自転車(トラック)

橋本英也が結婚した嫁妻は?実家や出身中学高校大学や父母兄弟姉妹など家族についても!

東京オリンピックの自転車トラック競技のオムニアムをご存じですか?

1日で4種目を行う競技になります。

今回はオムニアムの東京五輪代表に選ばれた橋本英也(はしもとえいや)選手の実力や特徴、結婚情報や実家のご家族、さらに学歴などのプロフィールをご紹介します。

それでは詳しく見ていきましょう。

橋本英也の自転車トラックの実力と特徴

橋本英也選手の実力と特徴に迫っていきます!

まずは東京オリンピックの自転車トラックの種目をおさらいしておきましょう。

 

東京オリンピックの自転車トラック種目

  • スプリント(チーム・個人)
  • ケイリン
  • チームパーシュート
  • オムニアム
  • マディソン

 

前述の通り、この中で橋本英也選手はオムニアムの実力者であり、前述の通り東京オリンピックの日本代表選手です。

 

主な成績
  • 2017年全日本自転車選手権 オムニアム 優勝
  • 2018年アジア自転車競技選手権 オムニアム 優勝
  • 2018年アジア競技大会 オムニアム 優勝
  • 2019年全日本自転車競技選手権 マディソン・スクラッチ 優勝
  • 2019年アジア自転車競技選手権 チームパーシュート・オムニアム 優勝
  • 2020年U・CI自転車競技トラック選手権 オムニアム 11位

出典:https://www.cyclesports.jp/

 

橋本英也選手はオムニアムの競技以外にも出場しておりますが、日本代表に選ばれている競技である「オムニアム」で優勝成績を多く残しております。

 

アジア選手権2020男子オムニアム優勝

 

さらに2020年9月29日時点のオムニアムの世界ランキングは4位という世界でトップクラス選手です。

UCI世界ランキング

 

オムニアムとは1日で4種目競技を行う自転車トラックレースの複合競技です。

種目はスクラッチ、テンポレース、エリミネーション、ポイントレースになります。

 

オムニアムのレースの種類

スクラッチレース

単純な一定距離の順位を競う(男子10km、女子7.5km)

 

テンポレース

周回で1位の選手のみがポイントを獲得、さらに周回遅れの選手においつくと加点(男子10km、女子7.5km)

 

エリミネーションレース

周回ごとに最下位の選手が脱落していき、最終的な順位を決めていくレース(男子25km、女子20km)

 

ポイントレース

周回ごとに上位の選手のみがポイント加算されるレース(男子25km、女子20km)

 

オムニアムの選手の特徴として多いですが、橋本英也選手はバランス型でどの種目も得意です。

敢えて特徴を言うとすれば比較的距離の中距離の中でスピードとスタミナという強靭なフィジカルです。

フィジカル面で世界トップクラスの選手に引けを取っておりません。

あと、直接レースに関係がないかもしれませんが、海外選手と仲が良いのも橋本選手独特の特徴です。

オムニアムは全部一位を獲る必要はなく、総合ポイントで1位になれば良いです。

つまり無駄な体力の消費や転倒のリスクを下げるために、敢えて順位を譲ってお互い無理をしない、いわば協力のような形を取ることもあります。

橋本選手は度々国際大会に出場するだけでなく、そういったことを阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)を海外選手とやっていたため、海外選手との仲が良いようです。

当日のレースでのメリットは未知数ですが、もしかしたら海外の選手を知っていることで、メンタルの面でプラスに働くかもしれません。

橋本英也選手自身も下記の通り、東京オリンピックでメダル獲得の可能性について言及しております。

 

金メダルはもしかしたら・・・くらいです。メダルを獲得したいとは思っています。

出典:橋本英也

 

本人もメダル獲得には自信を見せておりますので、東京オリンピックでの活躍が期待できますね!

 

橋本英也が結婚した嫁妻と子供は?

