フェンシング

佐藤希望の夫や子供は?facebookやフェンシングの実力などプロフィールについて!

現在、日本のフェンシング女子エペ界で圧倒的なポイントを保持し国内ランキング1位(2020年4月時点)に君臨する佐藤希望選手。

日本の女子エペ会を牽引する東京オリンピック出場最有力候補選手です。

そこで今回は、佐藤希望選手の夫や子供、facebook、フェンシングの実力、プロフィールについて調査をしました。

佐藤希望のフェンシングの種目

フェンシングにはフルーレ、エペ、サーブルという3種目が存在します。

日本では、太田雄貴選手が過去にメダルを獲得したことのあるフルーレ種目が最も有名ですね。フェンシングと聞くと日本の皆様がイメージするのは銀色のジャケットを着たあの種目ではないでしょうか?

今回特集する佐藤希望選手は、フルーレではなく、エペという種目の日本代表選手です。

エペは、3種目の中でも伝統的なフェンシングで用いられていた決闘用の武器に最も近い種目と言われています。

フルーレやサーブルでは有効面(突くことによってポイントが得られる相手選手の身体の部位)が定められているのに対し、エペは全身が有効面となります。つまり、全身のどこを突いてもポイントを得ることができます。

また、フルーレやサーブルでは攻撃権という複雑なルールが存在しますが、エペにはそのようなルールは存在しません。

より早く相手の身体に突きを与えるスピードや駆け引きが勝敗を決める種目です。

佐藤希望の特徴

エペは、全身が有効面であるだけに、駆け引きの能力が勝敗を左右すると言われています。

その中でも佐藤選手は173cmの長身と高い身体能力を生かしながら、相手との距離を一気に詰めて突きに転じる攻撃を得意としています。

この動画での9:30頃の、一瞬相手との距離が縮んだ瞬間のアタックはお見事ですよね。(左側:佐藤選手)
エペ種目はシンプルなだけにこのような一瞬のチャンスを逃さないことが非常に重要になりますが、佐藤選手はこの一つ一つの瞬間を確実にとらえることに長けているようです。

佐藤希望の成績

佐藤選手の主な成績は以下の通りです。

2012年 ロンドン五輪出場
2014年 全日本フェンシング選手権大会個人戦 優勝
2015年 全日本フェンシング選手権大会個人戦 優勝
2016年 アジア選手権大会 団体3位
2016年 リオデジャネイロ五輪 8位入賞

惜しくもオリンピックでのメダル獲得はまだありませんが、この戦績だけで圧倒的な実力を保持していることが分かりますね。

佐藤希望の学歴(高校,大学)

佐藤選手の学歴は以下の通りです。

出身中学:武生第三中学校(福井県)
出身高校:武生商業高校(福井県)
出身大学:日本体育大学

現在は、大垣共立銀行に所属してフェンシング選手として活躍しています。

ちなみに武生商業高校は、佐藤選手にも五輪代表を輩出しているフェンシングの超名門高校として有名です。

佐藤希望の夫(旦那)や子供は?

選手として圧倒的な実力を誇っている佐藤選手。

ところが意外なことにママアスリートとしても有名です。

旦那さんは佐藤充(みつる)さんというお名前です。
元フェンシング選手のようですが、詳細な情報は見つかりませんでした。
旦那さんも福井県ご出身ということで、地元でのご縁で結婚につながったのかもしれませんね。

また小さいお子さんを2人抱えています。

長男 匠(たくみ)くん
次男 旬(しゅん)くん

現役選手としても実力が高いだけではなく、2児の母としての役割も全うする佐藤選手、本当にすごいですね。

佐藤希望のfacebookは?

調べてみたところ、佐藤選手はfacebookアカウントを保有しており、随時更新しているようです。

少し覗いてみたところ、お子さんとの幸せそうなショットがたくさん見ることができました。

佐藤希望のプロフィールと経歴(生い立ち)

現役選手というだけでなくママとしての顔を併せ持つことが分かった佐藤選手。

改めてここで佐藤選手のプロフィールを確認しましょう。

  • 名前:佐藤希望(さとうのぞみ)(旧姓:中野)
  • 年齢:34歳(2020年7月12日現在)
  • 生年月日:1986年7月3日(34歳)
  • 身長:173cm
  • 血液型:B型
  • 出身地:福井県越前市
  • 出身中学:武生第三中学校
  • 出身高校:福井県立武生商業高等学校
  • 出身大学:日本体育大学
  • 現所属:大垣共立銀行

 

出身中学である武生第三中学校にはフェンシング部はなく、佐藤選手は高校からフェンシングをスタートさせました。
ちなみに、出身が剣道一家らしく、フェンシングを始める前は剣道をやっていたようです。
剣道でも相当な実力をお持ちだったようで、高校入学後フェンシングに転向するときには父親から大反発を受けたことなどもあったようです。

しかしながら、今となっては世界で活躍するフェンシング選手になったのですから、その高校時代の決断が非常に大きい物であったことが分かりますね。

終わりに

今回は、フェンシング女子エペの佐藤希望選手を紹介させていただきました。

ただ実力が高いだけではなく、ママとしての役割も全うしながら結果を出し続ける佐藤選手、本当に応援したくなる選手です。

リオデジャネイロ五輪では8位入賞を果たしておりますので、次はいよいよ東京五輪でのメダル獲得に期待がかかりますね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です