柔道

永瀬貴規の現在と経歴!筋肉画像や怪我やツイッターや両親(父親母親)や兄弟や出身小学校中学校高校大学などプロフィールについて!

2020東京オリンピックの柔道代表が内定した「永瀬貴規(ながせたかのり)」選手。

今回は、そんな「永瀬貴規」選手にスポットを当てたいと思います。

永瀬貴規」選手のすごい筋肉画像と、過去に怪我をしていた事実、それに加えツイッターやインスタ両親(父親/母親)や兄弟などの家族構成、更に出身の小学校や中学校・高校・大学現在のプロフィールと経歴をご紹介します。

永瀬貴規の筋肉画像がすごい?

「永瀬貴規」選手のすごいと言われる筋肉画像をご紹介します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

rope climbing‼︎ pull day! 綱登り! 引いて引いて引きまくる! チーム金丸!中量級コンビ! @nagatakajudo1014 @morita0611 #全日本合宿#旭化成#延岡#宮崎#ウエイトトレーニング#オリンピック#綱登り#trainingcamp#asahikasei#nobeoka#miyazaki#weighttraining#olympic#ropeclimb#pull#roadtorio #Repost @nikkansports with @repostapp ・・・ リオデジャネイロ五輪柔道男子73㌔級代表の大野将平、81㌔級の永瀬貴規のロープ登り。これが3セット目なので2往復ですが、大野は4➡3➡2、永瀬は3➡3➡2をやってました。すごい。#柔道#judo#リオデジャネイロオリンピック #riodejaneiroolympic #大野将平#onoshohei#永瀬貴規#nagasetakanori

ono shohei(@ono0203)がシェアした投稿 –

身長181㎝に対し、体重は81㎏と、すごく絞っているんでしょうね!

 

 

永瀬貴規は過去に怪我?

「永瀬貴規」選手が過去に怪我をしている事実をご紹介します。

 

前回大会のリオデジャネイロオリンピック後の2017年に、世界選手権で右膝を負傷してしまいます。

手術も必要な怪我で、手術後はリハビリを長期間受け、2018年夏に復帰を果たします。

挫折を経験しましたが、持ち前の執念強さで、復帰後は様々な好成績を残してきました。

 

 

永瀬貴規のツイッターやインスタは?

「永瀬貴規」選手のツイッターやインスタをご紹介します。

 

残念ながら、ツイッターインスタグラムは非公開でした。

そこで今回は、永瀬貴規選手について投稿された物をご紹介します。

 

たくさんの方が応援してくれていました!

 

 

永瀬貴規の両親(父親/母親)や兄弟など家族は?

「永瀬貴規」選手の両親(父親/母親)や兄弟などの家族構成をご紹介します。

 

父の永瀬政司(まさし)さんは、国家公務員で長崎税関に務めています。

転勤が頻繁にある職業でしたので、父・政司さんは単身赴任が多かったようです。

 

そして、母の永瀬小由利(さゆり)さんは、長崎県長崎市出身で、全国大会に出場経験のある元テニス選手だそうです!

きっと母・小由利さんのDNAを引き継いで、永瀬貴規選手も運動神経が良いんでしょうね。

母・小由利さんが学生時代から送迎するなど、様々なサポートをしてくれていたおかげで、永瀬貴規選手も練習に集中する事ができたそうです。

 

兄弟は、兄と姉がいます。

一番上はお姉さんだそうですが、情報はどこにも公表されていませんでした。

お兄さんは2歳年上で、永瀬凉(りょう)さんです。

兄・凉さんも幼い頃より柔道を続けており、長崎南山高校から日本体育大学へ進学をしています。

日本体育大学の時には、全国体育系学生柔道体重別選手権で準優勝を果たしており、強い選手だったようです。

凉さんは現在、地元の長崎県の波佐見高校で教員をされています。

 

 

永瀬貴規の出身小学校,中学校,高校,大学は?

「永瀬貴規」選手の出身小学校や中学校・高校・大学をご紹介します。

 

小学校は地元長崎県の長崎大学教育学部付属小学校に入学をします。

 

中学校は、併設された学校である、長崎大学教育学部付属中学校に入学。

 

高校は長崎日大高校に進学をし、柔道に専念をします。

 

大学は筑波大学に進学されました。

筑波大学を卒業したスポーツ選手といえば、ラグビーの福岡堅樹選手や、サッカーの中山雅史さんなどがいます。

 

 

永瀬貴規の現在のプロフィールと経歴

「永瀬貴規」選手の現在のプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 永瀬貴規(ながせたかのり)

生年月日 1993年10月14日

年齢 26歳(2020年3月現在)

出身地 長崎県長崎市

身長 181㎝

永瀬貴規選手の大叔父である世界選手権の中量級で2位となった、「平尾勝司」が示範を務める養心会で、6歳の頃に兄とともに柔道を始めました。

小学生高学年になると、修喩館にも通う事となりましたが、様々な大会に出場するも惨敗でした。

しかし、兄の応援に行ったり、研究熱心な姿勢で練習に取り組み、中学3年生の時に長崎日大高校の柔道部監督「松本太一」監督に「俺と一緒に日本一になろう!」という熱心な勧誘を受け、長崎日大高校に進学をしました。

熱心な練習の甲斐もあり、すぐに才能は開花し、1年生の時の高校選手権81㎏級で優勝。

2年生の時には敗戦するものの、3年生のインターハイでは優勝を果たします。

そこで、数々の大会で好成績を残していますので、ご紹介します。

代表的な成績

2013年 優勝  グランドスラム・東京、ユニバーシアード

2014年 優勝  世界団体、グランドスラム・東京

3位入賞 グランドスラム・パリ

2015年 優勝  世界選手権、世界団体

3位入賞 グランドスラム・東京

2016年 優勝  グランドスラム・バクー、グランドスラム・東京

3位入賞 リオデジャネイロオリンピック

2018年 3位入賞 グランドスラム・大阪

2019年 優勝  グランドスラム・ブラジリア、グランドスラム・大阪

準優勝 グランドスラム・エカテリンブルグ

 

世界ランキングでは、2015年には世界2位、2016年には世界1位となっています。

 

 

永瀬貴規について終わりに

今回は、永瀬貴規選手についてご紹介しました。

2020東京オリンピックのメダル有力候補です!

是非応援しましょう!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です