パラリンピック

工藤博子(柔道)のwikiプロフィールと経歴│結婚や出身中学高校大学や家族についても

国内で無類の強さを誇る選手がいます。

女子パラ柔道の工藤博子(くどうひろこ)選手です。

工藤選手は、15年のブランクを空けて返り咲いたという過去があります。

今回は、工藤博子選手のwiki風プロフィールや経歴、結婚(夫旦那)や彼氏の情報、出身中学,高校,大学や家族について調査しました。

そして、気になるその実力についても調べてみたいと思います。

では、詳しくみていきましょう。

工藤博子(柔道)のwiki風プロフィールと経歴

工藤博子選手には、Wikipediaがないので、wiki風にプロフィールを見ていきましょう。

  • 氏名:工藤博子(くどうひろこ)
  • 生年月日:1984.11.9
  • 年齢:36歳(2020.11.16現在)
  • 血液型:調査中
  • 出身:大分県
  • 身長:調査中
  • 体重:58kgか59kg(工藤選手のブログにて記載あり) 
  • 所属:シーズアスリート

工藤博子選手は、柔道初段を持っています。

工藤選手は、女性らしくお菓子やパン作りが好きなようで、さらに、DIYやキャンプが趣味みたいですよ。

では、工藤選手の経歴を詳しく見ていきましょう。

工藤選手は、出身が大分県です。

彼女が持つ障害は、生まれた時から持ち合わせたもののようです。

工藤選手は、出生時に低体重で生まれました。

その関係から、未熟児網膜症を発症しており、先天性の視覚障害であったそうです。

現在でも左目はほぼ見えず、右目は0.1以下の視力しかありません。

工藤選手は、ハンディキャップを抱えつつも、健常者の学校に進学していきます。

中学校に入学し、柔道部に入ろうとしますが、学校には部自体がありませんでした。

そこで、有志を募り、柔道部を立ち上げたそうです。

中学校で柔道を始め、その後高校生まで続けますが、高校卒業を境に引退しました。

その後は、完全に柔道から離れていたそうです。

ところが、柔道を引退して15年経った時、高校生の時の柔道部のキャプテンから連絡がきます。

キャプテンは日本障害者柔道連盟のコーチをしていたことで、合流しないかと誘ってきました。

工藤選手は、この誘いを受け、競技に復帰をします。

パラ柔道に取り組み始めたその年、驚くべきことに全日本視覚障害者柔道大会63kg級で優勝します。

その後、工藤選手は、アジアパラゲームスで銅メダルを獲得。

翌年2019年のワールドカップでは、3位に輝きます。

そして、2019年の全日本障害者柔道大会では、2年続けての優勝を飾りました。

2020年開催のドイツオープンでは、2位で銀メダルを獲得します。

その結果、その年の8月、日本視覚障害者柔道連盟により東京パラリンピック出場が正式に内定しました。

15年のブランクがある中で、それでも若い選手を打ち破り、代表を勝ち取ることは並の辛さではなかったでしょうね。

工藤博子の結婚(夫旦那)や彼氏の情報

工藤博子選手には、結婚している夫旦那、彼氏はいるのでしょうか?

色々と調べて見ましたが、残念ながら結婚や彼氏の情報は見つけることは出来ませんでした。

SNSを見てみたところ、かなり練習をしている様子が窺えるので、今は恋人というより東京大会に向けて力をつけているのでしょう。

しかし、笑顔が可愛らしいので、公表していないだけで彼氏はいるのかもしれないですね。

工藤博子の出身中学,高校,大学は?

工藤博子選手の出身中学,高校,大学について調べてみました。

残念ながら、出身中学の情報はありませんでした。

出身高校は、大分県の大分女子高等学校(現大分西高等学校)です。

工藤選手は、大学には行かず短大に進学し、卒業後は、介護福祉士として勤務していたそうです。

工藤選手は、高校時代に大分県大会で、九州大会で常に1位の選手に勝利し、個人で3位の成績を取ったこともあるんだそうです。

そして、驚くべきことに、当時工藤選手は、周りの仲間に自身が障害を持っていることを伝えておらず、普通に練習をこなしていたそうですよ。

個人といえど、県大会で3位になるとは、かなり強い高校にいたのではないでしょうか。

ずっと隠し続けて、尚且つ勝ち続けることが出来るのは驚異の実力ですよね。

工藤博子の家族(父親,母親,兄弟姉妹)は?

工藤博子選手の家族(父親,母親,兄弟姉妹)について調べてみました。

ですが、残念ながら工藤選手の家族についての情報はどこにもありませんでした。

ところが、工藤選手のブログを読み解くと、年末に実家に帰った際にお父さんが即席の懸垂マシーンを作ってくれた投稿がありました。

また、コロナウイルスの関係でマスクが品薄の時にはお母さんが手作りのマスクを作ってくれた、という投稿もありました。

このブログを見てもわかるように、とても仲の良い家族というのがわかりますよね。

ご両親が工藤選手をとても大切にしていることが伝わってきますね。

工藤博子のパラ柔道の実力は?

工藤博子選手のパラ柔道の実力について見ていきましょう。

工藤選手は、女子パラ柔道63kg級の選手です。

自身の体重が58kg位なので、5kg程の増量をして試合に望むそうです。

工藤選手は、そんな体格差を埋めるために、ウエイトトレーニングを盛んに行っています。

5kgの重りを付けての懸垂なんてなかなか出来る人はいないですよね。

パラ柔道の試合は、お互いに組んだ状態で始まります。

なので、ダイナミックな大技で一本勝ちを多く見ることが出来、とても迫力があるのが特徴です。

そして、工藤選手の最大の得意技は、「大外刈り」という技です。

開始数秒で決着がついてしまいましたよね。

体格差があるにも関わらず、ここまで戦っていけるのは、日々のトレーニングの賜物であることがよくわかります。

そんな工藤選手の世界ランキングは、9位です。
出典:https://kalor.co.jp/free/player

まだまだ世界ランキングも上位にあげることは可能でしょうし、何より初出場する東京パラリンピックでは、頑張って貰いたいですね。

終わりに

工藤博子選手は、15年というブランクがありますが、それを見せない強さを持つ選手です。

十分に世界でも戦って行けますし、東京パラリンピックでもメダル獲得は、十分に期待出来るでしょう。

家族の応援も力にして、競技歴が短いながらも、その強さを世界に見せつけて欲しいと思います。

体格差など吹き飛ばすために、もっとトレーニングに励んで欲しいですね。

工藤博子選手のこれからの活躍に目が離せません。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です