スポーツクライミング

楢崎智亜の所属スポンサーどこ?握力やランジや父母兄弟や公式インスタについても!

今回は、東京オリンピックで追加種目となったクライミングで日本のエースと呼ばれる楢崎智亜(ならさき ともあ)手について紹介していきます。

楢崎選手の強さの秘密である握力ランジから、所属・スポンサー家族まで紹介していきたいと思います。

また、SNSプロフィールなどによっても見ていきましょう!

楢崎智亜の所属とスポンサーどこ?

それでは、まず楢崎選手の所属とスポンサーを見ていきましょう。

日本のエースと言われている楢崎選手がどの団体に所属しているか気になりますよね?

調べたところ、楢崎選手の所属は「TEAM au」でした。

TEAM auは楢崎選手以外にも、クライミング日本代表選手がたくさん所属しているみたいです!

クライミング選手にはとてもいい環境かもしれないですね!

楢崎選手は高校卒業後にKDDIとスポンサー契約を結んでおり、2020年で5年目となります。

楢崎智亜の握力はいくら?

握力を最も使いそうなスポーツであるクライミングで日本を代表する選手の握力か気になりますよね!

調べたところ、楢崎選手の握力は50kgでした。

正直、もっと並外れた握力だと思っていました。50kgは一般男性には決して珍しくないと思います。

それでは、楢崎選手の強みはどこにあるのでしょうか?

なんと、背筋が200kg以上だそうです。また体脂肪率も2%前後だそうです。

人間の最も大きい筋肉の背筋をとても鍛え身体全体のボディーバランスを整えることで、素晴らしい成績を残してきたんですね!

楢崎智亜のランジとは?

楢崎選手は身長169cmとアスリートにしては、非常に小柄な選手になります。

特に、クライミングでは突起物から突起物に移る際に伸長の高さや腕の長ささは重要になってきます。

ではなぜ169cmながら楢崎選手は高身長の世界の選手に勝つことができているのでしょうか。

その秘密に楢崎選手の得意技の「ランジ」があります。

ランジとは、バネのようにしなやかな肩甲骨の筋肉を使って、手を伸ばしても届かない遠くの突起物に飛び移る技です。

楢崎選手は、幼少期に器械体操をしていたため持ち前のバランス感覚と柔軟で鍛え抜かれた筋肉で常人離れした「ランジ」を繰り出します。

「フィジカルモンスター」と呼ばれる理由がよく分かりますね!

楢崎智亜の父親,母親,兄弟など家族は?

続いては、楢崎選手の家族について見ていきましょう。

楢崎選手の父親は楢崎克雄(ならさき かつお)さんです。克雄さんは、なんと内科の開業医です。

克雄さんは、開業した内科を息子の誰かに継いでほしいと思っていたそうです。

楢崎選手は県内有数の進学校に進学しており、高校三年生の時には医者の道に進むのかプロのクライマーの道に進むのか本気で悩んだそうです。

楢崎選手は悩みに悩んだ末、進学をせずにプロクライマーを選んだそうです。

クライマー一本ではなくて高校までは医者を目指せる位の勉強も頑張っていたんですね!

楢崎選手のお母様の情報は、調べてみましたがありませんでした。

楢崎選手は3人兄弟の次男です。

長男のお兄さんについての情報は調べてみましたがありませんでした。

三男の弟さんは楢崎明智(ならさき あけち)さんです。

明智さんもなんと、クライミング選手なんです!

大会でも活躍しており、智亜選手を抑えて優勝した経験もあります。

小柄で筋肉質な智亜選手とは対照的な体格で186cmで手足の長い日本人離れした体格が特徴的です。

智亜さんを抜かすことを目標に明智選手もオリンピック代表を狙っているそうです!

兄弟そろって、世界で活躍してほしいですね!

楢崎智亜の公式インスタは?

続いては楢崎選手のインスタグラムを見ていこうと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ermenegildo Zegna🧥 @zegnaofficial #zegna #zegnaxxx

Tomoa Narasaki/楢崎智亜(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

World Championships 2019 is over. As a result, I got 2 gold medals. One for Boulder, which I was really wanted and another one for Combined. In the last Championships 2018, I was also climbing for the gold, but I could not stand on any podium…. I believe my last poor results were the key to realize my weakness, then I could be more stronger. Last time when I lost, I regret so much coz I let everyone down who helped me in many ways. Then this year, I could be the happiest climber showing my best ability in front of many Japanese fans. My 2019 result is only a turning point. I have one year to make me more stronger and stronger to become Tolyo2020 Gold medalist. Thank you for your great support!! —————————————————————— 世界選手権2019が終わりました。 結果としては、狙っていたボルダー優勝、そしてコンバインド優勝の2冠を達成しました。 昨年の世界選手権では、優勝を狙っていたにも関わらず、どの種目でも表彰台に立つことすら出来ませんでした。 昨年の結果が自分の弱さを受け入れ、ここまで成長出来たキッカケだと思います。昨年負けた時は、勝てると思っていた自分を疑い、沢山の人の期待を裏切ってしまったことをとても後悔しました。そして今年、やっと日本のみなさんの前で最高のパフォーマンスを発揮出来たことがとても嬉しいです。 この結果は自分にとって、まだ通過点なので、あと1年強くなり続け、来年のオリンピックで金メダルを取りたいと思います。 応援ありがとうございました。 —————————————————————— Thank you for my support team @yoshieariyoshi @higashi_atsushi @shintaozawa @yudai__ikeda @la.angedeconge @aki_rolfing —————————————————————— photo by @thecircuitclimbing @au_official @thenorthfacejp #アイディホーム @air_sleeptechnology @unparallelup @frictionrabs

Tomoa Narasaki/楢崎智亜(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

with my shoes👟 TN PRO by @unparallelup

Tomoa Narasaki/楢崎智亜(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –

クライミングをしているかっこいい画像から、モデルのような画像までたくさん上がってますので是非チェックしてみてください!

楢崎智亜のプロフィールと経歴

名前:楢崎智亜(ならさき ともあ)

生年月日:1996/06/22

性別:男

身長:170cm

体重:60kg

出身:栃木県

楢崎選手の最近の成績

2019年

IFSC クライミング・世界選手権 2019(C) 優勝

IFSC クライミング・世界選手権 2019(B) 優勝

IFSC クライミング・ワールドカップ 2019 (ボルダリング) ベイル大会 2位

第2回コンバインドジャパンカップ 優勝

IFSC クライミング・ワールドカップ (B,S) 重慶大会 2位/呉江大会 優勝

IFSC クライミング・ワールドカップ 2019(ボルダリング) マイリンゲン大会 2位

第32回 リード・ジャパンカップ 2位

第14回 ボルダリング・ジャパンカップ 2位

2020年

第2回 スピードジャパンカップ 2位

第15回 ボルダリング・ジャパンカップ 2位

終わりに

今回は東京オリンピックの新種目クライミングで、日本代表の楢崎智亜選手を紹介しました。いかがだったでしょうか。

クライミングはテレビなどで見る機会も少なかったですが、オリンピックではぜひ注目してみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です