フェンシング

徳南堅太(デロイト所属)のインスタグラムや結婚情報は?太田雄貴との種目の違いや特徴や成績について!

東京オリンピックのフェンシング競技サーブル種目において日本国内ランキング1位に位置する徳南堅太選手。

今回は徳南堅太選手のインスタグラム、結婚情報、得意種目、特徴や成績、プロフィールについて調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

徳南堅太は太田雄貴と種目が違う?

フェンシングにはフルーレ、エペ、サーブルという3種目が存在します。

日本では、太田雄貴選手が過去にメダルを獲得したことのあるフルーレ種目が最も有名ですね。フェンシングと聞くと日本の皆様がイメージするのは銀色のジャケットを着たあの種目ではないでしょうか?

今回特集する徳南堅太選手は、フルーレの選手ではありません。サーブルという種目の日本代表選手です。

サーブルは、フルーレ、エペと異なり「切る動作」が有効な種目です。

フェンシングで使われる剣を実際に見たことのある人は少ないと思いますが、フルーレ、エペの剣のセンサーは剣先にボタンのような形で存在しているのに対し、サーブルは剣身全体がセンサーとなっています。
そのため、剣が有効面に触れただけで機械が反応しランプが点灯する仕組みとなっています。(フルーレ、エペは剣先のボタンが押されなければランプは尽きません。)

また、サーブルにはフルーレと同様に攻撃権のルールが存在します。
両選手が同時に攻撃をした場合は攻撃権を持っている選手が得点となります。

突きだけではない、斬る動作を加えた大胆な動きを観られるのがサーブル種目の最大の特徴と言えるでしょう。

徳南堅太の特徴

サーブル種目は上記の通り、大胆な動きが求められる種目です。
この種目で活躍している選手は、人並外れた高い身体能力を保有している選手が多いようです。

徳南堅太選手も多分に漏れず、人並を大きく外れた身体能力を持っています。
その高い身体能力を生かしながら、攻撃的なフェンシングを得意としています。

上記動画の2:28頃の11点目は、大きな体格を生かした渾身のアタックで相手を切りにかかっていますね。(右側:徳南堅太選手)
徳南堅太選手を相手にする海外選手もかなり手強い相手として苦戦していることが見て取れます。

徳南堅太の戦績

徳南堅太選手の主な戦績は以下の通りです。

2011年 全日本フェンシング選手権大会(個人戦) 優勝
2014年 全日本フェンシング選手権大会(個人戦) 3位
2014年 アジア選手権大会 男子サーブル団体 2位
2015年 アジア選手権大会 男子サーブル団体 1位
2016年 リオデジャネイロ五輪 出場

残念ながら世界大会での大きな成績はまだありません。

しかしながら20代後半にして2016年のリオデジャネイロ五輪に見事初出場を果たしています。

東京五輪では、ベテラン選手としての経験と高い身体能力を生かした活躍が期待されます。

徳南堅太の学歴(高校,大学)

徳南選手の学歴は以下の通りです。

出身中学:池田中学校(福井県)
出身高校:武生商業高校(福井県)
出身大学:日本体育大学

現在は、デロイトトーマツコンサルティング合同会社に所属して現役のフェンシング選手として活躍しています。

ちなみに武生商業高校は、徳南選手以外にも数多くの五輪代表を輩出しているフェンシングの超名門高校として有名です。

徳南堅太のインスタグラムは?

調べてみたところ徳南選手はインスタグラムのアカウントを持っているようです。

 

フェンシング以外の情報発信にも積極的に取り組んでいるようですね。

徳南堅太の結婚情報

徳南選手は、2020年7月現在独身のようです。

長身かつ運動能力のずば抜けて高いフェンシング選手ということであれば、きっと女性からの人気も高いと思われますが、

今のところWeb上での女性関係の話題は見つかりませんでした。

徳南堅太のプロフィールと経歴

改めてここで徳南選手のプロフィールを確認しましょう。

この投稿をInstagramで見る

 

【 オリンピックシーズン9戦目 】 ルクセンブルクWC🇱🇺 Individual 43th Team 17th 📷 by Bizzi Team 新型コロナの影響で当初はイタリア開催の予定がドイツに変更 🇮🇹→🇩🇪 そしてさらに変更があり開催場所はルクセンブルクに🇱🇺 世界各国でイベント行事が中止になったり、延期になったりと色々と大変な時期ですが、残すところハンガリーあと1大会! 🇭🇺 出せる力、全てを注ぎます🤝 #Luxemburg #ルクセンブルク #WorldCup #🇱🇺 #fencing #フェンシング #japan #tokyo2020 #stay #gold #team #徳南堅太 #fight #good #spirit #東京五輪 #samurai #侍 #followme #like #saber #full #power #athlete #training #instalike #tokunan #koumei

徳南 堅太 / Kenta Tokunan(@tokunan)がシェアした投稿 –

 

  • 名前:徳南堅太(とくなんけんた)
  • 年齢:32歳(2020年7月12日現在)
  • 生年月日:1987年8月17日
  • 身長:183cm
  • 血液型:O型
  • 出身地:福井県池田町
  • 出身中学:池田中学校
  • 出身高校:福井県立武生商業高等学校
  • 出身大学:日本体育大学
  • 現所属:デロイトトーマツコンサルティング合同会社

終わりに

本日は、フェンシング男子サーブルの徳南堅太選手を特集させていただきました。

世界で競合がひしめく男子サーブルの世界ですが、その中でも徳南堅太選手は、国際大会でも堂々とした戦いぶりで徐々に世界からも注目を集める選手となってきています。

徳南堅太選手にとって集大成となる東京五輪においては、ぜひメダル獲得を期待したいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です