パラリンピック

水田光夏のwikiプロフィール│クラウドファンディングや出身中学高校大学や家族についても

2021年開催の東京パラリンピックの射撃(SH2・10mライフル伏射)に内定選手の水田光夏(みずたみか)選手をご存じですか?

近年急速に力を伸ばした選手で、かわいらしい雰囲気や外見からも注目を集めております。

この記事では、水田光夏(みずたみか)選手のプロフィールと経歴、クラウドファンディングや学歴(出身小学校・中学・高校・大学)、家族(父親・母親・兄弟姉妹)、また彼氏や結婚(夫、旦那)、競技種目と実力について紹介したいと思います。

水田光夏(射撃)のwiki風プロフィールと経歴

水田光夏選手のプロフィールと経歴をwiki風でまとめてみました!

  • 選手名:水田光夏(みずたみか)
  • 年齢:23歳(2020年12月現在)
  • 生年月日:1997年8月27日
  • 身長:150cm
  • 体重:45㎏
  • 出生地:東京都 町田市
  • 競技種目:射撃
  • 所属:白寿生科学研究所

水田選手は生まれながらに障害を抱えていたわけではありません

中学2年生の時に難病である、シャルコー・マリー・トゥース病という筋肉が萎縮する病を診断されます。現在は右ひじから手までと左手の指先、両ひざから足先までの感覚が麻痺しています。

病を診断されるまでは、クラシックバレエスキーをしていました。

スポーツが好きなところが伺えますね。

ただ、障害を持ち高校進学で特別支援学校に通うようになった水田選手は、ひどいうつ状態になります。

元々オシャレが大好きだったのにパジャマのままベッドから起き上がることが出来なくなってしまうほど、ひどいものだったそうです。

そういった娘を見る母親(光美さん)もとても辛いものがあったでしょう。

そんな中、水田選手が高校2年生の時に、光美さんは知り合いから日本のパラアスリートの講演会があることを教えてもらい、水田選手を半ばひきずる形で連れていきました。

これが水田選手の転機となります。

そこで多くのパラリンピアンの話を聞く中で、射撃のパラリンピアンの田口亜紀選手の話にとても興味を持ったようです。

そこで射撃なら体に動きがなく、自分の障害でもできると思ったようです。

そしてすぐにビームライフルを始めましたが、案外当たるしゲーム感覚で楽しいと思い、射撃にはまっていきました。

最初からかなり高得点を取れていたようです。

その後、大学に進学し、18歳(2015年)になるとライフルの所持が可能になったため、東京オリンピックの出場種目であるエアライフルに転向しました。

ビームライフルと違い、命中させるのが難しく、弾による反動や的に当たるまでのタイムラグなど色々と違いますが、それがまた面白かったようです。

競技を始めて2年後の2017年に全本障碍者ライフル射撃競技選手権で2位に入賞するなど、すぐに日本のトップクラスの選手となります。

エアライフルの前にビームライフルをやっていた経験も生きているのかもしれません。

その後も破竹の勢いで活躍し、2019年の世界選手権で好成績を収め(オリンピック代表確定選手以外で1位)見事に東京オリンピック日本代表に内定しました(SH2の10mアライフル伏射)

代表内定後は水田光美選手が使っている車いすが耐用年数を超えていることを配慮し、出身校の桜美林大学が中心にクラウドファンディングが実施され、見事に目標金額を達成(超える額を調達)しております。

大学側の素晴らしいご支援と、何より水田光夏選手を応援したいという多くの方々の気持ちが形になったのだと思います。

 

水田光夏のクラウドファンディングとは?

水田光夏選手のクラウドファンディングについて見ていきましょう!

クラウドファンディングってそもそも何?という方もいらっしゃるかもしれませんので、まずはクラウドファンディングについて簡単に説明したいと思います。

クラウドファンディングとは…

インターネットを通して、自分の思いや夢を世の中へ発信し、その活動を応援したいと思ってくれた不特定多数の人達から少額ずつ資金を募ることです。

★ローンや補助金などとは違って、誰にでも出来て返済のリスクが無いなどの

魅力があります。

2020年3月から水田さんが通われていた、桜美林大学のサイトでクラウドファンディングを開始します。

サイトのところに概要なども掲載されていますが、水田さんがそれまで使っていた車いすが耐久年数をお幅に越えていました。耐久年数が6年なのに9年間使っていたんです。

僅かなズレが致命的となる射撃競技において、このままでは十分なパフォーマンスが出来ないから…と融資を募ります。

東京パラリンピックに内定していた水田選手を応援しようとすぐに目標金額の200万が集まり、さらに金額は増え400万近く集まりました。しかも開催していた期間は3月の後半から5月の後半という、僅か2カ月の期間だったんです。

