パラリンピック

北薗新光のwikiプロフィールと経歴│出身大学高校中学や家族や結婚の妻嫁についても

皆さんは北薗新光(きたぞのあらみつ)選手をご存じですか。

北薗新光選手は日本の視覚障害クラスの柔道選手で、東京パラリンピックの代表にも内定しています。

今回は北薗新光選手の学歴(出身中学,高校,大学)や家族(父親,母親,兄弟)さらに結婚情報(妻,嫁)や経歴などプロフィールについてご紹介ます。

北薗新光(柔道)のwikiプロフィールと経歴


ここでは北薗新光選手のプロフィールと経歴について見ていきましょう。
まずは簡単なプロフィールをまとめました。

氏名:北薗新光(きたぞのあらみつ)
生年月日:1991年2月17日
性別:男性
身長:169㎝
体重:調査中
血液型:調査中
出身地:兵庫県神戸市
階級:81㎏級 クラスB1(全盲)
所属:アルケア

北薗新光選手は延期されている東京パラリンピックの際には30歳となる視覚障害の柔道選手です。

体重の詳細データはありませんでしたが、それには理由があり、北薗新光選手は階級を変えることが多いのです。
一番初めの頃は100㎏級でしたが、後程触れますが、一時は73㎏級まで階級を落とすなど、体重変化が多いため、公式のデータが明らかにされていないのだと考えられます。

出身は兵庫県神戸市で、現在はアルケアに所属し、競技中心の生活を送っています。

続いて北薗新光選手の主な経歴についてまとめましたので、ご覧ください。

2011年 IBSA世界柔道大会男子100kg級 8位
2012年 ロンドンパラリンピック 男子100㎏級 5位
2014年 第29回全日本視覚障害者柔道大会 男子90kg級 1位
2015年 第30回記念全日本視覚障害者柔道大会 男子81kg級 1位
2016年 リオデジャネイロパラリンピック 5位
2017年 ウズベキスタンワールドカップ 81キロ級 銅メダル
2018年 インドネシアパラリンピック3位
2019年 カザフスタンアジアオセアニア大会 銀べダル

このように素晴らしい成績を収めております。

北薗新光選手が柔道を始めたのは幼少期の頃で、谷亮子選手の活躍を見て、憧れを抱いたのがきっかけのようです。

もともと視覚障害をもっていたわけではなく、当時は健常者として競技活動をスタートしました。
小学校以降も柔道に打ち込み、高校は柔道の強豪校である、育英高校に進学します。

しかし、大学に進学する際に、網膜色素変性症という病気が判明します。それ以降は、視覚障害者として、柔道を続けました。

もともと柔道をしていたこともあり、視覚障害者柔道に転向してからすぐの2012年、大学3年生の時に100㎏級の選手として、ロンドンパラリンピックに出場します。

そこで世界7位という結果を残しますが、重量級ではなく、軽量級の方が強みを生かした柔道ができると判断し、その後は81㎏級、73㎏級と年々階級を落していきます。

2016年のリオデジャネイロパラリンピックでは、73㎏級で5位入賞を果たしました。

その後今度は体重を81㎏級まで戻し競技を続けており、延期となっている2020年の東京パラリンピックにも、81㎏級の選手として代表内定を勝ち取りました。

常に変化を恐れずチャレンジし、階級を変えながらも第一線で活躍する北薗新光選手、今では金メダルを狙える位置につけています。



北薗新光の学歴(出身中学,高校,大学)

