バスケットボール

東京オリンピック女子バスケットボールの注目選手や日本代表は?出場国や優勝候補や日程・会場についても!

東京オリンピックで、日本にメダルの期待がかかる競技の1つが女子バスケットボールです。
女子のバスケットボールは、オリンピック毎に活躍する選手が変わり、どこの国が勝ってもおかしくありません。
東京オリンピックの開催時期や開催場所、出場国や注目選手はどうなのでしょうか。
東京オリンピックの女子バスケットボールをもっと楽しむためにも参考にご覧ください。

東京オリンピック女子バスケットボールの競技日程と会場

東京オリンピック女子バスケットボールは2020年7月26日から開催予定でしたが、2021年に延期されました。

延期されたバスケットボール女子の正確な競技日程は分かりませんが、延期された東京オリンピックは、2021年7月23日から開催れ、バスケットボールの競技は男子から開催されます。

女子バスケットボールは2021年7月25日ごろから開催されると予想されます。
また、会場は男女共にさいたまスーパーアリーナです。さいたまスーパーアリーナは、日本のアリーナの中でも大きい会場です。

試合は、男女が4試合ずつある日も、女子だけの日もあります。女子は、3ポイントや速攻など男子とは違った魅力があります。

女子のメダル確定は、オリンピック最終日付近決まりませんので、最後まで楽しめます。

東京オリンピック女子バスケットボールの出場国は?

バスケット女子

東京オリンピック女子バスケットボールは、5人制と3人制があります。
日本は、5人制は男女とも出場が決まっていますが、3人制の女子は出場が決まっていません。

3人制の日本女子は、最終予選を戦うことになります。
ここでは5人制の東京オリンピック女子バスケットボール出場国を紹介します。

【東京オリンピック女子バスケットボール出場国】

  • 日本(2大会連続)
  • アメリカ
  • オーストラリア
  • スペイン
  • カナダ
  • フランス
  • セルビア
  • 中国
  • ベルギー
  • ナイジェリア
  • 韓国
  • プエルトリコ

以上の12カ国が出場します。注目すべきは、男子に比べて女子はアジア勢が強いということです。
アジア勢は、男女ともオーストラリアが選ばれていますが、男子はバスケットボール、サッカーを含めてヨーロッパ勢が強豪です。

しかし、女子はヨーロッパ勢だけでなく、アジア勢も世界ランキングの上位にいます。
特に、中国や韓国をはじめ日本のも世界ランキング10位ですので、アジア勢にもメダルの可能性があるということです。
日本も初のメダルを獲得できるチャンスは十分あります。メダル獲得を目指す日本女子の活躍に注目です。

東京オリンピック女子バスケットボールの日本代表は?


東京オリンピックの女子バスケットボールの日本代表はまだ決まっていませんが、以下の選手が濃厚だと予想できます。

PG
本橋菜子選手(東京羽田ヴィッキーズ)
・町田瑠唯選手(富士通レッドウェーブ)

SG/SF
・林咲希選手(ENEOSサンフラワーズ)
・赤穂ひまわり選手(デンソーアイリス)
・栗原三佳選手(トヨタ自動車アンテロープス)
宮澤夕貴選手(ENEOSサンフラワーズ)
・馬瓜エブリン選手(トヨタ自動車 アンテロープス)
・本川紗奈生選手(シャンソンVマジック)

PF
・長岡 萌映子選手(トヨタ自動車アンテロープス)
・渡嘉敷 来夢選手(ENEOSサンフラワーズ)

C
・大﨑 佑圭選手(公益財団法人日本バスケットボール協会)
・髙田 真希選手(デンソー アイリス)

これらの選手が東京オリンピックの代表選手として濃厚ですが、注目すべきはこの中に名前がない吉田亜沙美選手です。
吉田亜沙美選手は長年日本代表を引っ張ってきたPGです。得意のパスで数々の強豪国を破ってきました。
吉田亜沙美選手は、2018年3月に引退をしましたが、東京オリンピックを目指すために選手に復帰し、日本代表にも戻ってきました。

2020年の東京オリンピックの代表濃厚とまで言われていましたが、延期になり、現在、所属チームのENEOSサンフラワーズも退団しています。
今季、他のチームへの所属が決まれば、2021年に延期された東京オリンピックの代表に名乗りを上げると考えられますが、現在のところ未定です。

東京オリンピック女子バスケットボールの注目選手(海外含む)は?

