自転車(トラック)

中村妃智のwikiは?生年月日や出身地や高校大学や父母兄弟など家族についても!

東京オリンピックの自転車(トラック)日本代表に内定をした、「中村妃智(なかむらきさと)」選手。

日本人上位を常に維持されている実力の持ち主で、注目を集めています。

そこで今回は、「中村妃智(なかむらきさと)」選手の自転車トラックの実力と特徴出身地と出身高校や大学はどこなのか、それに加え父親・母親・兄弟姉妹などの家族構成、更に経歴と生年月日などのwiki風プロフィールをご紹介します。

中村妃智の出身地と出身高校,大学は?

「中村妃智」選手の出身地と出身高校や大学をご紹介します。

 

出身地は、千葉県です。

 

身高校は、「千葉経済大学付属高等学校」です。

千葉経済大学付属子等学校は、自転車競技の強豪校として有名です。

この高校の卒業生といえば、南海キャンディーズの山里亮太さんや、プロ野球選手の丸佳浩選手がいらっしゃいます。

 

出身大学は、「日本体育大学」です。

日本体育大学といえば、体操選手である白井健三選手や、EXILEの関口メンディーさんがいらっしゃいます。

 

 

中村妃智の家族(父親,母親,兄弟姉妹)は?

「中村妃智」選手の父親・母親・兄弟姉妹などの家族構成をご紹介します。

 

中村妃智選手のご家族の方については、詳しい情報は公表されていませんでした。

東京オリンピックで活躍をすれば、ご家族の方もメディアに出てくるかもしれませんね!

 

中村妃智の生年月日は?wiki風プロフィールと経歴

「中村妃智」選手の生年月日などのwiki風プロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 中村妃智(なかむらきさと)

生年月日 1993年1月7日

年齢 27歳(2020年10月現在)

身長 165㎝

所属 日本写真判定

中村妃智選手は、高校生の時に自転車を始めました。

幼稚園から中学までは水泳をしており、その後はバスケットボールをしていましたが、千葉経済大学付属高等学校に入学後、部活動の見学で道を尋ねた方が偶然、自転車競技の監督だったので勧誘された事で競技を始めたそうです。

 

大学時代は、トレーニングをしてもなかなか記録が伸びませんでした。

原因がバセドウ病という病気であったと解るまではスランプ状態で、とても苦しい日々を過ごされていたようです。

バセドウ病が原因により、全身の倦怠感や疲れが取れず、激しい動悸などで苦しんだそうです。

原因が分かってから精神的にも救われ運動を辞め直す事に集中をし、2年生の時には復帰しました。

 

中村妃智の東京オリンピックの出場種目は?

東京オリンピックの自転車競技(トラック)の種目は下記の通りです。

 

  • スプリント(個人・チーム)
  • ケイリン
  • チームパーシュート
  • オムニアム
  • マディソン

 

この中で、中村妃智選手はマディソンに出場します。

マディソンは二人1組のチームでの対戦で行います。

距離は男子で50km、女子で30kmと非常に長い距離のレースです。

二人で交代しながらレースを進め、早いチームほど高ポイントが得られます。

走る選手はラインの内側、交代する選手はラインの外側にいて、交代は選手の手か体に触れることでできます。

走っている人のスピードを生かして交代するテクニックもあり、二人の連携も重要になってくる種目です。

分かりやすい動画があるのでご紹介します。

 

女子マディソンは中村妃智と梶原悠未選手がペアで出場します。

梶原悠未(競輪)の父母兄弟など家族は?出身中学高校大学や水泳やトレーニング方法についても!今回は梶原悠未選手の家族構成(父親,母親,兄弟姉妹)や学歴(出身中学,高校,大学)、さらにトレーニング方法や過去に水泳をやっていたことについて調査しました。...

 

中村妃智(なかむらきさと)の自転車トラックの実力と特徴は?

「中村妃智」選手の自転車トラックの実力と特徴をご紹介します。

 

 

中村妃智選手は自転車を始めてから、持ち前の持久力と、得意なインターバル(繰り返しのアタック)で数々の大会で成績を残していますので、ご紹介します。

 

主な成績

2010年 優勝  ACCトラックアジアカップジュニア女子ケイリン

2011年 優勝  東日本学生選手権自転車競技大会

2011年 3位入賞 全日本学生選手権トラック自転車競技大会

2011年 優勝  JOCジュニアオリンピックカップ

2012年 準優勝 全日本学生選手権トラック自転車競技大会

2012年 3位入賞 全日本大学対抗自転車競技選手権大会

2012年 優勝  全日本学生自転車競技新人戦東日本大会

2012年 優勝  行田クリテリウムラウンド

2012年 準優勝 箱根TOKYO TIRESターンパイクヒルクライムラウンド

2018年 優勝  アジア自転車競技選手権大会

2018年 3位入賞 アジア競技大会

2018年 準優勝 全日本自転車競技選手権大会トラック

2018年 準優勝 全日本自転車競技選手権大会オムニアム

2018年 7位入賞 トラックワールドカップ

 

ちなみにマディソンの世界ランキング(2020年10月6日時点)は22位です。

国内では非常に強いですが、世界で戦うとなると上位入賞は厳しいかもしれません。

 

 

終わりに

今回は、中村妃智選手についてご紹介しました。

困難を乗り越えて実力を付けてきた選手です。

2021年7月の東京オリンピックで、培った力を発揮してもらいたいですね。

きっと素晴らしいパフォーマンスを見せてくれることでしょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です