ソフトボール

後藤希友(ソフトボール)の小学校中学高校は?父親や母親や兄弟や彼氏についても

今回の東京オリンピックで3大会振りに復活した女子ソフトボール。

前回に続く金メダルを期待する声が高まる中、ダブルエースの上野由岐子投手や藤田倭投手に続く次世代エース候補とされる後藤希友選手がおり、見事に東京オリンピック日本代表の座を勝ち取りました。

今回は後藤希友(ごとうみう)選手の学歴(出身小学校,中学,高校,大学)やご家族(父親,母親,兄弟,姉妹)、さらに彼氏や結婚情報などのプロフィールと経歴をご紹介します。

後藤希友選手の学歴(小学校,中学,高校,大学)

後藤希友選手の学歴(出身小学校,中学,高校,大学)をご紹介します。

まず小学校は名古屋市立野立小学校です

幼稚園の年少からピアノを習い始め、性格は大人しい方だったようです。(ピアノを9年間習い、中学1年の頃に合唱コンクールで伴奏を担当するほどの腕前でした。)

そんな折、小学校3年生の時に北京オリンピックで日本女子ソフトボールチームが当時最強と謳われたアメリカチームを破り、金メダルを獲得したのを見て感激したようです。

ただ、それでもソフトボールを本格的にやるつもりはなく、小学校4年生から学校の部活動でソフトボールとバスケットボールを楽しむ程度に両方やっていたようです。

 

中学は名古屋市立日比野中学校に進学しました。

そこで、小学校の頃に日比野中学校で行われたソフトボールの講習会に参加した後藤希友選手をソフトボールの顧問が覚えており、勧誘に成功することで後藤希友選手は本格的にソフトボールに打ち込むことになりました。(ソフトボールの顧問はグッジョブですね!)

後藤希友選手は早くから活躍し、中学2年の時に愛知選抜に選ばれ、毎日200球の投げ込みを行ったようです。

すごいですね。

才能もあったと思いますが、投げ込みの甲斐もあり、中学3年時にはMAX105km/hを記録します。まさに社会人顔負けの速さです。

14歳という若さで社会人に混ざって24歳以下の日本代表に抜擢されました(当時最年少)。

この辺りからも後藤希友選手がいかにずば抜けた選手がかが窺えますね。

しかもニュージーランド戦で登板し、堂々の三者凡退に打ち取るピッチングを見せました。

 

高校はソフトボールの全国大会の上位常連の強豪校である東海学園高校に入学します。

入学時からエースを務めておりました。

高校在学中にはパワーを上げるために体重を増やし、高校3年時にはMAX110km/hまで球速をアップさせました。

当時は社会人を含めた日本人の左投げでは最速なので、その凄さは説明するまでもないですね。(ちなみに後藤希友選手は2021年4月現在でも左投で日本人最速で113km/hをマークしております。)

後藤希友選手の素晴らしいピッチングもあり、福井国体で愛知県チームを優勝に導きます。

高校生では当てることすら難しい速さです。

その実力が評価され、高校生にして2017年には全日本女子強化指定選手に選ばれました。

高校卒業後は大学には進学せず、地元豊田市のトヨタ自動車(レッドテリアーズ)に入社しました。

 




後藤希友選手の家族(父親,母親,兄弟,姉妹)

後藤希友選手のご家族(父親,母親,兄弟,姉妹)を見ていきましょう。

家族構成は両親に兄が一人の4人家族です。

一般の方たちということでそれほど情報は多くありませんが、幼稚園の年少という早い段階でピアノを始めていたところから、いいところのお嬢さんなのではないかと想像します。

勝手な妄想ですが、整った顔立ちから兄もイケメンでご両親もきっと美男美女カップルだったのではないでしょうか?

一方で、文化系だけでなく、小学時代からバスケットボールやテニスなど様々なことにチャレンジしてきたようです。

母親の恵理さんが取材の中で話すには、兄が一輪車やスノボードをやるのを見るとすぐに「自分もやりたい」と挑戦するなど、何事にも物怖じしない性格だったようです。

 

 

後藤希友選手は色々なことにチャレンジしてきましたが、ご両親としては特にピアノに注力しているように見受けられましたので、ピアノをやって欲しいという思いはあったかもしれません。

しかしながら、後藤希友選手のソフトボールに転向してしっかり活躍されているのを見ると、ご両親は本人の意志を尊重し、サポートしてきたことは間違いないですね。

また、後藤希友選手自身もインスタの投稿では母の日に感謝の投稿をしておりました。

 

 

