空手

西村拳はハーフ?父母兄弟やステップや世界ランキングやインスタについても!

 

東京オリンピックの空手代表に内定をした「西村拳(にしむらけん)」選手。

空手道界のプリンスとも言われています。

そんな「西村拳」選手にスポットを当てたいと思います。

西村拳」選手はハーフなのか、父母兄弟などの家族構成、それに加えステップ動画世界ランキング、おしゃれな髪形などの画像とインスタ、更に経歴などのプロフィールをご紹介します。

西村拳はハーフ?

「西村拳」選手はハーフなのかご紹介します。

 

整った顔立ちから、「ハーフなのでは?!」と疑問に思われる方も多いようですが、結論から申し上げると、ハーフではありません

ご両親とも日本人で、日本生まれの西村拳選手です。

堀も深いので、間違われてしまうようです。

 

 

西村拳の父母兄弟は?

「西村拳」選手の父母兄弟などの家族構成をご紹介します。

 

西村拳選手の父は、空手家の「西村誠司」さんです。

現在は「拳誠塾」という空手道場で指導をされています。

1956年6月9日の熊本県出身で、数々の大会で好成績を残しています。

西村誠司さんの成績

昭和55年 優勝  栃木県国民体育大会

昭和56年 優勝  アジア太平洋空手道選手権大会

昭和56年 優勝  全日本空手道選手権大会

昭和57年 優勝  世界空手道選手権大会

昭和57年 準優勝 和道会全日本空手道選手権大会

昭和58年 優勝  フランス国際空手道選手権大会

昭和58年 優勝  和道会全日本空手道選手権大会

昭和58年 準優勝 群馬県国民体育大会

昭和58年 優勝  アジア太平洋空手道選手権大会

昭和58年 準優勝 全日本空手道選手権大会

昭和59年 優勝  ワールドカップ世界選手権大会

昭和59年 優勝  和道会全日本空手道選手権

昭和60年 優勝  フランス国際空手道選手権大会

昭和60年 優勝  和道会全日本空手道選手権

昭和60年 優勝  アジア太平洋空手道選手権大会

昭和61年 優勝  和道会全日本空手道選手権

昭和62年 優勝  和道会全日本空手道選手権

昭和62年 優勝  アジア太平洋空手道選手権大会

昭和62年 優勝  全日本空手道選手権大会

数々の大会で連覇を果たすほどの、空手の達人です!

選手を引退されたあとは、福岡大学の監督をされており、その後道場を運営するようになりました。

 

西村拳選手の母親は「西村真理子」さんで、元空手経験者で国体にも出場した事があるそうです。

それ以外の情報は公表されていませんでした。

 

西村拳選手はお兄さんが2人の三兄弟です。

長男は10歳上の「西村誠太」さん、次男は8歳上の「西村翔」さんで、空手経験者だそうです。

こちらも詳しい情報は公表されていませんでした。

 

 

西村拳のステップ動画は?

「西村拳」選手のステップ動画をご紹介します。

西村拳選手は、トレーニングでステップワークを大事にしています。

これは父の西村誠司さんが「空手道究極のステップワーク」として伝授したそうです。

 

 

西村拳の世界ランキングは?

「西村拳」選手の世界ランキングをご紹介します。

 

西村拳選手は、2019年時点で世界ランキング1位です。

東京オリンピックでのメダル獲得は期待大ですね!

 

 

西村拳のインスタは?髪型も

「西村拳」選手のインスタや髪型をご紹介します。

 

西村拳選手といえば、戦っているのに乱れない髪型!

なんとその髪型を作る為に、ヘアジェルとスプレーで15分かけてガッチガチに固めているそうなんです。

西村拳選手はとても美意識が高いらしく、プライベートでも肌や眉のお手入れは欠かさないそうです。

「ちゃらい」と思われる事もあるそうですが、インスタと共にその髪型をご紹介します!

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . 近大生強かった! . 監督に捧ぐ優勝。 かっこよかった‼︎ . #kinkiuniv #family #karate #champion #nicepic

Ken Nishimura 西村 拳(@ken_nishimura1231)がシェアした投稿 –

流行に合わせてヘアセットもしているので、空手道界のプリンスと言われるのもよくわかりますね。

 

 

西村拳のプロフィールと経歴

「西村拳」選手のプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 西村拳(にしむらけん)

生年月日 1995年12月31日

年齢 24歳(2020年4月現在)

出身地 福岡県福岡市城南区

身長 180㎝

体重 75㎏

元世界王者である父の影響を受け、父の運営する「拳誠塾」にて3歳の時に空手を始めます。

当時は空手があまり好きではなかったそうで、体つきも華奢でした。

水泳も習っていたそうで、本当は水泳の方が良かったそうです。

小学生高学年にもなると、母の勧めで塾に通う事になりますが、勉強もあまり好きでは無く、父から「塾に行くのが嫌なら母さんに言ってやる。その代わり空手一本にせぇ!」と言われ本気で空手の道で進む事となりました。

中学時代もなかなか成績を残す事はできませんでしたが、成長に従い体つきも変わってきて、宮崎第一高等学校に進学すると、高校1年生の時にインターハイで個人と団体で優勝を果たします。

近畿大学に進学後は、全日本学生選手権でも個人と団体で優勝。

大学卒業後は「株式会社チャンプ」に所属をしています。

その後も好成績を残していますので、ご紹介します。

主な成績

2013年 5位入賞 世界ジュニア&カデット21アンダー空手道選手権大会

2014年 3位入賞 空手1プレミアリーグ(オキナワジャパン)

2015年 準優勝  世界ジュニア&カデット21アンダー空手道選手権大会

2015年 準優勝  空手1プレミアリーグ(沖縄)

2016年 優勝   プレミアリーグ

2017年 準優勝  空手1シリーズA

2018年 優勝   空手1プレミアリーグ(パリ)

2018年 優勝   空手1プレミアリーグ(ロッテルダム)

2018年 優勝   空手1シリーズA

2018年 3位入賞 空手1プレミアリーグ(ベルリン)

数々の成績と世界ランキングで、東京オリンピックの空手代表が内定をしました。

 

 

終わりに

今回は、西村拳選手についてご紹介しました。

実力のある選手で、初めてのオリンピック出場となります。

2021年7月開催の東京オリンピックでの活躍が楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です