ソフトボール

山本優(ソフトボール)のwikiや経歴は?出身小学校中学高校大学や結婚や彼氏や家族についても!

東京オリンピックで公式種目として復活した「女子ソフトボール」北京オリンピックでの感動的な金メダルの記憶が強く残っている方も少なくないはず!!

そんな女子ソフトボールですが、世界でトップクラスの実力を誇る女子日本代表の中で、不動の4番を務める山本優(やまもとゆう)選手をご存じですか?

今回は山本優選手の学歴や結婚・彼氏情報、さらに経歴や家族(父親,母親,兄弟姉妹)などを調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

山本優のwiki風プロフィールと経歴

名前:山本優(やまもとゆう)

生年月日:1988年8月20日

身長/体重:163㎝/68㎏

所属:ビックカメラ高崎

出身地:北海道札幌市

ポジション:内野手(サードなど)

右打ち/右投げ

  

札幌市出身です。

小学校2年生から「八軒東和グッピーズ」という地元の野球チーム所属し、中学校では、「札幌シェールズ」というチームで、硬式野球チームに所属しておりました。

山本優選手の起源は野球からですね。

そして、ソフトボールを始めたのは、なんと、高校からです!!

幼い時からソフトボールを始めたのではないんですね。

ボールの大きさや距離感が野球とは違い、慣れるのには苦労をしたのかな…と思いましたが…

高校は札幌市ではなく、少し離れた石狩郡の当別高校です。

当別高校は当初は北海道の中でもソフトボールの強豪として知られる学校でした。

恐らくソフトボールに力を入れるため、札幌の学校ではなく、ちょっと遠いですが、石狩郡の当別高校に進学したのだと思われます。

ソフトボール転身後、すぐに頭角を現し、高校2年生・3年生で北海道選抜選手として、国体への出場も果たしています。

当時、山本優選手と高校の頃に試合をしたことがある方の話によると「別格だった」とのことです。

また、日本代表はこういった選手がなるんだろうなあとも話しております。

高校卒業後は大学には進学せず、実業団のルネサス高崎(現ビックカメラ高崎)に入団しました。

即戦力として活躍し、今でこそ世界でもトップクラスの選手ですが、実は2011年のシーズンの後に右肩の負傷が理由で一度引退しています。

ご存じなかった方も多いのではないでしょうか?

しかし、ソフトボールへの熱い思いと、宇津木麗華監督からの復帰の熱望もあり、2012年7月に手術をし、2013年に現役を復帰しています。

これは本当に大きな岐路だったと思います。

2013年は東京オリンピックがちょうど決まった年でもあり、東京オリンピックへの思いも熱くしたのではないでしょうか?

また、「もうケガをしないように」と思いを込めて、グローブの内側には「2012.7.17」と肩を手術した日を刻んでいるようです。

ケガはスポーツ選手の人生を狂わせるものなので、無理をし過ぎないようにして欲しいものですね。

現在は日本のソフトボールリーグでも国際試合での日本代表としても大活躍です。

東京オリンピックの日本代表は確実と言っても過言ではない選手ですね。

 

山本優(ソフトボール)の出身小学校,中学,高校,大学は?

次に山本優選手の学歴(出身小学校,中学,高校,大学)はプロフィールと経歴のところでも触れましたが、下記の通りです。

 

出身小学校:札幌琴似中央小学校

出身中学校:札幌八軒中学校

出身高校:当別高校

出身大学:進学せず実業団に入団

 

札幌琴似中央小学校

 

札幌八軒中学校

 

当別高校

 

当別高校の補足説明ですが、山本優選手がいた頃は女子ソフトボールが強かったですが、現在はそこまででも無いようです。

ソフトボールは野球ほど競技人口が多くないので、地方に行くと野球よりも状況が厳しくなるためだと推定します。

公立の高校ですが、手に職も身に付けることもできる科もあるため、卒業後に就職する方も多いようです。

 

山本優(ソフトボール)の彼氏や結婚の情報は?

 

山本優選手の彼氏や結婚情報はあまりありません。

もしかしたらステキな彼氏がアスリート人生を支えているのかもしれませんね。

しかし今は東京オリンピックへ一直線!!だと思いますで結婚というのは先のような気がします。

 

山本優の家族(父親,母親,兄弟姉妹)は?

 

山本優選手の両親や兄弟などの家族の情報はあまり公開されていないようです。

幼い時のスポーツは、ご両親や兄弟の存在に大きく影響をします。

小学校2年生から地元の野球チームに所属していた経歴を持っているため、推測ですが、兄弟が所属していたのか、お父様が熱血な野球ファンまたは、野球選手だたのか…。

野球を身近に感じる家庭環境だったのかもしれませんね。

いずれにしても、地元の札幌から遠い、当別高校に山本優さんを通わせるのは大変だったと思いますが、その甲斐もあり、今では世界でもトップクラスの選手に登り詰めております。

ご家族にとっては本当に誇らしいことだと思います。

 

山本優(ソフトボール)の実力と特徴は?

山本優選手の特徴は何と言っても長打力とあらゆる投手に適用できるバッティング、そしてメンタルです。

身長は高いほうではありませんが、野球で培った鋭いスイングとパワーの持ち主です。

2020年には日本リーグで通算本塁打45本となり、歴代1位となりました。

ここからも圧倒的な長打力が伺えますね。

一打席目からしっかりと打っていけるところからも抜群の適用能力を感じさせられます。

また、国際試合での活躍も素晴らしく、日米対抗戦はサヨナラ本塁打を放つなど、宿敵アメリカにも通用することが証明されております。

大事な場面でもしっかりと打ってくれることから技術だけではなくメンタル面の強さも伺えます。

そういったところから日本代表の「不動の4番」と言われております。

所属しているビックカメラ高崎でも「打順関係なくどこからでも打てる」という評価も妥当です。

さらに、高校時代には「捕手」を経験しており、ゲームの流れを読むソフトボールのIQが非常に高いといった評価もあります。

こういった能力が山本優という素晴らしい選手の原動力になっているのかもしれませんね。

さらに、守備も非常にうまいことで知られております。

日本の守備は世界的にトップクラスだと言われておりますが、それを支える一人です。

幾度となくファインプレーを見せてくれて、チームを救っております。

ご説明した通り、バッティングが特に優れていますが、オールラウンダーであります。

国内リーグではベストナインというシーズンで優秀だった9名が選ばれる賞があるのですが、それに6回も選出されているところからも伺えますね。

ビックカメラ高崎にとっても、日本代表にとっても無くてはならない選手です。

 

まとめ

〇山本優選手は北海道札幌市出身

〇小学校2年生から野球チームに所属している

〇ソフトボールデビューは高校生

〇高校2.3年生で北海道選抜として国体出場をしている

〇兄弟や家族構成の情報はほとんどありません

〇ケガに苦しんみ、一度引退をしているが、2013年に見事現役を復帰している

〇第一打席から結果を残すメンタルが強い選手

〇とにかく優秀な選手

 

東京オリンピックでのご活躍が楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です