マラソン

服部勇馬の肉離れ怪我とは?シューズや酒井監督やインスタやツイッターや父親母親兄弟についても!

東京オリンピックのマラソン代表が内定した、「服部勇馬(はっとりゆうま)」選手。

マラソン選手として兄弟で活躍する、兄として注目の選手ですよね。

そこで今回は、「服部勇馬」選手にスポットを当てたいと思います。

服部勇馬」選手の肉離れで怪我をした過去シューズメーカーはどこなのか、酒井監督との関係性、それに加えインスタやツイッターなどのSNS、更に父親・母親や兄弟などの家族構成、経歴などのプロフィールをご紹介します。

服部勇馬のは過去に肉離れ怪我?

「服部勇馬」選手が肉離れで怪我をした過去をご紹介します。

 

服部勇馬選手は、2020年1月に参加したニューイヤー駅伝で左足を肉離れで怪我をしてしまいました。

ニューイヤー駅伝の5区を走った服部勇馬選手は、走ったあと足を引きずるような動きを見せていました。

状態はすぐには良くならず、2020年1月19日に開催された全国都道府県対抗男子駅伝と、2020年2月2日に開催された香川丸亀国際ハーフマラソンを欠場する事となりました。

 

ちなみに、ニューイヤー駅伝の3週間前にも左足太もも裏を痛めていたそうです。

もしかすると、肉離れはその前の怪我が完治せずに引き起こしたのかもしれませんね。

 

 

服部勇馬のシューズメーカーはどこ?

「服部勇馬」選手のシューズメーカーはどこなのかご紹介します。

 

服部勇馬選手が2020年1月に開催された、ニューイヤー駅伝で履いていたのは、NIKEの「ナイキ ズームXヴェイパーフライ ネクスト%」というシューズです。

お値段は、30,250円(税込)もするそうです!

大きな大会では、このシューズを履いている選手も多くおり、話題となっているシューズですよね!

 

 

服部勇馬と酒井監督の関係は?

「服部勇馬」選手と酒井監督の関係をご紹介します。

 

酒井俊幸監督は、現在43歳で東洋大学の陸上監督をされています。

 

酒井監督は、服部勇馬選手が東洋大学に進学をする前から厳しいアドバイスやダメ出しをしてくれていたそうです。

「改善点を適確に言ってくれる人は本当に大切にしたい、この人のもとで走ろう。」と思った事から、服部選手は東洋大学に進学を決めたそうです。

2018年12月2日に開催された福岡国際マラソンでは、日本人で14年ぶりとなる優勝を飾った服部勇馬選手は、酒井監督からもレースぶりを絶賛されたそうです。

服部勇馬選手も、「褒められたのはいつ以来だろう・・大学3年生の時の熊日30㎞の時か。箱根駅伝で褒められたことは無かったです。本当に厳しい方なので。30㎞以降の入りを『肩甲骨の動きがしなやかになっている。最後まで走り切れたのはすごく成長しているね』と、僕としてもやってきた事が間違いなかったと思えました」とコメントされていました。

酒井監督と出会えたからこそ、服部勇馬選手の実力も伸びて結果として現れたのでしょうね。

 

 

服部勇馬のインスタやツイッターは?

「服部勇馬」選手のインスタやツイッターなどのSNSをご紹介します。

 

服部勇馬選手のインスタはこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こうやって着こなすのか。 #nike#nikesb#釣り#キャンプ #山男

Yuma Hattori(@hattori.1113)がシェアした投稿 –

大会情報や練習の様子、プライベートも投稿されていましたので、是非チェックしてみてください!

 

服部勇馬選手のツイッターはこちらです。

ツイッターはまだ投稿が1件しかされていませんでした。

 

 

服部勇馬の父親,母親や兄弟は?

