セーリング

須長由季(ミキハウンス)の結婚夫旦那や子供は?両親や兄弟や出身高校大学やインスタなどプロフィールについても!

東京オリンピックのセーリング代表に内定をした「須長由季(すながゆき)」選手。

2012年のロンドンオリンピックにも出場をしており、2大会ぶりの出場となります。

今回は「須長由季」選手にスポットを当てたいと思います。

須長由季」選手の所属はミキハウスなのか、結婚して夫(旦那)や子供はいるのか、両親や兄弟などの家族構成、それに加え出身中学校や高校、大学はどこなのか、更にインスタ経歴などのプロフィールをご紹介します。

須長由季はミキハウス所属?

「須長由季」選手はミキハウス所属なのかご紹介します。

 

須長由季選手は大学卒業後にミキハウスに所属をしています。

2003年にミキハウスに入社をし、競技部と藤沢さいか屋店を兼任されていました。

2009年には競技部と横須賀さいか屋店を兼任、2011年に競技部と横須賀さいか屋店、東日本支社を兼任されています。

競技をしながらミキハウスの業務もこなされているようです。

 

ミキハウスといえば、様々な競技選手が在籍しています。

柔道では、山部佳苗選手、丸山城志郎選手、ジュリ・アルベアール・オレフエラ選手、池絵梨菜選手、佐藤史織選手。

レスリングでは、文田健一郎選手、入江ななみ選手、入江くみ選手。

カヌーでは、羽根田卓也選手。

飛び込みでは、寺内健選手、坂井丞選手。

同じく東京オリンピックの代表に内定をした選手が、たくさん所属しています。

 

 

須長由季は結婚して夫(旦那)や子供はいる?

「須長由季」選手は結婚して夫(旦那)や子供はいるのかご紹介します。

 

結婚について調べましたが、公表されていませんでした。

セーリングに打ち込んできた方ですので、恐らく独身のようです。

 

 

須長由季の両親や兄弟など家族は?

「須長由季」選手の両親や兄弟などの家族構成をご紹介します。

 

調べましたが、こちらも情報は公表されていませんでした。

東京オリンピックで活躍をすれば、ご家族の方もメディアに出てくるかもしれませんね!

お母さまはずっと応援をしてくれているそうで、「東京オリンピックでは、結果で母に恩返しをしたい!」と話されていました。

 

 

須長由季の出身中学校,高校,大学はどこ?

「須長由季」選手の出身中学校や高校、大学はどこなのかご紹介します。

 

出身中学校は、公表されていませんでした。

 

出身高校は、私立「星野女子高等学校」です。

 

出身大学は、「明治大学」です。

明治大学でウィンドサーフィンと出会う事となりました。

 

 

須長由季のインスタは?

「須長由季」選手のインスタをご紹介します。

 

須長由季選手のインスタは公開されていませんでした。

他の方の須長由季選手についての投稿もありませんでした。

 

ちなみに、Facebookが公開されていましたので、ご紹介します。



過去のものになりますが、練習風景や大会情報が投稿されていましたので、是非チェックしてみてください!

 

 

須長由季のプロフィールと経歴

「須長由季」選手のプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 須長由季(すながゆき)

生年月日 1980年12月28日

年齢 39歳(2020年5月現在)

出身地 埼玉県

高校時代は軟式テニスに熱中していたそうです。

大学に入学後は、体育会系の部活を探しており、海の無い埼玉県で育った須長由季選手は、大きな海で風をきって進むウィンドサーフィンに魅力を感じ、競技と出会う事となったそうです。

勉強優先ではありましたは、週4回の練習を重ね、新人戦で優勝を果たし、大学3年生と4年生のインカレ大会でも優勝を果たします。

卒業後は競技を続けるか悩んでいたそうですが、同期に「ヨットで一緒にオリンピックを目指そう!」と誘いを受け、競技を続ける事を決意したそうです。

卒業後はアテネオリンピックを目指してヨットを練習していましたが、なかなか成果は出ず、「ウィンドサーフィンでオリンピックを目指してみよう!」と決意したそうです。

そして、実際にロンドンオリンピックに日本代表として出場を果たし、結果は21位でしたが、オリンピック出場の夢を叶える事ができました。

様々な大会で成績を残していますので、ご紹介します。

主な成績

2000年 8位入賞 全日本学生ボードセーリング選手権大会

2001年 優勝   全日本学生ボードセーリング選手権大会

2002年 優勝   全日本学生ボードセーリング選手権大会

2003年 3位入賞 日本セーリング連盟ナショナルチーム選考会

2005年 6位入賞 全日本ミストラル選手権

2006年 優勝   全日本フォーミュラー選手権

2014年 準優勝  Garda And Trentinoオリンピック

2016年 6位入賞 JSAF江の島オリンピック

2017年 7位入賞 ASAFカップ

2018年 8位入賞 2018ワールドカップ

遅咲きの選手ではありますが、様々な大会で成績を残しています。

 

 

終わりに

今回は、須長由季選手についてご紹介しました。

2大会ぶりのオリンピックで、2021年7月の東京オリンピックはいつも練習をしている江の島が舞台です。

ぜひメダルを獲得してほしいですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です