カヌー(スプリント)

矢澤亜季はハーフ?結婚夫旦那や子供や出身地や高校大学やインスタについても!

東京オリンピックのカヌー日本代表に内定をした、「矢澤亜季(やざわあき)」選手。

とても笑顔が素敵な選手ですよね。

そこで今回は、「矢澤亜季」選手にスポットを当てたいと思います。

矢澤亜季」選手はハーフなのか、結婚して夫(旦那)や子供はいるのか、それに加え出身高校や大学はどこなのか、インスタなどのSNS、更に出身地などのプロフィールと経歴をご紹介します。

矢澤亜季はハーフ?

「矢澤亜季」選手がハーフなのかご紹介します。

 

整った顔立ちと色の黒さからハーフなのでは?と言われていますが、ご両親は日本人です。

3歳の頃には、日本舞踊西川流を学んだり、茶道もたしなんでいたそうです。

 

 

矢澤亜季は結婚して夫旦那や子供はいる?

「矢澤亜季」選手は結婚して夫旦那や子供がいるのかご紹介します。

 

矢澤亜季選手が結婚しているのか調べましたが、結婚の情報は公表されていませんでした。

彼氏が居るとの情報もありませんでしたので、今はカヌーの練習で忙しいのかもしれませんね。

 

 

矢澤亜季の出身高校,大学はどこ?

「矢澤亜季」選手の出身高校や大学はどこなのかご紹介します。

 

出身高校は、「埼玉東野高等学校」です。

 

出身大学は、「駿河台大学」です。

大学卒業後は、昭和飛行機工業に所属をしています。

 

 

矢澤亜季のインスタは?

「矢澤亜季」選手のインスタをご紹介します。

 


とてもお綺麗ですね!

練習や大会情報、プライベートな事まで投稿されていましたので、是非チェックしてみてください。

 

 

矢澤亜季のプロフィール(出身地など)と経歴

「矢澤亜季」選手の出身地などのプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 矢澤亜季(やざわあき)

生年月日 1991年11月5日

年齢 28歳(2020年5月現在)

出身地 長野県飯田市

身長 156㎝

体重 54㎏

小学3年生の時に、お父さんとお兄さんの影響を受けカヌーを始めます。

中学生まで居た飯田市は、近くに天竜川があり自然に恵まれています。

お父さんはアウトドア好きの元国体選手で、週末に自然で遊ぶ事が多かったそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

久しぶりのお兄ちゃん。 みんなの前だけちょー仲良しぶってるよ😜❤︎🦋 . . いよいよ今週末からカヌースラローム競技もワールドカップが開幕です。 日本チームの応援よろしくお願いします📣 #スロベニア #リュブリャナ #カヌースラローム #日本代表 #ワールドカップ #開幕 #アスリート #女子アスリート #トレーニング #トレーニング女子 #筋肉女子 #筋トレ女子 #腹筋女子 #女子 #女子力 #コーデ #ワンピース #お兄ちゃん #全然 #似てない #兄妹 #兄妹愛 #愛 #仲良し #仲良し風 #写真 #6月17日 #父の日 #yazawa #brother

矢澤亜季/Aki Yazawa(@aki.yazawa)がシェアした投稿 –

お兄さんは日本代表選手として活躍をしている「矢澤一輝」選手で、リオデジャネイロオリンピックでは矢澤亜季選手と共に兄妹出場を果たしています。

 

中学生の頃には自身のカヌーを買ってもらい、週末と平日の3日間はカヌーの練習をがんばっていたそうです。

それ以外の日程は、幼い頃よりしていた茶道と日本舞踊の練習をしており、日本舞踊は祖母がしていて興味を持った事から習っていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I love Japanese dance😝💗👘. . #日本舞踊 #西川流 #日本伝統文化 #japaneseculture

矢澤亜季/Aki Yazawa(@aki.yazawa)がシェアした投稿 –

ちなみに、日本舞踊での芸名は「西川那美波」だそうです。

 

中学2年生の時には、オリンピックを目標とするようになり、ジュニア日本代表選手に選出された時には、海外での試合経験の楽しさを覚えるようになったそうです。

世界の選手と戦う事で、まだまだ自分は世界の選手に追いつく事ができないと感じ、中学卒業後は、兄の居る東京都青梅市に上京をしました。

高校卒業後は、留学する事も考えていたそうですが、不安もあった事で、オリンピック選手がコーチを務める駿河台大学に進学をしました。

 

その後は練習を重ね実力が向上していき、様々な大会で成績を残していますのでご紹介します。

主な成績

2011年 優勝  NHK杯

2014年 3位入賞 アジア大会

2018年 優勝  アジア大会(日本女子初金メダル)

ロンドンオリンピックのアジア最終予選に兄妹で挑みましたが、矢澤亜季選手は兄妹でオリンピックに出場したい!という気持ちが強すぎ、普段通りの演技が出来ずに出場の夢は叶いませんでした。

そのショックでカヌーからの引退も考えたそうですが、ご両親に「もう一回やるなら応援するよ」という言葉をかけてもらい、カヌーを続ける決心をしたそうです。

2014年にはスロバニアに拠点を移し、基本練習を繰り返し行い練習に励みました。

コツコツ練習に励んだ結果、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは兄妹出場を果たす事ができました。

 

 

終わりに

今回は、矢澤亜季選手についてご紹介しました。

今回は兄妹での東京オリンピック出場が叶いませんでしたが、お兄さんの分もがんばってもらいたいですね!

2021年7月の東京オリンピックでの活躍が楽しみですね。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です