144試合 打率317(543打数172安打) 27本塁打 110打点 出塁率388 長打率554
  • 2014年: 118試合 打率273(440打数120安打) 14本塁打 55打点 出塁率345 長打率416
  • 2015年: 141試合 打率270(537打数145安打) 13本塁打 81打点 出塁率362 長打率385
  • 2016年: 143試合 打率309(557打数172安打) 24本塁打 82打点 出塁率357 長打率510
  • 2017年: 143試合 打率291(574打数167安打) 19本塁打 99打点 出塁率347 長打率453
  • 2018年: 143試合 打率310 (565打数175安打) 32本塁打 127打点 出塁率388 長打率527
  • 2019年: 143試合 打率263(529打数139安打) 33本塁打 92打点 出塁率372 長打率507

一年目は一軍デビューはできなかったですが、二軍で99試合に出場して経験を積んでいます。

二年目には3月31日の福岡ソフトバンクホークス戦で代打として一軍出場を果たします。一軍初打席でツーベースヒットを打ち初打点も稼ぎます。シーズンを通しては30試合に出場していて、ホームランも2本記録しています。

三年目には開幕一軍に残り、開幕スタメンの座も勝ち取ります。チームの事情もあり内野だけではなく外野も守る事もありましたが、しっかりとこなしていました。10月の月間打率は460の高打率を記録して、自身初の月間MVPを取っています。

四年目はバッティングの才能が開花し、打率317 ホームラン27本 打点110を記録します。打点110リーグトップの記録で打点王を獲得します。

七年目は序盤は不振で中々打てなかったですが、徐々に調子を上げていき打率を3割に乗せています。ツーベース40本放っている所もポイントで、2016年シーズン最多を記録しています。シーズンオフには背番号32から3に変わっています。
九年目には打率310 ホームラン32本 127打点のキャリアハイとなる数字をたたき出します。西武ライオンズの日本人選手としては初めて3割30本100打点を達成した上に、打点に関しては球団新記録となる数字です。シーズンオフには国内FA権を行使して、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍を決めました。

十年目は143試合の全試合に出場して、打率263 本塁打33 打点92を記録します。三振は162個と多いですが、ホームランを30本台に乗せて打点も90以上稼いでおりクリーンナップとしての役割を果たしています。クライマックスシリーズのファーストステージでもホームランを4本放っていて活躍しています。

年俸の推移は以下の通りです。

2009年 600万円

2010年 600万円

2011年 750万円

2012年 2400万円

2013年 3500万円

2014年 8600万円

2015年 7800万円

2016年 1億円

2017年 1億5500万円

2018年 2億1000万円

2019年 5億円

2020年 5億円

浅村栄斗さんは600万円でプロ生活をスタートしています。四年目は750万円から2400万円、六年目は3500万円から8600万円と大幅アップを勝ち取っています。八年目にはついに年俸は一億円を突破して、一億円プレイヤーになっています。その後も安定した成績を残し2億円に到達した上に、九年目には打点の球団記録を更新して優勝にも貢献した事で5億円の大台にも乗りました。

 

浅村栄斗の特徴

浅村栄斗さんは初球から積極的にスイングをするタイプです。相手バッテリーからすると長打のある選手が初球から振ってくる事は怖く、よりプレッシャーを与えられます。

体が強い所も特徴で、大きな怪我をしないです。ここ最近のシーズンは全試合に出場していてチームに貢献しています。監督・コーチからしても怪我をせずに試合に出続けてくれる選手がいる事は大きく心強いです。

 

浅村栄斗の守備位置の変遷

2010年 セカンド1試合 サード8試合

2011年 ファースト84試合 セカンド10試合 サード3試合 外野68試合

2012年 ファースト71試合 セカンド56試合 ショート12試合 外野4試合

2013年 ファースト136試合 セカンド10試合 ショート12試合

2014年 セカンド88試合 サード33試合

2015年 セカンド141試合

2016年 ファースト1試合 セカンド142試合

2017年 ファースト55試合 セカンド137試合

2018年 ファースト5試合 セカンド142試合

2019年 ファースト3試合 セカンド136試合

 

若手の頃はファーストとセカンド、ショート、サードの内野全ポジションに加えて外野も守っていました。あらゆるポジションを守れるという事で、チームとしても非常に役立っていました。6年目からセカンドで試合に出場する事が多くなります

 

浅村栄斗の守備位置の本職はどこ?

最近では主にセカンドを守っていて本職はセカンドになっています。エラーは少し多いですが、守備範囲は広く鋭い打球にも追いつく事ができ投手を助けています。

 

浅村栄斗の高校生時代の活躍は?

高校は大阪桐蔭高等学校に通っていました。一年の秋からベンチ入りを果たし、二年の夏にはレギュラーとして試合に出場するようになります。三年ではショートを守り、夏の甲子園にも出ます。甲子園では29打数16安打と5割以上の高打率を残した上に、守備でもファインプレーを連発して優勝に貢献します。ホームランは高校通算で22本放っています。

 

浅村栄斗のプロフィールと経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

#浅村栄斗 選手 #楽天イーグルス #rakuteneagles #20200722

ℳℛ ❥(@eight_2720)がシェアした投稿 –

プロフィール

  • 名前:浅村栄斗 (あさむら ひでと)
  • 年齢:29歳(7月24日時点)
  • 生年月日:1990年11月12日
  • 出身:大阪府大阪市東淀川区
  • 所属チーム:東北楽天ゴールデンイーグルス
  • ポジション:二塁手
  • 身長:182cm
  • 体重:90㎏

 

経歴

大阪桐蔭高等学校→埼玉西武ライオンズ (2009年~2018年)→東北楽天ゴールデンイーグルス(2019年~)

 

浅村栄斗は東京オリンピックで活躍できる?

浅村栄斗さんのバッティング技術は高い物があり、遠くに飛ばすパワーも持ち合わせていて東京オリンピックでも活躍できると考えます。2019年のプレミア12では日本代表に選ばれており打率333(25打数9安打)6打点を記録していて、一層期待が持てます。日本代表のセカンドには菊池涼介さんや山田哲人さんなどがいますが、浅村栄斗さんはファーストも守る事ができ、ファーストの方に回りスタメンで出られます。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です