カヌー(スプリント)

宮田悠佑の出身地や中学高校大学は?インスタや所属や父親母親などプロフィールについて!

東京オリンピックのカヌー代表に内定をした、「宮田悠佑(みやたゆうすけ)」選手。

「宮田悠佑」選手の出場するカヌーのスプリントは、前回のリオデジャネイロオリンピックでは1人も出場する事の出来なかった競技とあり、2大会ぶりで注目を浴びています。

そこで今回は、「宮田悠佑」選手にスポットを当てたいと思います。

「宮田悠佑」選手の出身中学や高校・大学はどこなのか、所属先はどこなのか、それに加え父親・母親や兄弟姉妹などの家族構成、インスタ、更に出身地などのプロフィールと経歴をご紹介します。

宮田悠佑の出身中学,高校,大学はどこ?

「宮田悠佑」選手の出身中学校と高校・大学はどこなのかご紹介します。

 

出身中学校は、二本松市立「東和中学校」です。

 

出身高校は、福島県立「安達高等学校」です。

 

出身大学は、「鹿屋体育大学」です。

大学は、親元を離れて鹿児島県にある大学に進学をしています。

 

 

宮田悠佑の所属はどこ?

「宮田悠佑」選手の所属はどこなのかご紹介します。

 

宮田悠佑選手は、和歌山県教育センター学びの丘に所属をしています。

和歌山県教育センター学びの丘では、事務の仕事をしながら練習に励んでいるそうです。

 

 

宮田悠佑の父親,母親や兄弟姉妹など家族は?

「宮田悠佑」選手の父親・母親や兄弟姉妹などの家族構成をご紹介します。

 

宮田悠佑選手の家族について調べましたが、公表されていませんでした。

東京オリンピックで活躍をすれば、家族の方もメディアに出てくるかもしれませんね!

 

 

宮田悠佑のインスタは?

「宮田悠佑」選手のインスタをご紹介します。

 

宮田悠佑選手のインスタは公表されていませんでした。

他の方の投稿もありませんでしたので、これからどんどんメディアに出てくれば、インスタでも話題になるかもしれません。

 

 

宮田悠佑のプロフィール(出身地など)と経歴

「宮田悠佑」選手の出身地などのプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 宮田悠佑(みやたゆうすけ)

生年月日 1991年5月21日

年齢 29歳(2020年6月現在)

出身地 福島県二本松市

身長 176㎝

体重 82㎏

宮田悠佑選手は、小学6年生まで水泳をしていました。

中学校に入学後は水泳部に入部するつもりでしたが、当時は水泳部が無く、水泳に必要となる心配能力や体力を向上させる為に、カヌーに出会います。

高校に入学後、カヌー部に所属をし、1年生の時にはジュニアの日本代表メンバーに選出もされました。

実力のあった宮田悠佑選手は、インターハイや国体でも優勝を飾っています。

カヌー部の当時顧問であった軽部英敏さんは、宮田悠佑選手の事を「練習に真面目に取り組み、学業についても手を抜かない子でした。」と語っていました。

 

しかし、大学入学後は成長に伸び悩み、大学3、4年生の時には、今まで勝てていた選手にも勝てなくなり、引退も考えていたそうです。

当時の顧問であった中村夏実顧問は、「ものすごく練習熱心な学生で、後輩たちからも慕われていました。しかし、うちの大学にはカヌー専門の指導者がいなかったので、そいった点では成長に苦しんでいたのかもしれません。」と語っていました。

宮田悠佑選手は、大学時代は「自分なりにトレーニングを積んでいたが、今思えば練習が足りなかったんでしょうね。試合に勝てなくて楽しくなかった。悔しいしつらかった」と語っていました。

 

そんな時に、和歌山県カヌー協会理事長の入沢和彦さん「2015年に和歌山で国体があるので、和歌山でカヌーを続けて国体に出ないか」と声をかけられたそうです。

2009年のジュニア選手権で2人は出会っており、「体もしっかりしていて高校生離れしたパワーとスタミナがあり、この子は伸びると思っていた」と入沢会長は思っていて誘ったそうです。

辞めようかどうしようか悩んでいた宮田悠佑選手は、お世話になった入沢先生がせっかく誘ってくれたので、と和歌山に拠点を移す事を決め、そこで一緒に練習をした高校生たちがカヌーを心から楽しんでいる姿を見て、「自分ももう一度カヌーをやりたい」と、練習に励む事になったそうです。

 

数々の大会で成績を残していますので、ご紹介します。

主な大会成績

2017年 優勝  愛媛国体 カヤックシングル200m

2018年 優勝  福井国体 カヤックシングル200m・500m

2019年 優勝  茨城国体 カヤックシングル200m・500m

2019年 12位入賞 世界選手権 カヤックフォア500m

2019年8月に行われた、東京オリンピック予選も兼ねたカヌースプリントの、世界選手権で見事12位に入賞、日本はアジアで3着に入賞をし、東京オリンピック出場の切符を手にしました。

宮田悠佑選手は大会後に、「オリンピック出場を内定する事ができてほっとしています。まだ世界のトップとの差があるので、本番までに縮められるように頑張ります!」と意気込まれています。

 

 

終わりに

今回は、「宮田悠佑」選手についてご紹介しました。

努力を惜しまない実力のある選手です。

東京オリンピックでの活躍が楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です