柔道

原沢久喜のスポンサーはどこ?結婚や彼女は?両親父母や俳優弟侑高や筋肉やインスタや在日韓国人の噂についても!

2020東京オリンピックの柔道代表内定を果たした「原沢久喜(はらさわひさよし)」選手。

そこで今回は、注目のメダリスト候補である「原沢久喜」選手にスポットを当てたいと思います。

原沢久喜」選手のスポンサーはどこなのか、結婚や彼女、両親(父母)や俳優の弟「侑高(ゆたか)」さんについて、それに加え筋肉画像やインスタ在日韓国人だという噂はデマであるのか、更にプロフィールや経歴をご紹介します。

原沢久喜のスポンサーはどこ?

「原沢久喜」選手のスポンサーはどこかご紹介します。

 

2019年4月より百五銀行がスポンサーとなりました。

百五銀行は三重県の津市の銀行で、2021年に三重県で開催される国民体育大会に先駆け契約となりました。

大学卒業後はJRAに就職していましたが、2018年4月の全日本選手権をもって退職をしました。

その後はフリー期間で1年間柔道をしていたそうです。

 

 

原沢久喜の結婚や彼女は?

「原沢久喜」選手の結婚や彼女をご紹介します。

 

まず、原沢久喜選手が結婚しているかというと、まだ独身のようです。

これだけすごい方なので、彼女でもいるのでは?!

と思い調べましたが、彼女もいらっしゃらないようでした。

トレーニングや練習などでそんな暇もないのかもしれませんね。

2018年に原沢久喜選手の特集が放送され、部屋の中にあるタオルのピンク率が高くて、彼女がいるのではないのか?と噂になったようです。

 

 

原沢久喜の両親(父母)や俳優弟の侑高(ゆたか)について

「原沢久喜」選手の両親(父母)や俳優である弟の侑高(ゆたか)さんについてご紹介します。

 

原沢久喜選手のご家族は、ご両親と妹さん、弟さんの侑高さんの5人家族だそうです。

情報によると、ご両親は離婚されており、父親の名前は不明でしたが、母親の名前は敏江(としえ)さんで、妹さんは結衣(ゆい)さんだそうです。

何をされているのかなどは、調べましたが公表されていませんでした。

 

そして、弟の侑高(ゆたか)さんは、細目のイケメン俳優さんです。

1996年12月17日生まれの現在23歳で、浅井企画に所属しています。

なんと、「スズキエブリィ」のCMにも出演していたんですよ!

イケメン兄弟なんですね!

 

 

原沢久喜の筋肉画像やインスタは?

「原沢久喜」選手の筋肉画像やインスタをご紹介します。

 

まずはムキムキの筋肉姿をご紹介します。

たくさんのトレーニングを積んでここまで鍛えあげたのですね!

 

次にインスタをご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

応援ありがとうございました。 Thank you for support. #全階級メダル #ベイカー不在 #rio2016

Harasawa Hisayoshi(@harasawa73)がシェアした投稿 –


インスタでは大会の様子などが投稿されていますので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

原沢久喜の在日韓国人の噂のデマ理由

「原沢久喜」選手が在日韓国人との噂がデマだといわれる理由をご紹介します。

 

原沢久喜選手が韓国人なのか?という噂がネットに上がっていました。

調べたところ、ご両親は日本人でしたので原沢久喜選手も純粋な日本人です。

なぜこのようなデマが流れてしまったのでしょうか・・・

原因は原沢久喜選手の顔立ちにあるようです。

確かに原沢久喜選手は目が少し細めでありますので、韓国人と言われればそう見えるかもしれませんね。

 

 

原沢久喜のプロフィールと経歴

「原沢久喜」選手のプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 原沢久喜(はらさわひさよし)

生年月日 1992年7月3日

年齢 27歳(2020年3月時点)

出身地 山口県下関市

血液型 A型

身長 191㎝

体重 122㎏

6歳の時に大西道場に入門をし柔道を始めました。

地元の下関市立日新中学校から私立早鞆高等学校へ進学をし、当時は66㎏級の選手で、身長も177㎝ほどだったそうです。

しかし、3年生にもなると身長は190㎝を超え、ウェイトトレーニングやプロテインなどを大量に摂取をし、体重も100㎏超級まで成長したそうです。

すごい成長ですし、努力家なのですね!

しかし、当初は高校を卒業したら、柔道を辞めるつもりだったそうです。

中国大会で優勝をし、インターハイでは3位に入賞、全日本ジュニアでは準優勝と成績を伸ばした事で、成績を残す事が楽しく感じるようになり、柔道を続ける事を決めたそうです。

大学は日本大学に進学をし、2年生の学生優勝では一本勝ちをするなどチームに貢献をしましたが、相手に敗れてしまい準優勝で終わりました。

同年9月に行われた学生体重別では優勝を飾り、11月の講道館杯でも優勝を飾りました。

 

他にもたくさんの好成績を納めていますので、ご紹介します。

主な好成績

2014年 3位入賞 グランドスラム・チュメニ

2015年 優勝  グランドスラム・チュメニ、パリ、東京、ユニバーシアード

2016年 優勝  グランドスラム・パリ

準優勝 リオデジャネイロオリンピック

3位入賞 ワールドマスターズ

2017年 優勝  世界団体

2018年 優勝  世界団体

3位入賞 世界柔道選手権

2019年 優勝  ワールドマスターズ、グランドスラム・デュッセルドルフ

準優勝 グランドスラム・パリ、世界柔道選手権

2020年もグランドスラム・デュッセルドルフに出場予定でしたが、ケガにより出場ができませんでした。

 

 

原沢久喜について終わりに

今回は、原沢久喜選手についてご紹介しました。

たくさんの好成績を残している原沢久喜選手。

2020東京オリンピックでの活躍も期待ができますね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です