それなのに目標だった200万は1ヶ月で集まるほど!たくさんの方が水田選手を応援しているのが分かりますよね。大幅に集まった資金は当初購入予定の競技用車いすと付属テーブルの購入・修繕費、そしてスペア銃の購入に当てられました。

水田選手にとっては機材が新調されたことでとても助かったと思いますが、それに加えて皆さんの応援する気持ちもとても嬉しかったことだと思います。

 

水田光夏の学歴(出身小学校,中学,高校,大学)

次は水田光夏選手の学歴(出身小学校,中学,高校,大学)について見ていきたいと思います。

小学校は森村学園初等部中学校は中高一貫の森村学園中等部です。どちらも共学の私立学校になります。

続出身高校は「都立町田の丘学園」です。

中高一貫の森村学園に入学しましたが、中学の頃に障害を持ったため、高校進学を機に特別支援学校である、この都立町田の丘学園に進学しました。

出身大学は先ほども少し触れましたが、「桜美林大学」です。

2020年の3月に大学を卒業しましたが、大学のサイトからクラウドファンディングをしたり、大学側も水田選手を全力で応援しているのが分かりますよね!

 

水田光夏の家族(父親,母親,兄弟姉妹)

水田光夏選手の家族について見ていきましょう!

水田選手の家族についてはあまり多くの情報がなく、何人家族で兄弟姉妹がいるのかもわかっていません。

ただ、先ほど触れました母親の光美さんは水田光夏選手のために、パラアスリートの講演会にひきずりながらも連れていくなど、水田選手のことを強く思い、実際に行動したという点から、とても聡明で行動力のある方と感じました。

また、水田光夏選手の競技をメインで支えている方でもあります。

元々スポーツの専門でもなかったので、栄養の勉強をして、水田光夏の栄養コントールもしっかり行ったり、競技用の射撃台や銃を支えるスタンドの調整なども行っているようです。

スケジュール管理や大会にも同行してサポートしているようです。

水田光夏選手のことを誰よりも応援してサポートしている方と言えるでしょう。

 

水田光夏の彼氏や結婚(夫,旦那)情報

オシャレな水田光美選手に彼氏又は結婚の情報はあるんでしょうか?気になりますよね!

ただ、彼氏や結婚についての情報はまだありませんでした。

今はパラリンピックに向けて準備の真っ最中なのかもしれませんね。オシャレが大好きで、メイクやヘアスタイルも練習でも本番でもキレイにしている水田選手なので、彼氏がいてもおかしくなさそうですよね!

今後、報告があることを楽しみにしたいと思います。

 

水田光夏の競技種目と実力

水田光美選手の競技種目と実力について紹介します。

東京パラリンピックの出場種目は前述の通り、射撃のSH2・10mライフル伏射になります。

また、実力についてはまずは主な戦績をご覧ください。

 

主な戦績

2018年 シャトールー2018WSPSワールドカップ(フランス) 

     10Mエアライフル伏射 29位

2019年 シエク2019WPSPワールドカップ(クロアチア)

     10Mエアライフル伏射 14位

2019年 WPSP世界選手権(オーストラリア)

     10Mエアライフル伏射 24位

2019年 全日本障害者ライフル射撃選手権大会(千葉)

     10Mエアライフル伏射 1位

2020年 全日本障害者ライフル射撃選手権大会(宮城)

     10Mエアライフル伏射 1位

 

2020年の全日本選手権では大会二連覇を達成するなど日本では最強と言えるでしょう。

ただ、国際大会となると、2019年の世界選手権では24位など、少しレベルに差があると言えます。

まだ若く、伸び盛りの選手ではありますが、東京パラリンピックでも活躍を期待したいところですね!

 

終わりに

水田光美選手は障害を持つようになってから、決して平坦な道のりではなかったでしょう。

障害を持ってとても辛い日々を過ごす中、母親の光美さんやパラアスリート講演会を教えてくれた知り合いの方、そしてパラアスリートの田口亜紀選手の講演があったからこそ道が開けました。

そんなに簡単なものではありませんが、辛い時だからこそ誰かに相談したり、パワーのある方の話を聞くというのは大事なのかなあと感じました。

一方、水田光美選手は射撃についてかなり才能がある方という印象を受けました。

才能を見つけるのは運もありそうですが、色々とチャレンジすれば案外隠れた才能がある人もいるのかなあとも感じました。

さて、ちょっと話が逸れてしまいましたが、水田光美選手は東京パラリンピックで日本代表として世界と戦ってくれます。

是非みんなで応援しましょう!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です