セーリング

吉岡美帆(セーリング)の出身地は広島で中学高校大学は?インスタやfacebookや父親母親などプロフィールについて!

吉岡美帆(セーリング)選手は東京オリンピックのセーリング470級において、大先輩の吉田愛選手とペアで日本代表に内定しております。

数々の大会で好成績を収めており、東京オリンピックではメダルが十分期待できる一人です。

今回は吉岡美帆(セーリング)さんの出身地や中学,高校,大学、インスタやfacebook、さらに父親や母親などプロフィールについて調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

吉岡美帆のセーリングの種目は?


吉岡美帆さんの種目はセーリング470級(ヨンナナナマル級)です。

日本勢が最も得意とするセーリングの種目でもあります。

470級とは全長470cmのディンギーと呼ばれる二人乗りの小型のヨットでゴールを競うレースになります。

二人のそれぞれの役割は舵取りとメインセイル(主帆)を担当する「スキッパー」、船の傾きとジブセールを担当する「クルー」にです。

吉岡さんはクルーを担当しております。

吉岡美帆の出身中学,高校,大学はどこ?

吉岡美帆さんの出身中学、高校、大学を見ていきましょう。

  • 出身中学校:不明
  • 出身高校:不明
  • 出身大学:立命館大学

広島県出身ですので、中学校と高校は広島県の可能性が高いと思います。

それもヨットができるということで、海に近いところだと推定します。

高校に入るまでは恵まれた身長を生かしてバレーボールをしていたようです。

アタッカーで活躍していたのでしょうか?

高校ではバレー以外の新しい種目のスポーツにチャレンジしたいと思っていたそうです。

そんな中、高校にヨット部があり子、供のころから海が好きだったという理由でヨット部に入部したようです。

練習は厳しく夏場は週6日帆走の基本練習をしていたそうです。

大学は高校時代に身に付けたセーリングの技術を生かすべくヨット部の充実した立命館大学に進学しました。

立命館大学のヨット部は80年前創部の伝統を誇っており、3回ほど全日本インカレに総合優勝した実力のヨット部です。

立命館大学ではセーリングに心身ともに打ち込んでいて大学卒業でセーリングを辞めようと思ったようです。

大学の最後の大会で良い結果が残せなかったようです。

オリンピック代表選手にしては意外と思った方も多いのではないでしょうか?

吉岡美帆の父親,母親や兄弟姉妹など家族は?

吉岡里帆の父親、母親や兄弟姉妹など家族を見ていきましょう。

一般の方ということであまり情報はありませんでした。

メダルを獲るとご家族や地元の方が取り上げられるかもしれませんね。

吉岡美帆のインスタやfacebookは?

吉岡美帆さんはインスタをやっていないようです。

ただ、ハッシュタグで2018年の世界選手権で優勝した時の投稿などが見られます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

デンマークで行われているセーリングの世界選手権女子470級で、吉田愛選手・吉岡美帆選手組が金メダルを獲得しました。同種目での優勝はオリンピック、世界選手権を通じて初の快挙です。おめでとうございます! ⛵️ . #Sailing #セーリング #吉田愛 #吉岡美帆 #日の丸セーラーズ #がんばれニッポン #JapaneseOlympicCommittee #TEAMNIPPON . #Repost @worldsailingofficial with @get_repost ・・・ Congratulations to Ai Kondo Yoshida & Miho Yoshioka 🇯🇵- 470 Women World Champions 2018! 🥇🎉👏 #aarhus2018 📸 @sailingenergy

「チームがんばれ!ニッポン!」(@team_nippon)がシェアした投稿 –

一方、facebookもアカウントがありますが、2015年の投稿が最後になります。

今日で25歳になりました。お祝いのメッセージ下さった方、ありがとうございます!
高校からヨットを初めて、ここまで続けられているのは周りで支えてくれている方々のお陰です。
オリンピックまであと1年をきりました。
悔いのないよう、精一杯頑張ります!
これからも応援、よろしくお願いします。

それにしても今回の時差ボケは相当酷いです…
ブラジル時間から抜け出せない。
昨夜は一睡も出来ませんでした(;_;)

吉岡 美帆さんの投稿 2015年8月27日木曜日

ちょうどリオ五輪の1年前で、そこからは練習で忙しいのかもしれませんね。

吉岡美帆のプロフィール(出身地)と経歴

 

  • 名前:吉岡美帆(よしおかみほ)
  • 年齢:29歳(2020年7月時点)
  • 生年月日:1990年8月27日
  • 身長:177cm
  • 体重:70kg 
  • 出身:広島県
  • 所属:ベネッセセーリングチーム
  • 最終学歴:立命館大学

 

主な戦績

2016年リオ五輪5位

2018年世界選手権金メダル

 

大学卒業後はセーリングを辞めるつもりだったようですが、誘われるがままに行ったヨットの試乗会に参加により、人生が大きく変わりました。

試乗会では学生の頃には合ったことがないようなレベルの高い選手が集まっていて、そこの練習に参加するうちに、「自分もこうなりたい」と思ったようです。

結果、大学では良い結果を残せなかった吉岡さんは世界クラスのセイラーへと登り詰めました。

本当に偶然でも出会いというのは人生を大きく変えるものだなあと考えさせられますね。

吉岡美帆選手の武器はなんといっても高い身長です。

日本人で177cmのセイラーは中々いないようです。

ペアで大ベテランの吉田愛さんも「世界で戦うためには身長は大きい」と話しているため、重要な要素であることは間違いないでしょう。

470級は非常にバランスの重要な種目です。

身長が高いと重心が安定しなさそうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、身長が高いほどバランスを取れる範囲が大きくなり有利なようです。

確かにイメージできますね。

リオ五輪では吉岡さんは普段しないミスをして5位(それでもすごいですが)という結果だったようですが、2018年の世界選手権では金メダルを獲得しております。

このまま調子を上げていけば、ペアで大ベテラン吉田愛さんも世界クラスの選手ですし、東京オリンピックでの優勝候補の組の1つと言ってもいいでしょう。

終わりに

吉田愛さんは幼い頃からセーリングをやっていた、セーリングの申し子みたいな方ですが、吉岡さんは高校から始めて、大学卒業後はやめようと思ったくらいの方です。

それが1つの出会いで大きく変わるというのは人生はほんと何があるか分からないと思いました。

一方で、吉田・吉岡ペアの完成度は非常に高いです。

東京オリンピックでメダルに近い二人なので、是非ともレースをチェックしたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です