カヌー(スプリント)

松下桃太郎(自衛隊)の筋肉や中学高校は?出身地や誕生日や父親母親などプロフィールについて!

松下桃太郎さんは2020年東京オリンピックのカヌースプリント代表選手として内定1号となったカヌー選手です。

鍛え上げられた筋肉がすごい選手ですが、いったいどのような人物なのでしょうか。

今回は松下桃太郎さんの自衛隊の所属や美しい筋肉について、出身地や誕生日、さらに父親や母親などのプロフィールについて調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

松下桃太郎の自衛隊の所属はどこ?

松下選手は自衛隊体育学校に所属されています。

2014年のアジア大会で優勝したときには、石川体育協会に所属していました。

現在所属している自衛隊体育学校とは、陸上自衛隊朝霞駐屯地内に設置されている陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊共同の機関のひとつです。

自衛隊員体育指導に必要な知識や技能を習得させるための教育訓練を行うとともに、体育に関する調査研究を行うことを任務としています。

自衛隊体育学校はオリンピック金メダリストを含む多くの選手を輩出しています。

松下桃太郎の筋肉がすごい!写真画像は?

カヌーは座った状態でパドリングをして水上を進んでいくのですから、かなりの筋力が必要だと思われます。下半身、体幹はもちろん特に上半身の筋肉が発達しています。

競技練習と同時に、厳しい筋肉トレーニングにも励んでこの筋肉を作り上げているのです。

別のカヌー選手においても、大きく鍛えた筋肉がとても印象的です。

松下桃太郎の出身中学校,高校はどこ?

石川県小松市のご出身の松下選手ですが、出身校を見てみましょう。

 

中学校:小松市立東中学校

 

高校:石川県立小松商業高等学校

商業高校ということもあり、高校卒業後は地元で就職する人が多いようです。

松下桃太郎の父親,母親や兄弟姉妹など家族は?

松下選手の父親である秀一さんは、カヌーの経験者で国体準優勝の実績もあります。

その影響を受けて小学校3年生からカヌーを始めたそうです。当時は他の遊びもしたくて、イヤイヤ父親についていった事もあったそうです。

母親の明美さんは「五輪選手の育て方」という座談会に参加された際に、松下選手には子どものころから早寝早起きを心掛け、水の代わりに牛乳を飲ませていたというエピソードをお話しされていました。

ご兄弟についてはあまり情報が得られなかったのですが、幼少期の写真を見たところお姉さんと妹さんがいるようです。

また、現在32歳の松下選手ご自身はご結婚されていてお子さんもいらっしゃるようです。

松下桃太郎のプロフィール(出身地,誕生日など)と経歴

  • 名前:松下桃太郎(まつしたももたろう)
  • 生年月日 1988年3月3日
  • 身長   168cm
  • 体重   80kg
  • 所属   自衛隊
  • 出身地  石川県小松市

 

主な戦績
  • 10年アジア大会カヤックシングル200メートル金メダル
  • 10年アジア大会カヤックペア200メートル金メダル
  • 12年ロンドン五輪出場
  • 14年アジア大会カヤックペア200メートル金メダル

 

松下選手は桃太郎という凛々しい名前ですが、その由来は3月3日(桃の節句)が誕生日だったためのようです。

本当に桃太郎のようにたくましく育ったとご両親は感じられていることでしょう。

一方、リオデジャネイロオリンピック銅メダリストの羽根田卓也選手とは同級生で仲が良く、小学生のころから知っているそうです。昔は松下選手も同じくスラロームをやっていた時期もあるので、羽根田選手がメダルを獲った時には、「おめでとう」という気持ちと同時に少しの悔しさもあったそうです。

いち早く東京五輪への出場内定を勝ち取った理由として、2019年8月にハンガリーで行われた世界選手権のカヌースプリント(4人乗り)500mで12位に入りアジア勢で最上位という結果を残したからです。

アジアの中では日本は強豪ですが、それでも12位ということで、世界の壁の厚さを感じさせる競技ですね。

終わりに

いかがだったでしょうか。

リオ五輪のカヌー(スラローム)で銅メダルの羽根田選手と同級生で仲が良いということなど、新たな発見があった方もいらっしゃったと思います。

松下選手は2012年のロンドン五輪に出場して以来の五輪出場になります。

それだけに人一倍気合が入っている方の一人だと思います。

きっと素晴らしいパフォーマンスを見てくれることでしょう。

以上、調査結果でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です