自転車(トラック)

小林優香のかわいい画像は?痩せた体重や年収賞金や出身高校大学についても!

東京オリンピックの自転車(トラック)日本代表に内定をした、「小林優香(こばやしゆうか)」選手。

メダル候補として注目されている選手です。

そこで今回は、「小林優香」選手にスポットを当てたいと思います。

小林優香」選手の自転車トラックの実力と特徴かわいい画像痩せた理由や体重はいくらなのか、それに加え年収や獲得した賞金出身高校や大学、更に経歴などのプロフィールをご紹介します。

小林優香のかわいい画像は?

「小林優香」選手のかわいい画像をご紹介します。

 

競輪選手の中でも抜群の可愛さを誇る、小林優香選手。

最近は痩せてより可愛くなったと評判ですよね。

 

 

小林優香の痩せた理由は?体重はいくら?

「小林優香」選手の痩せた理由と体重はいくらなのかご紹介します。

 

小林優香選手はなんと20㎏もの減量に成功をしています。

 

ちなみに、減量前のお写真はこちらです。

病気で痩せたのでは?とネット上でも話題となっていましたが、調べた所病気で痩せたわけではないようです。

減量後の現在の体重は、64.7㎏です。

 

 

小林優香の年収や獲得した賞金は?

「小林優香」選手の年収や獲得した賞金をご紹介します。

 

2014年にデビューをした小林優香選手は、なんとそこから22連勝を果たし、2015年には獲得賞金がなんと3000万円となりました。

20代の競輪選手の年収は、約886万円だと言われていますので、すごいですよね!

2016年には落車事故に何度も見舞われてしまい、5月には左肩脱臼のアクシデントにも見舞われたりしました。

骨の移植手術を受けざる得なくなってしまい、リハビリの為に出走試合数も激減した事で、2016年は獲得賞金は700万円まで落ち込みました。

 

 

小林優香の出身高校,大学は?

「小林優香」選手の出身高校や大学はどこなのかご紹介します。

 

出身高校は、熊本市立「必由館高等学校」です。

中学校時代より、バレーボールに集中する為に下宿・寮生活をされていたそうです。

インターハイにも出場をした強豪校として有名です。

 

出身大学は、「佐賀女子短期大学」です。

この大学もバレーボールの強豪校として知られています。

在学中にバレーボールを諦め、競輪学校を受験し合格をされています。

その為、佐賀女子短期大学を中退し、競輪の道へ進み、日本競輪学校ではトップの成績で卒業を果たしています。

 

小林優香の東京オリンピックの出場種目は?

小林優香選手のオリンピック出場種目は自転車競技(トラック)のケイリンとスプリントです。

ちなみにオリンピックの種目は下記の通りです。

 

  • チームスプリント
  • スプリント
  • ケイリン
  • チームパーシュート
  • オムニアム
  • マディソン

 

ケイリンは集団での順位を競いますが、スプリントは1対1の戦いです。

よく似ておりますが、駆け引きの違いなどがあります。

 

小林優香の自転車トラックの実力と特徴

「小林優香」選手の自転車トラックの実力と特徴をご紹介します。

 

小林優香選手の特徴といえば、「ロングスパート」です。

2019年10月に開催されたアジア選手権で銀メダルを獲得した時には、「ロングスパートは私が世界で一番」とコメントもされています。

 

競輪学校時代には、すぐに才能を開花し様々な大会で成績を残しています。

競輪学校時代の大会成績

□4種目試走記録会(200m・400mフライングダッシュ、1000m・2000mタイムトライアル)にて、競輪学校の最高基準タイムを上回ったことで、女子として初のゴールデンキャップ

□第68回国民体育大会のエキシビションレースにて、400m周長で56秒333の好記録を打ち出し、日本記録更新

□在校競走成績にて1位を獲得

 

競輪学校卒業後も、22連勝と圧倒的な強さで好成績を残していますので、ご紹介します。

主な成績

2014年 優勝  ガールズケイリンフェスティバル(国内大会)

2015年 優勝  ガールズケイリンフェスティバル(国内大会)

2015年 優勝  ガールズグランプリ(国内大会)

2018年 3位入賞 ワールドカップ(日本人初メダル)

2019年 優勝  ガールズケイリンコレクション(国内大会)

2019年 金メダル アジア選手権トラック2019・ケイリン(日本人として15年ぶり)

2019年 銀メダル アジア選手権トラック2020・ケイリン

 

国内ではほぼ敵なしの状況です、アジア選手権を制したこともあります。

女子のケイリンはアジアのレベルも高いので、世界的に見てもすごい実績です。(世界ランキング1位は香港のリー・ワイジー選手)

また、チームスプリント(400×2)では、日本新記録を残しており、歴代の日本選手の中でも優れた選手です。

一方のUCI(国際自転車競技連合)世界ランキングは下記の通りです。

ケイリン:11位

スプリント:19位

出典:UCI世界ランキング

※2020年10月6日時点

ランキングはそれほどですが、東京オリンピックでは十分上位を狙えるポテンシャルは持っていると言えます。

 

小林優香(こばやしゆうか)のプロフィールと経歴

「小林優香(こばやしゆうか)」選手のプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 小林優香(こばやしゆうか)

あだ名 怪物少女・絶対王女

出身地 佐賀県鳥栖市

生年月日 1994年1月18日

年齢 26歳(2020年10月現在)

身長 164㎝

血液型 A型

元々、小中高大学時代はバレーボールをされていたそうですが、バレーボール選手としては小柄な身長だった為に、競技を続ける事を諦めたそうです。

垂直飛びでは、60㎝を超えるジャンプ力を誇っていたのですが、小柄な事でリベロやセッターを任される事もあり、本人は不満だったそうです。

バレーボールをこのまま続けるか悩んでいたところに、2012年に開催されたロンドンオリンピックの男子チームスプリントをテレビで見た事をきっかけに、自転車競技の道に進む事を決めたそうです。

「生身の人間が車以外で70㎞以上ものスピードを出す迫力に感動をした」そうです。

大好きだったバレーボールを挫折した事が強みとなり、自転車では絶対に成功をする!という強い気持ちになったようですよ。

 

終わりに

今回は、小林優香選手についてご紹介しました。

競輪を始めてからすぐに才能を開花させた、実力の持ち主です。

また世界的に見ても実力のある選手ですので、東京オリンピックでの上位入賞も十分期待できる選手です。

是非応援しましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です