最新ニュース

五輪チケットの払い戻しサイトURLや方法は?発表日はいつで競技日程はどうなる?

五輪チケットの払い戻しについて議論が重ねられておりましたが、7月9日に方針が発表されました。

いったいどうなったのでしょうか?

今回は五輪チケットの払い戻しサイトURLや方法、さらに発表日や競技日程がどうなるかについて調査ました。

それでは詳しく見ていきましょう。

東京オリンピックの修正日程について

東京オリンピックは2021年7月23日(金)~8月8日(日)開催と延期されました。

恐らく曜日の都合だと思いますが、2020年の予定よりもちょうど1日前倒しでのスタートになります。

詳細の競技日程については未だ発表されておりませんが、基本的には延期前、すなわち2020年開催予定時の日程を維持するようです。

一日前倒しだからこそできることのように思います。

昨年の各競技日程のスケジュールは本サイトの各カテゴリをご覧下さい。

東京オリンピックは開催される?

東京オリンピックについては、現在のところ開催するかどうかの決断は難しいでしょう。

先日1763人の有権者に出口調査を行ったところ、開催すべき:27%、中止にすべき:36%、さらに延期すべき:17%、分からない:21%という結果でした。

かなり意見が割れているのが読み取れると思います。

それは皆さんのご理解の通り、今は1か月後がどうなっているかも想像できない世界だからです。

ただ、皆さんの共通認識は「安全な開催」ということは間違いないでしょう。

一方、開催や中止の決定に一番大きい権力を持っているのはIOCと言えるでしょう。

IOCのバッハ会長の発言が注目されるのはそのためですね。

また、開催国である日本の政府やJOCもキーとなるでしょう。

ただ、東京オリンピックは選手あっての大会です。

よって各国の選手の意向も大事になってきます。

無観客試合にすれば安全な開催に近づくと思われるかもしれませんが、オリンピックはプロ野球やサッカーなどと違って、観客と一緒になって開催するというポリシーがあるため、その点も考慮して決断する必要があります。

いずれにしても、一番重要な要素は来年までに、安全な開催が確保できるか、すなわち、感染拡大防止のためのシステムを作り上げることができるかというのが一番キーになると思います。

五輪チケットの払い戻しサイトURLは?

五輪チケットは購入された方はご存じだと思いますが、東京オリンピックの公式サイトで購入できました。

よって払い戻しサイトについても同じだと推定します。

五輪チケットの払い戻し方法や発表日はいつ?

五輪チケットは既に約448万枚、パラリンピックは97万枚販売されております。

倍率は約29倍だったようです。

高いような高くないようなという感じですが、当選した方はラッキーですね。

ご存じの方も多いと思いますが、購入されたチケットは延期後も原則有効という姿勢は変わっておりません。

今回、払い戻しの方針が発表されたのは、延期により、観戦できななくった方への配慮のようです。

2020年であれば観戦できたけど、2021年はどうしても無理という方も少なからずいらっしゃるでしょうね。

払い戻し方法については今のところ発表されておりません。

ただ、7月9日の時点で近く方法を発表される見通しということなので、近日中に発表されることでしょう。

方法についても恐らく公式サイトに入って、必要事項の入力くらいで簡単できると思います。

既に購入されたことの多くがそれほど影響は無いかと思いますが、逆にチャンスの方もいらっしゃいます。

それはチケットに当選しなかった方です。

観客の数を絞るみたいなことが起こらない限り、恐らく、払い戻しがあった分のチケットの再募集が行われると思います。

来年どうなるかは分かりませんが、東京オリンピックをあきらめたくないという方はこの辺りの情報にアンテナを張っておくと良いかもしれませんね。

終わりに

東京オリンピック開催についてはまだまだ決断できる状況ではありません。

コロナの収束を願うというよりは、どのようにして安全な開催を実現するか。

そこが一番の焦点だと思います。

基本的には日本政府の発言、そしてIOCとJOCの発言がキーになってくると思いますので、気になる方はその辺りの動向を注視していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です