「服部勇馬」選手の父親・母親や兄弟などの家族構成をご紹介します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ばあちゃん100歳おめでとう! 次の目標は日本長寿記録更新🇯🇵 これからもお元気で👍 #100歳 #百寿 #曽祖母#お祝い

Yuma Hattori(@hattori.1113)がシェアした投稿 –


ご実家は、新潟県の十日市町にて「有限会社服部総業」という建設会社を経営されています。

 

父親は「服部好位(よしのり)」さんです。

父の好位さんは昔、馬を飼っていたそうで、子供の名前には「馬」という漢字を付けています。

有限会社服部総業の社長をしています。

 

母親は「服部麻理子(まりこ)」さんです。

一般人の方の為、詳しい情報は公表されていませんでした。

恐らく実家が経営する会社を支えておられるのだと思います。

 

兄妹はお姉さんと弟さん2人が居ます。

お姉さんは「服部菜月(なつき)」さんです。

一般人の方の為、詳しい情報は公表されていませんでした。

 

次男は「服部弾馬(はずま)」選手です。

服部弾馬選手は、服部風馬選手と同じくマラソンランナーとして活躍をされています。

兄の服部勇馬選手と同じ東洋大学に進学をし、駅伝では兄弟でタスキを繋いで話題となりました。

現在は、実業団のトーエネックに入社をしランナーを続けています。

 

三男は「服部風馬(ふうま)」さんです。

現在は実家の有限会社服部総業に入社をしています。

兄妹の誰かが会社を継いでほしい。と父から打診があり、話し合った結果、三男の服部風馬さんが継ぐ事となったそうです。

三男の服部風馬さんは豊川高校時代には全国高校駅伝で走るほど有名選手で、将来を期待されていましたが、とても優しい性格で、兄2人に陸上に専念してほしい事から継ぐ事を決めたのだそうです。

服部勇馬選手も、「本来ならば長男である自分が家業を継ぐものの、自分には一切言わずに家に入ると言ってくれた風馬には、感謝しきれません」と語っています。

 

 

服部勇馬のプロフィールと経歴

「服部勇馬」選手のプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 服部勇馬(はっとりゆうま)

生年月日 1993年11月13日

年齢 26歳(2020年4月現在)

出身地 新潟県十日町市

誕生した時に「勇ましい」と感じた父が、「勇馬」という名を付けました。

小学校時代はサッカーに打ち込んでいましたが、十日町市立中里中学校に進学すると、サッカー部が無かった為に、陸上部に入部する事となります。

もともと運動神経が良く、新潟県で開催された中学駅伝の時から活躍をします。

その後、宮城県の仙台育英高等学校に進学をし、高校駅伝ではエースとして活躍をします。

仙台育英高等学校といえば、スポーツの名門校ですよね。

しかし、2011年に東日本大震災が起こり、服部勇馬選手を含めた仙台育英高等学校の強豪選手100名程が、愛知県の豊川高等学校に転校をします。

その為か、2012年に開催された高校駅伝では、豊川高等学校は優勝を果たします。

東洋大学に進学後は、初年度より駅伝メンバーに選ばれ数々の優勝に貢献しました。

大学卒業後は、トヨタ自動車に入社をし、負けず嫌いな性格でこちらでも数々の優勝に貢献しています。

主な好成績ご紹介します。

主な成績

2012年 3位入賞 関東私学五大学対校陸上競技選手権大会

2012年 5位入賞 日本ジュニア・ユース陸上競技選手権大会

2014年 優勝  熊本城マラソン(学生新記録)

2014年 優勝  小江戸川越ハーフマラソン

2014年 4位入賞 日本インカレ

2015年 4位入賞 ホクレン・ディスタンスチャレンジ北見(日本人1位)

2017年 6位入賞 中部実業団対抗陸上競技大会

2018年 2位入賞 金栗杯玉名ハーフマラソン大会

2018年 優勝  福岡国際マラソン(自己ベスト)

2019年 2位入賞 マラソングランドチャンピオンシップ

大学駅伝では、出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝で5度の区間賞を獲得し、実業団駅伝でも3度の区間賞を獲得し優勝に導いています。

数々の好成績と、2019年のマラソングランドチャンピオンシップで2位に入賞した事により、東京オリンピックの男子マラソン日本代表に即内定が決まりました。

 

 

まとめ

今回は、服部勇馬選手についてご紹介しました。

数々の成績を残してきた、実力の持ち主です。

2021年7月の東京オリンピックでの活躍が楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です