ラグビー

松井千士の彼女や結婚?山本彩や50mやインスタや体重やハーフや学歴についても

2019年に日本で開催されたラグビーワールドカップは日本中を熱狂の渦に巻き込みました。ワールドカップでのラグビーは15人制でしたが、東京オリンピックで行われるラグビーは7人制ラグビーで究極の鬼ごっことも言われています。

そんな7人制ラグビーでキャプテンを務め、その圧倒的俊足と爽やかな見た目で人気を集めている松井千士(まついちひと)選手をご存知でしょうか?

今回はスピード自慢ばかりの7人制ラグビー代表選手の中でも圧倒的なスピードを誇る松井千士(まついちひと)選手のプレーの特徴や経歴、家族などについて詳しく見ていこうと思います。

松井千士の彼女や結婚(嫁,妻)情報

松井千士選手の彼女や結婚(嫁、妻)についての情報ですが、現在は独身であり、誰かと付き合っているなどの情報はありませんでした。

これほど爽やかイケメンでラグビーでも日本代表するほどの実力を持つ松井千士選手に彼女がいないのは意外な気もしますが、もしかすると現在はラグビーに集中したい時期なのかもしれません。

 

松井千士と山本彩の関係は?

松井千士選手と山本彩さんの関係についてです。


松井千士選手について調べると元NMBの山本彩さんの関係について出てきますが、松井千士選手が山本彩さんのファンであり、二人の間に特別な関係性はないとのことです。

ファンになったきっかけは高校ラグビーで優勝したと時の大会の応援サポーターがNMBだったようでそれからずっと松井千士選手は山本彩さんのファンのようです。

 

松井千士の50m走は?

松井千士選手の50m走のタイムはどれくらいなのでしょうか?


松井千士選手の50m走のタイムは5.7秒らしくこれはスピード自慢の選手の中でも特別速く国内でも指折りのタイムとなっています。前回のワールドカップで一番の俊足であると言われた福岡堅樹選手でも5.8秒であったことからその俊足ぶりはうかがえます。

この圧倒的な俊足をで様々な選手を置き去りにして走り去っていく様から「スピードスター」「ファストボーイ」「韋駄天」などのあだ名が付くほどです。

 

松井千士のインスタは?ハーフっぽい画像についても

 

松井千士選手のインスタやハーフっぽい画像の噂について見ていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

松井 千士(@chihitogram)がシェアした投稿


松井千士選手のインスタグラムはやはりラグビー選手らしくラグビーのことが投稿されていることが多いですが、それ以外のもプライベートも垣間見ることが出来ます。

また、その整った顔立ちからハーフではないかとの噂もありますが、純日本人のようです。

 

松井千士(ラグビーセブンス)のポジションとプレーの特徴

松井千士選手(ラグビーセブンス)のポジションとプレーの特徴についてみていきましょう。


松井千士選手は15人制では主にWTB(ウイング)と呼ばれる圧倒的俊足と華麗なステップを生かしてスペースに走り込みトライを取ることに特化したポジションを任されていました。

しかし、7人制ではポジションの区切りはあるのですが、基本的に全ての選手が全てのポジションをこなせる必要があるため決まったポジションはないようです。それでも任されるポジションはWTBが多くトライが期待されていることが分かります。

 

松井千士のプロフィールと学歴(出身中学,高校,大学)・経歴

松井千士選手のプロフィールと学歴(出身中学、高校、大学)・経歴について見ていきましょう。

  • 生年月日:1994年11月11日 26歳(2020年12月現在)
  • 身長:183cm
  • 体重:88kg
  • 血液型:B型
  • 大阪市立大宮中学校→常勝学園高等学校→同志社大学→サントリー(2017~2019)→ キャノン(2020)

 

ラグビーは小学1年生の頃にお兄さんの影響で始めました。

常翔学園高等学校時代には3年生時に第92回全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝しました。個人としては高校2年生と3年生時に高校日本代表選手に2回選出されてます。この高校日本代表選手は3年生が主体で選ばれることが多く、2年生は毎年1人代表に居るか居ないかですのでいかに松井千士選手がすごかったかがわかります。

同志社大学に進学後は在学中にアジアラグビーチャンピオンシップにおいて日本代表デビューを果たすと2016年にはリオデジャネイロオリンピックで7人制日本代表のバックアップメンバーに選ばれるなど着実にステップアップを果たしています。

社会人は最初にサントリーに進みますが、そのあと2020年にキャノンに移籍しています。これの理由としてサントリーでは社員兼選手であり、社会人としての経験を積みたかったと語っています。キャノンにはプロ契約選手として移籍しており、今後は7人制ラグビーだけでなく15人制ラグビーでも代表入りを狙っているとのことです。

2020年現在では7人制ラグビーではキャプテンを務めており、これからの代表では中心選手としての活躍を期待されています。

 

終わりに

松井千士選手は日本が世界に誇るランナーであり、7人制ラグビーでは精神的支柱としてチームを支えているため日本がオリンピックで高い成績を残すには必要不可欠な選手です。

東京オリンピックにかける思いも強くこれまで以上に熱いプレーで日本中を沸かせてくれることでしょう。

東京オリンピックでの活躍に最も期待のかかる選手の一人ですので、チームとしては前回大会のベスト4の記録越え、個人としてもトライ王などのタイトルを期待しましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です