 

優しい笑顔が魅力的な橋本選手。

筋肉も凄く、イケメンなため女性ファンからも人気があります。

そんな橋本選手ですが、結婚しているかどうか気になりますよね!

調べたところ、現在そのような情報はありませんでした。

公表していないことから独身である可能性が高いようです。

 

橋本英也の出身中学,高校,大学は?

活躍が注目される橋本選手ですが、どのような学生生活を送ったのでしょうか?

 

出身高校:岐阜県立岐南工業高等学校

出身大学:鹿屋体育大学(鹿児島県)、日本競輪学校

 

出身高校は地元埼玉の自転車競技の強豪校、岐南工業高等学校に進学しました。

 

高校卒業後は本格的に自転車競技に専念するため、鹿屋体育大学に入学します。

鹿屋体育大学は自転車競技でオリンピック出場選手を輩出する強豪校です。

 

そして大学卒業後は、社会人として自転車競技をやっていくことを決意し、自転車競技の養成学校である日本競輪学校に入学しました。

高校の頃から自転車競技に打ち込める環境に身を投じていたのですね。

もしかしたら早めに競技に打ち込んでいたのが橋本選手の強さの秘訣なのかもしれません。

 

橋本英也の実家や家族(父親,母親,兄弟姉妹)は?

橋本英也の実家は岐阜県岐阜市です。

高校が岐南工業高等学校なので実家もそこからそれほど遠くないでしょう。

父親は橋本一二三さんでトライアスロンの大会に出場していたようです。

ちなみに橋本英也選手はお父様がやっていたトライアスロンの影響を受けて、一時期トライアスロンをやっておりました。

また橋本選手には4歳下の妹が一人いて、同じ自動車競技の選手です。

お名前は橋本優弥選手です。

優弥選手も自転車競技で素晴らしい成績を残しています。

  • 2017年W杯第3戦女子団体追い抜き銅メダル
  • 2018年アジア大会4000mチームパーシュート銅メダル

妹の優弥選手についてもまだまだ若く、今後まだまだ伸びていく可能性があります。

橋本一家は自転車競技に馴染みの深いスポーツ一家ということですね。

 

橋本英也(はしもとえいや)のプロフィールと経歴

橋本英也選手のプロフィールと経歴を紹介します!

  • 名前:橋本英也(はしもとえいや)
  • 生年月日:1993年12月15日
  • 出身:岐阜県
  • 身長:180㎝
  • 所属チーム:チーム ブリヂストン サイクル

 

橋本選手はトライアスロンをやっていた父親の影響で、小学生でトライアスロンを始めました。

中学生時代は水泳もやっていましたが、自転車競技をやりたいという気持ちが芽生え、自転車競技に専念するため強豪校の岐南工業高等学校に進学します。

その後はすぐに頭角を現し、高校総体や国体で何度も優勝を飾りました。

トライアスロンも自転車の種目があるため、恐らくそこでの経験が自転車競技に生きたのもあると思います。

さらに自転車競技に専念するため、大学は鹿屋体育大学に入学、社会人として本格的に自転車競技を行うことを決意し、日本競輪学校に入学し、数々の大会で好成績を収めております。

2016年のリオオリンピックの日本代表には選ばれませんでしたが、メキメキと力をつけて今や世界ランキングで4位、世界のトップクラスの仲間入りを果たしております。

 

終わりに

今回自転車競技の橋本英也選手の実家や出身校、家族について紹介していきました!

父親の影響を受け、早くから自転車競技に馴染みがあり、学生の頃から自転車競技で好成績を収めておりました。

また妹の優弥選手も同競技で活躍しており、まさに橋本家は自転車に馴染みの深いスポーツ一家です。

今後は兄妹で自転車競技の注目を集めるかもしれませんね。

橋本選手は最近の大会でも優勝を飾っており、世界ランキング上位をキープしております。

さらに、本人も東京オリンピックでのメダル獲得に自信を見せておりますので、東京オリンピックは期待が持てます。

今後の橋本英也選手のご活躍に注目ですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です