マラソン

前田穂南に私服画像は?父親母親兄弟姉妹や小学校中学校高校大学やシューズメーカーや血液型などプロフィールについて!

東京オリンピックの代表内定が決定した、「前田穂南(まえだほなみ)」選手。

インタビューやレース中などで見かける姿が、とても可愛らしいですよね!

今回は、そんな「前田穂南」選手にスポットを当てたいと思います。

前田穂南」選手の私服画像両親(父親・母親)や兄弟・姉妹などの家族構成、出身小学校や中学校、高校、大学はどこなのか、それに加えオシャレなシューズメーカーはどこなのか、更に、血液型などのプロフィールと経歴をご紹介します。

前田穂南に私服画像は?

「前田穂南」選手の私服画像をご紹介します。

 

スラっとした抜群のスタイルの前田穂南選手ですので、どんな姿も似合いますね!

 

 

前田穂南の両親(父親,母親)や兄弟,姉妹など家族は?

「前田穂南」選手の両親(父親・母親)や兄弟。姉妹などの家族構成をご紹介します。

 

前田穂南選手には両親と弟が居ます。

お父さんは「前田哲宏(まえだあきひろ)」さんです。

現在45~46歳で、元ラグビー選手だそうです。

父の哲宏さんは、前田穂南選手と小学校の頃は一緒に走り込みをしていたそうですよ。

 

お母さんは「前田麻里(まえだまり)」さんです。

母の麻里さんは、前田穂南選手のO脚を治す為に、幼少期から正座禁止などの生活をさせ、サポートをしていたそうです。

お母さんいわく、前田穂南選手は芯が強く、弱音を吐いた事が無い子だそうです。

 

弟さんは「前田翔斗(まえだしょうと)」さんです。

現在は神戸学院大学に在学中で、マラソン大会で優勝した事のある方です。

ですが、陸上選手を目指していたわけでなく、学生時代はサッカー部でレギュラーとして活躍していたそうです。

 

 

前田穂南の出身小学校,中学校,高校,大学はどこ?

「前田穂南」選手の出身小学校や中学校、高校、大学はどこなのかご紹介します。

 

出身小学校は、尼崎市立「園和北小学校」です。

 

出身中学校は、尼崎市立「園田東中学校」です。

 

出身高校は、「大阪薫英女学院高等学校」です。

大阪薫英女学院高等学校といえば、全国駅伝大会の常連校です。

 

高校卒業後は、大学に進学をせず、岡山の実業団チームで天満屋へ入社をしています。

天満屋といえば、2012年ロンドンオリンピックの女子マラソン日本代表「重友梨佐」選手や、2015年世界陸上北京大会の女子マラソン日本代表「小原怜」選手などを輩出した、陸上部は強豪チームです。

 

 

前田穂南のシューズメーカーはどこ?

「前田穂南」選手のシューズメーカーはどこなのかご紹介します。

 

前田穂南選手のシューズは、アシックス製だそうです。

マラソングランドチャンピオンシップで履いていたのは、LADY SORTIEMAGIC®LT(レディソーティマジックLT)との情報があります。

レディソーティマジックLTとは、「駅伝などのスピードレースに対応する機能持っており、可能な限り軽量化を追求しているレーシングシューズです。「地面を噛んで走る」特徴的な着地感と優れたグリップ力を誇るDOUSOLEを搭載し、軽さを求めたSOLYTEミッドソールが装備されています。中足部には走行時の安心感を高めるとラスティックが搭載され、軽量化が追求するスピードランナーにオススメです」と公式HPページにて説明があります。

 

 

前田穂南のプロフィール(血液型など)の経歴

「前田穂南」選手の血液型などのプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 前田穂南(まえだほなみ)

生年月日 1996年7月17日

年齢 23歳(2020年4月現在)

出身地 兵庫県尼崎市

身長 166㎝

体重 46㎏

血液型 不明

血液型については、残念ながら公表されていませんでした。

前田穂南選手は天然でおっとりしたタイプらしいので、O型ではないかと言われています。

「穂南(ほなみ)」という名前は、ご両親がドラマ「東京ラブストーリー」の大ファンで、ヒロイン役をしていた女優の鈴木保奈美さんと同じ読み方で「穂南」と名付けたそうです。

小学5年生の時から陸上競技を始め、小学6年生の時には校内のマラソン大会で優勝を果たします。

中学3年生の時には尼崎市中学校総合体育陸上大会で、800m走と1500m走の2種目を制覇しています。

高校は兵庫の自宅から大阪の学校まで通学をしており、高校3年生の時には1500mインターハイ大阪府大会で大会新記録を出し制しています。

全国駅伝大会では、先輩に加賀山姉妹、後輩に高松望ムセンビと前田梨乃さんが揃っていたので、3年間補欠登録されており、出場する事ができませんでした。

現在は天満屋に所属しています。

監督は武冨豊さんで、2000年に開催されたシドニーオリンピックから4大会連続、オリンピック選手を輩出してきた名監督です。

前田穂南選手も「練習が一番厳しいチーム」と言うほどの監督だそうで、とても優しそうに見えますが、練習になると厳しいんでしょうね!

そんなチームを自ら選び、ストイックに練習をしてきたからこそ、東京オリンピックへの切符を手にする事ができたんでしょうね。

高校時代には目立つ事はありませんでしたが、実業団に所属してからはトラックレースや駅伝などの主要選手として活躍をしています。

数々の成績を残していますので、ご紹介します。

主な成績

2017年 優勝   北海道マラソン、中国実業団選手権大会

2018年 優勝   中国実業団選手権大会、三陽女子ロードレース

2018年 2位入賞 大阪国際女子マラソン(自己ベスト更新)

2018年 7位入賞 ベルリンマラソン

2019年 3位入賞 全国女子駅伝、函館マラソン

2019年 優勝   マラソングランドチャンピオンシップ

2019年 2位入賞 中国実業団長距離記録会、三陽女子ロードレース

2020年 優勝   青梅マラソン(日本新記録)

2019年のマラソングランドチャンピオンシップで、2位と4分近い大差で優勝を果たした事により、東京オリンピックへの代表が即内定しました。

 

 

終わりに

今回は、前田穂南選手についてご紹介しました。

厳しい場で練習を続けてきた、実力のある選手です。

2021年7月の東京オリンピックでの活躍が楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です