柔道

阿部詩の私服画像は?両親(父親母親)や兄や彼氏や小学校中学校高校大学や身長などプロフィールについて!

「阿部一二三」選手を兄に持つ「阿部詩(あべうた)」選手。

2020東京オリンピックのメダル有力候補だと期待されていますよね!

そこで今回は、阿部詩選手にスポットを当てたいと思います。

阿部詩」選手の私服画像と、両親(父親/母親)や兄などの家族構成、それに加え小学校や中学校、高校、大学、さらに身長などのプロフィールをご紹介します。

 

阿部詩の私服画像は?

「阿部詩」選手の私服画像をご紹介します。

 

阿部詩選手の私服姿が可愛いと話題になっています。

普段はボーイッシュな私服を着る事も多いようですが、時々見せる可愛らしい服装もとても似合っていますよね!

 

 

阿部詩の両親(父親/母親)や兄など家族は?

「阿部詩」選手の両親(父親・母親)と兄などの家族構成をご紹介します。

 

阿部詩選手の父である「阿部浩二」さんは、消防士だそうです。

オリンピックに出場する選手の親といえば、競技経験者かコーチというイメージがあるのでですが、なんと父・浩二さんは元々柔道未経験だそうです。

父・浩二さんは小学生の時に、競泳選手でバタフライにて全国大会で入賞をしている方で、阿部詩選手はお父さん譲りの運動神経の良さなのかもしれませんね。

柔道未経験ながら、子供達と柔道の稽古を本格的にしたり、消防士仲間と一緒になってトレーニングメニューを考案したりしていたそうです。

2020年3月現在では49歳だそうなので、お若いお父さんですね!

 

次に、阿部詩選手の母親である「阿部愛」さんは、神戸市で喫茶店を経営されているようです。

元々、母・愛さんのご両親が喫茶店を経営しており、後を引き継いだようです。

お店の名前は公表されていませんが、カレーライスがとても美味しいそうです!

母・愛さんも柔道に全く詳しくないそうです。

 

次に兄などの情報ですが、阿部詩選手にはお兄さんが2人います。

長男のお兄さんは1995年生まれで、阿部詩選手の5歳年上です。

元々お兄さんも柔道をしていましたが、小学生時代に辞めてしまったそうで、中学入学後には水泳の道へ進んでいます。

阿部詩選手によると、3人の中で柔道のセンスが1番あったのは、長男のお兄さんだったそうなので、勿体ない気もしますね。

長男のお兄さんは真ん中の方みたいですが、すごくかっこいいですね!!

 

そして、次男である「阿部一二三」選手はイケメン柔道選手として活躍されています。

6歳の頃に柔道をテレビで観て、かっこいい!と思い兵庫少年こだま会にて、柔道を始めたそうです。

最初の頃は怖いとよく泣いていたそうですが、努力家である阿部一二三選手は、メキメキと頭角を現してきました。

今では柔道界のトップクラスの選手として活躍する選手ですよね!

 

 

阿部詩の小学校,中学校,高校,大学はどこ?

「阿部詩」選手の小学校、中学校、高校、大学をご紹介します。

 

小学校は地元である神戸市内の公立校のようですが、どこかまでは公表されていませんでした。

中学校は兵庫県の私立夙川学院中学校です。

偏差値は48で、併設されている高校へ内部進学する事ができるようです。

高校は兵庫県の私立夙川学院高校です。

偏差値は42で、グローバルアスリートコースへ進学しています。

2015年までは女子高だったそうで、伝統的に部活動は女子が盛んです。

特に柔道部やハンドボール部、テニス部などが強豪で知られています。

阿部詩選手のクラスであるグローバルアスリートコースは、部活動に入部している生徒だけが在籍している、3年間固定のコースだそうです。

大学は日本体育大学のスポーツ文化学部武道教育学科です。

偏差値は38で、兄の阿部一二三選手がいるこの大学を選択し、入学式の新入生代表宣誓では、「もっと強くなりたいです」と述べていました。

 

 

阿部詩のプロフィール(身長など)

「阿部詩」選手の身長などのプロフィールをご紹介します。

 

名前 阿部詩(あべうた)

生年月日 2000年7月14日

年齢 19歳(2020年3月現在)

身長 158㎝

身長は女子柔道選手の中では小柄の方です。

小柄だからこそ、有利となる技を繰り出せるんでしょうね。

 

柔道は、5歳の時に兄2人が所属していた兵庫少年こだま会で始めました。

最初は兄の付き添いとして見学していただけでしたが、練習風景が楽しそうに見え興味が湧き、父の反対を押し切り習い始めました。

お父さんとしては、女の子だからピアノとかを習って欲しかったそうです。

当時は柔道だけでなく、水泳とピアノも習っていましたが、柔道に専念するようになり、熱心に取り組む姿を見ていた道場関係者は、兄の阿部一二三選手より、阿部詩選手の方が期待していたそうです。

しかし、阿部詩選手は小学校時代は本格的に練習には取り組んでいなかったそう。

小学4年生の時には、兄の阿部一二三選手と一緒に夙川学院中学校・高等学校の柔道部監督を務める松本純一郎監督の指導のもと指導を受けていましたが、かなり練習が嫌だったそうです。

熱心で積極的に柔道に取り組む、兄の阿部一二三選手とは正反対の態度を取っていましたが、センスのある天才肌という評価を受けていた阿部詩選手は、小学5年生の時に全国小学生学年別柔道大会40㎏級に出場を果たしますが、2回戦で負けてしまいます。

その後もあっけなく負けてしまうなど、敗戦が続きましたが、それが逆に彼女の闘争心に火をつける事となりました。

夙川学院中学校に入学すると、小学生の時とは違って練習に真面目に取り組むようになり、1年生の時に全国中学校柔道大会52㎏級に出場しますが、3回戦で敗れてしまいます。

2年生の時には決勝に進むものの2位で終わり、3年生の時にも全日本カデの決勝で2位で敗れてしまいます。

しかし、全日本中学校柔道大会の決勝で、バルセロナオリンピック71㎏級金メダリストの古賀稔彦の娘である古賀ひよりを破り、初めての優勝を飾りました。

夙川学院高等学校では、1年生の時に全日本カデ決勝で相手を破り優勝しますが、8月のインターハイでは初戦で敗れてしまいます。

この敗戦にすごくショックを受けてしまいますが、兄の阿部一二三選手の叱咤激励で立ち直る事ができ、これを機に心の持ちようが変化します。

その後も様々な大会で好成績を残していますので、ご紹介します。

主な大会成績

2016年 準優勝 グランドスラム

2017年 優勝  グランドスラム、世界ジュニア、グランプリ・デュッセルドルフ

2018年 優勝  世界柔道選手権、グランドスラム、グランプリ・フフホト

2019年 優勝  世界柔道選手権、グランプリ・フフホト

準優勝 グランドスラム・大阪

2020年 優勝  グランドスラム

2016年12月に行われたグランドスラム・東京では、史上最年少で決勝まで進み準優勝に終わってしまいますが、同大会で優勝した阿部一二三選手と兄弟メダル獲得になりました。

 

やはり兄の阿部一二三選手の存在はとても大きいようで、優勝を重ねる阿部一二三選手ばかりが褒められるのを間近で見ており、羨ましいからトップを極めたい!と思うようになったそうです。

負けず嫌いな性格が功を奏しているのですね!

 

 

阿部詩について終わりに

今回は、阿部詩選手についてご紹介しました。

女子柔道界で歴代の美女!と言われる阿部詩選手。

2020東京オリンピックでのメダル獲得が期待できますね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です