自転車(BMXレーシング)

畠山紗英の父や兄など家族は?所属や高校大学などプロフィールについて!

東京オリンピックの自転車(BMXレーシング)の女子代表に内定をした、畠山紗英(はたけやまさえ)選手。

女性でBMXを乗りこなす姿は、とてもかっこいいですよね!

そこで今回は、「畠山紗英」選手にスポットを当てたいと思います。

「畠山紗英」選手の出場するBMXレーシングの特徴戦績所属先、それに加え父や兄などの家族構成、出身高校や大学などの学歴、更に経歴などのプロフィールをご紹介します。

畠山紗英のBMXレーシングの特徴

「畠山紗英」選手の出場するBMXレーシングの特徴をご紹介します。

 

BMXレーシングとは、オートバイのモトクロスから影響を受け、アメリカが発祥地で、ヨーロッパを中心に人気となった競技です。

2008年に開催された北京オリンピックからは、正式種目になりました。

コーナーやジャンプ台がある400mほどのコースを、最大8人の選手で走って競い、1レースは約30~60秒の「自転車版モトクロス」です。

大きく起伏のあるコースを高々と何度もジャンプを繰り返し、いくつかの傾斜のついたコーナーを抜けフィニッシュを目指します。

最高速度は60㎞も出て、8mもの高さのスタート台からスタートをする為、たったの3漕ぎ2秒で時速50㎞も出るそうです。

最大8人もの選手が、コース上で高いジャンプなどを繰り返し、時にはぶつかってしまう事もありますで、とても危険な競技ですが迫力満点です!

「自転車の格闘技」とも呼ばれています。

畠山紗英選手は、「大きいジャンプは苦手な人も多いですけど、私は結構得意です」と、コメントされていました。

後述しますが、畠山紗英さんはかなり幼い時から自転車に親しんでいましたので、それが恐怖心を感にくいといったことがあるのかもしれませんね。

 

BMXの自転車は普通の自転車とちょっと違っており、右側のハンドルにある後輪のブレーキだけがちています。

前輪にブレーキがあると、前側のタイヤにロックがかかり前転するととても危険なのです。

また、サドルはとても低い位置にあり、基本は立ちこぎで競技をするのでサドルに座る必要が無いからです。

体重移動をさせたり、自転車を押し込んだりする事でスピードを加速させ、立ち漕ぎの技術が必要となります。

 

 

畠山紗英の戦績

「畠山紗英」選手の戦績をご紹介します。

 

主な戦績

2009年 優勝  年代別世界選手権

2011年 優勝  年代別世界選手権

2012年 優勝  年代別世界選手権

2018年 8位入賞 アジア大会

2019年 8位入賞 ワールドカップ第8・10戦

14歳の頃には、日本人女子BMXライダーで初となる「レッドブルアスリート」にも選ばれ、スポンサー契約を結ばれています。

 

 

畠山紗英の所属

「畠山紗英」選手の所属先をご紹介します。

 

畠山紗英選手は、日本大学に在学をされています。

ドリンクメーカーのレッドブルと14歳の頃からスポンサー契約をされています。

 

 

畠山紗英の家族(父や兄など)

「畠山紗英」選手の父親や兄などの家族構成をご紹介します。

 

父親は畠山裕行さんで、元々自転車が好きだったようで、畠山紗英さんがBMXをやるきっかけを作った人物です。

お父さんは家族ができる自転車競技を探していて、最初はマウンテンバイクのダウンヒルレースに興味を持っていたそうですが、管理面(メンテナンス面)と費用的に悩んでしまったそうです。

マウンテンバイクとBMXは全く別物ですが、マウンテンバイクの方が状態を維持するためのメンテナンスに手間とお金がかかりあす。

そんな中、BMXを実際にしている別の家族を見て、まさに求めていたものだと思ったようです。

2人のお兄さんがいらっしゃるそうですが、詳しい情報は公表されていませんでした。

 

 

畠山紗英の学歴(出身高校,大学)

「畠山紗英」選手の出身高校や大学などの学歴をご紹介します。

 

出身高校は、「白鵬女子高等学校」です。

白鵬女子高等学校は、制服がとても可愛い学校として知られており、神田うのさんの母校でもあります。

国際コースに在籍しており、将来を見据えてこのコースを選択されたのかもしれませんね。

 

出身大学は、「日本体育大学」です。

現在はスイスにあるワールドサイクリングセンターに拠点を置いており、トレーニングに励んでいます。

日本体育大学には在籍されていますので、留学か休学がされているのかもしれません。

ワールドサイクリングセンターには、世界基準のジムやコースが揃っている施設で、実力を磨く為には自転車競技の為の聖地として適しています。

 

 

畠山紗英のプロフィールと経歴

「畠山紗英」選手の経歴などのプロフィールをご紹介します。

 

名前 畠山紗英(はたけやまさえ)

生年月日 1999年6月7日

年齢 21歳(2020年8月現在)

出身地 神奈川県高座郡寒川町

身長 162㎝

体重 57㎏

2歳の頃から補助輪無しで自転車に乗れるようになった畠山紗英選手は、家族で楽しめるスポーツを探しており、お父さんと2人のお兄さんたちの影響で、3歳前からBMXを始めたそうです。

2歳から補助輪無しって、すごい身体能力ですよね!

4歳の時にはレースの舞台に出るようになりました。

小学生の時には全国のレースに出場するようになり、数々の優勝も飾ってきました。

10歳を過ぎてからは年代別の世界選手権で、次々に優勝を果たしています。

大きなジャンプが武器の畠山紗英選手は、2019年にワールドカップで決勝進出を果たし、若いアスリートとして世界で活躍をされています。

 

 

終わりに

今回は、畠山紗英選手についてご紹介しました。

若いアスリートとして、是非活躍してもらいたいですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です