恐らく自分のやりたいことをやるためにサポートしてくれたお母さんへの感謝の気持ちだと考えます。

ご両親は大変だったと思いますが、後藤希友選手が東京オリンピックの日本代表に選ばれたことをきっと誇りに思っていることでしょうね。

 




後藤希友選手の彼氏や結婚情報

後藤希友選手の彼氏と結婚情報を見てみましょう。

まだ若いので想像通りだとおもいますが、結婚はしておらず、彼氏がいるという情報もありません。

ただ、好きなタイプは後藤希友選手のSNSから想像できました。

どうも韓流が好きなようです。

そして、その中でも韓国の俳優のパク・ボゴムさんが大好きなようです。

 

 

「いつか必ず韓国に行って会う」と話しているところからかなり熱烈なファンと言えそうです。

ただ、インタビューでは好きな芸能人は美形で知られるAAAの與真司郎さんを挙げております。

イケメンが嫌いな人はいないでしょうからね。。。

個人的にはSNSに一番本音が出ているのではないかと考えます。

いずれにしても、後藤希友選手のお相手はかなりのイケメンになりそうです。

 




後藤希友選手のwiki風プロフィールと経歴

後藤希友選手のプロフィールと経歴をwiki風で見ていきましょう。

 

  • 名前:後藤希友(ごとうみう)
  • 生年月日:2001年3月2日
  • 年齢:20歳(2021年4月時点)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:174cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:AB型
  • 投打:左投左打
  • 所属:トヨタ自動車レッドテリアーズ
  • 特技:ピアノ
  • 好きな食べ物:親子丼、チャーハン、タピオカ
  • 趣味:ラーメン店巡り(チャーハンを食べる)

 

日本代表の投手陣は右投の上野由岐子選手と藤田倭選手のダブルエースに、左投の後藤希友選手を加えた3名です。

上野由岐子選手と藤田倭選手はほぼ確定でした。

最後の1枠は左打ちは左投げが打ちにくいというセオリーから、左投げが選ばれることになっておりました。

左投にはベテランで国際大会で選抜も任された尾崎望良選手など、素晴らしい投手が他にもいたため、最後の1枠は熾烈な争いでしたが、そこを見事勝ち取ったということですね。

これは本当にすごいことです。

後藤希友選手は高身長で腕が長く、また握力も一般女性の倍あるなど、フィジカルに恵まれた選手です。

宇津木監督は球種が少ないが若さから来る勢いとコントロール、ボールの質が素晴らしい点が選んだ決め手で、左打者が後藤希友の球を打つのは極めて困難と後藤選手を高く評価しております。

ボールの質とは具体的には変化球のキレです。

後藤希友選手は強い握力を生かしてボールの回転数を多くすることができ、球種が少ないものの、強力な変化球を投げられるということです。

また、近年の心身共に成長が素晴らしいという点も評価しているようです。

きっと世界最強の打撃を誇るアメリカにも通用するということなのでしょうね。

後藤希友は現在トヨタ自動車レッドテリアーズに所属しており、主力投手の一人として活躍しております。

チームメイトにはトヨタ自動車レッドテリアーズのエースにして、アメリカ代表のエースでもあるモニカ・アボット選手がいます。

アボット選手は後藤希友選手と同じタイプの速球派左投げで、116km/hという現役で最も速い球を投げる投手の一人です。(116km/hは体感速度は野球の160km/hくらいなのでその速さはすさまじいですね。)

ボールの質も素晴らしく、特にライズボールなどは数々の国際試合で日本代表の打線を沈黙させてきました。

すぐそばに彼女がいることは刺激になることは間違いないですね。

一方、後藤希友選手もMAX113km/hを誇るので、アボット選手に肉薄しているとも言えます。

ちなみに日本代表のエースの上野由岐子選手のMAXは121km/hです。体感では野球で言う170km/h程度と言われているので、本当にとんでもないお方です。

上野選手も日本代表メンバーとして後藤希友選手によくアドバイスをくれるそうです。

このようなベテランピッチャーが集うオリンピックで若手の後藤希友選手がどのように活躍するか注目ですね。

終わりに

東京オリンピックの代表ピッチャーはダブルエースの上野選手と藤田選手に若手の後藤選手が入って、安定感と勢いのバランスの良い投手陣ではないかと思います。

とても楽しみですね。

一方、2024年のパリ大会はソフトボールの除外が決まっておりますが、ロサンゼルス大会では復活の話もあります。

先の話にはなりますが、後藤選手は今後の日本を牽引していく存在になっていくと思いますので、東京五輪で良い経験を積み、さらに飛躍してもらいたいですね。

今後のご活躍を期待しましょう。

 




関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です