ここでは北薗新光選手の学歴(出身中学,高校,大学)について見ていきましょう。

北薗新光選手の出身中学校は三田学園中学校です。

より本格的に柔道の練習を始めたのは中学校の頃からだったようです。

詳しい戦績は記録がありませんでしたが、次にも述べますように、高校で柔道の強豪校に進学しますので、
それなりの実力があったのだと思います。

北薗新光選手の出身高校は、兵庫県にある育英高等学校です。

こちらは、県内ではまずまずの柔道強豪校で、卒業生に、柔道家でシドニーオリンピック銀メダリストの篠原信一さんがいらっしゃいます。

また、北薗新光選手が通っていた際、先輩に柔道家の正木健人選手がいた様です。
正木健人選手はロンドンパラリンピックで金メダルを獲得しています。

高校時代のエピソードではありませんが、北薗新光選手は現在でも正木健人選手に相談などをすることがあるようです。

また、北薗新光選手の高校時代の最高成績は兵庫県ベスト8だそうで、最後に対戦したのがインターハイ2位の選手だったようで、価値のあるベスト8とご自身でも語っています。

北薗新光選手の出身大学は、京都産業大学です。

また、北薗新光選手は大学時代、文化学部に所属していました。

視覚障害が発覚したのはこのころで、それでも柔道部に所属し活動していたようです。

また、京都産業大学の柔道部を選んだ理由として、大学の環境が整っていることと、大学の立地が静かで落ち着いており、自分に合っているように感じたからだそうです。

既に述べたように、大学3年次にロンドンパラリンピックに出場しており、当時大学では壮行会なども開かれ、大学を挙げて応援されていたようです。



北薗新光の家族(父親,母親,兄弟姉妹)


ここでは、北薗新光選手の家族(父親,母親,兄弟姉妹)について見ていきましょう。

北薗新光選手のご家族の情報はありませんでした。

兄弟などもいらっしゃるのか不明です。

視覚障害の選手として活躍した際には既に自立していたことから、そういったご家族の情報が少ないのかもしれません。

兄弟の情報もなかったということで、今後の情報に期待しましょう。



北薗新光の彼女や結婚(妻,嫁)情報


ここでは北薗新光選手の彼女や結婚情報について見ていきましょう。

北薗新光選手は現在ご結婚されており、娘さん1人と息子さん1人の二児のパパです。

ご結婚の時期や、奥様の実名は公表されておりませんでしたが、娘さんは紗輝ちゃんで、2020年現在5歳、息子さんが新太くんで8か月のようです。

家族を背負ってただならぬ覚悟をもって戦っている北薗新光選手、
インタビューでも、「妻を含め周りのサポートがすごく大きい。妻と子どもたちの前でかっこいいところを見せたいということも、大きなモチベーションになっています」
と語っております。

ご家族思いで、お互いに支えあって生活している北薗家族は、アスリートの家庭の理想ともいえるかもしれませんね。



北薗新光の競技種目と実力


ここでは北薗新光選手の競技種目と実力について見ていきましょう。

北薗新光選手は、現在は、81㎏級で活動し、障害の重さとしては、クラスB1(全盲)に分類されます。

しかしながら、視覚障害の柔道は、組み合ったところから試合が始まるため、障害の重さでそれぞれ試合があるわけではありません。

同じ81㎏級の中には、視覚障害が重い人も軽い人もいるというわけです。

そんな中で、世界でもトップレベルで活躍しているのですから本当に素晴らしい実力と成績です。

北薗新光選手は、ご自身で「組んだところから自分のペースに持っていき、相手に何もさせない。そんなスタイルこそが、自分の柔道の持ち味だ」と語っています。

一度やると決めるととことん追求するタイプの北薗新光選手は、ハードに追い込むトレーニングで、トレーナーがストップをかけるほどだと言います。

そんな強い「剛」の部分だけでなく、2019年からは呼吸法やヨガなども取り入れ、メンタル面や「柔」の部分もさらに鍛えているようです。

そうして2019年の大会では世界2位というところまで実力をつけてきています。

着実に成長している北薗新光選手、東京パラリンピックでの優勝はかなり現実的となっています。期待しましょう。



終わりに

いかがだったでしょうか。

世界大会でも結果を残し続ける北薗新光選手、日本を代表する選手であることは言うまでもありませんが、
世界一を取り、世界を代表する選手になることもそう遠くはなさそうです。

延期となっている東京パラリンピックが今から楽しみですね。

これからも北薗新光選手を応援していきましょう。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です