東京オリンピック女子バスケットボールの注目選手を3選手紹介します。

王者アメリカ代表の注目選手は18歳のペイジュ・ブーカーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bye bye HS Shoutout to @slam, @jordanclassic, and @mcdaag❤️ Also a huge thanks to THE @brilewerke for the flicks

Paige(@paigebueckers)がシェアした投稿 –

1人は、王者アメリカ代表のペイジュ・ブーカーズ選手です。
ペイジュ・ブーカーズ選手は身長180㎝のPG(司令塔)と体格に恵まれている訳ではありません。

しかし、スピードが早く、スピード・判断力・体幹の良さがアメリカでもナンバーワンと言われている理由です。
しかも、年齢がなんとまだ18歳!ルックスもよく東京オリンピックではファンが増えること間違いなしです。

アメリカの若き18歳に注目しましょう。

オーストラリアの絶対的エース、エリザベス・キャンベージ

 

この投稿をInstagramで見る

 

the only way I know is forward

(@ecambage)がシェアした投稿 –

2人目はオーストラリアの絶対的エースでもあるエリザベス・キャンベージ選手です。
エリザベス・キャンベージ選手は203㎝、98㎏の体格の恵まれたセンタープレイヤーです。

エリザベス・キャンベージ選手はリバウンドはもちろんゴール下の攻撃を止めるには3人がかりでも止めるのも一苦労します。
オーストラリアから勝利するには、エリザベス・キャンベージ選手を止められるかで勝敗が分かれるほどの絶対的エースです。

かっこいい女性として女性の憧れでもあります。

日本のダークホース本橋菜子

吉田亜沙美選手が日本代表を去ったあと、ポイントガードがいないといわれてきた中、突如現れたシンデレラガールでの本橋菜子選手です。
身長164㎝と決して恵まれない体格ながらも、積極的なカットインと3ポイントはこれまでにチームのピンチを救ってきました。

日本は、エースの渡嘉敷来夢選手だけで止めれば勝てる訳ではありません
本橋菜子選手の活躍が日本にキーとなるに違いありません。本橋菜子選手は笑顔も素敵なので、本橋菜子選手の勝利した時の笑顔にも注目です。

東京オリンピック女子バスケットボールの優勝候補は?

オリンピックメダル

東京オリンピックの優勝候補は以下3チームです。

  • アメリカ
  • オーストラリア
  • スペイン

大本命はアメリカ・オーストラリアです。WNBAがあるアメリカは世代交代も成功し、東京オリンピックもメダル確実と言われています。
オーストラリアは身長や体格で他のチームを抜きにでています
また、アメリカは男子も選ばれるメンバーによってですが、男女揃って金メダルも可能です。

次にダークホースと呼ばれるスペインです。スペイン女子代表はワールドカップで優勝した男子に比べて決して恵まれた環境ではありません。
ただし、男子と同じようにしっかり守って走るバスケットをするチームです。走るバスケットが上手く嚙み合えばオーストラリア・アメリカを倒すことも夢ではありません。

終わりに

今回、優勝候補に日本をあげませんでしたが、日本も日本獲得の可能性が十分にあります。そのためには、エースでの渡嘉敷羅来夢選手をしっかり休ませて他の選手が点数を取るかが鍵となります。

女子バスケットボールはダンクシュートではない速攻などの魅力が沢山あります。
日本代表を含めてオリンピックでバスケットボール女子を応援しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です