テコンドー

鈴木セルヒオ(東京書籍)の父母や弟は?出身や小学校中学校高校大学などプロフィールについて!

東京オリンピックのテコンドー代表が内定した、「鈴木セルヒオ(すずきせるひお)」選手。

整った容姿と、技を繰り出す姿がかっこいいと話題の選手ですよね!

そこで今回は、「鈴木セルヒオ」選手にスポットを当てたいと思います。

鈴木セルヒオ」選手の所属は東京書籍なのか、父親や母親、弟などの家族構成、それに加え出身小学校や中学校、高校、大学はどこなのか、更に経歴などのプロフィールをご紹介します。

鈴木セルヒオは東京書籍所属?

「鈴木セルヒオ」選手の所属が東京書籍なのかをご紹介します。

 

鈴木セルヒオ選手は、高校卒業後に「東京書籍株式会社」に入社をしています。

「東京書籍株式会社」は1909年に創業された、学校・学習教材や指導用教材など、様々な学習の場で使用される本などを取り扱っている会社です。

 

 

鈴木セルヒオの父親と母親は?

「鈴木セルヒオ」選手の父親と母親をご紹介します。

 


父親は、「鈴木健二(すずきけんじ)」さんです。

現在は奥様とボリビアのサンタ・クルスにて、レストランを経営されています。

当初は露店でお店をされていたそうなのですが、今では現地に3店舗も構える人気レストランとなっています。

日本食をボリビアの人たちに食べてほしい!という気持ちで、原価のなるべく安い物を選び、食べに来やすい価格で提供をしたのが始まりだそうです。

 

母親は、「鈴木ノルマ(すずきのるま)」さんです。

母のノルマさんはボリビア人です。

 

ちなみにお2人の出会いですが、父の健二さんが南米のバイクで旅していた所、不運にも道路の亀裂にタイヤがはまってしまい、大事故を起こしてしまったそうです。

一命を取り留めたものの、1ヶ月もの入院生活を送り、退院後は療養の為に現地で、日本食レストランにてアルバイトをしていました。

その時にノルマさんと出会い、健二さんの一目ぼれで交際を始める事となりました。

この事故が無ければ、2人は出会う事が無かったそうで、まさに奇跡ですね!

 

 

鈴木セルヒオの弟は?

「鈴木セルヒオ」選手の弟などの家族構成をご紹介します。

 

鈴木セルヒオ選手の兄弟は、お兄さんと弟さんがいます。

 

お兄さんは「鈴木ブルーノ」さんで、3歳離れており、小さい頃はお兄さんのブルーノさんに影響され、テコンドーを始める事となりました。

現在は医師で研修医として働いており、将来は外科医になりたいそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

いっちょまえになったもんだ #鈴木家の怪獣 #ブロリー並のポテンシャル Vamos!!GUGU!!

Sergio Suzuki Moron 鈴木セルヒオ(@suzukiboliboy11)がシェアした投稿 –


弟さんは「鈴木リカルド」さんで、2000年4月27日生まれで6歳離れており、鈴木セルヒオ選手と同じテコンドー選手として活躍しています。

現在大東文化大学の学生で、数々の大会で優勝も飾っており、2020年2月9日に開催された、東京オリンピック最終選考会で優勝を果たし、テコンドーでは兄弟初となるオリンピック出場を決めました。

鈴木リカルド選手は69㎏級ですので、兄弟そろっての金メダルに期待ですね!

 

 

鈴木セルヒオの小学校,中学校,高校,大学はどこ?

「鈴木セルヒオ」選手の小学校や中学校、高校、大学はどこなのかご紹介します。

 

出身小学校と中学校は、公表されていませんでした。

5歳から中学卒業まではボリビアに移住していましたので、ボリビアのどこかの小学校・中学校である事は間違いありません。

 

出身高校は、韓国の「漢城高等学校」です。

テコンドーの技を磨く為、テコンドーの本場韓国の強豪校に留学をしています。

 

出身大学は、「大東文化大学」です。

大東文化大学もテコンドーの有名な大学で、この時出会った金井洋監督に「自身の感の良さと、危機管理能力や予測能力の高さ」を気付かされて、意識的に相手の隙を突く戦い方をするようになったそうです。

 

 

鈴木セルヒオのプロフィールと経歴

「鈴木セルヒオ」選手のプロフィールと経歴をご紹介します。

 

名前 鈴木セルヒオ(すずきせるひお)

生年月日 1994年10月9日

年齢 25歳(2020年4月現在)

出身地 神奈川県川崎市

身長 177㎝

階級 58㎏以下

5歳の時に母の実家があるボルビアに移住をし、両親の勧めとお兄さんの影響でテコンドーを始めました。

中学の時にはボリビアのシニア全国大会で優勝を果たし、「テコンドーの神童」とも呼ばれていたそうですよ。

高校は両親の勧めで、テコンドーの本場である韓国に1人で留学をしますが、韓国のテコンドーはとてもレベルが高く、補欠選手として3年間過ごす事となってしまいました。

その後は日本で実力を付けていき、数々の大会で成績を残してきましたので、ご紹介します。

主な成績

2013年 優勝  全日本学生テコンドー選手権

2014年 優勝  全日本学生テコンドー選手権

2015年 優勝  全日本選手権

2017年 優勝  全日本選手権

2018年 優勝  全日本選手権

2018年 3位入賞 アジア大会

2016年のリオデジャネイロオリンピックへの出場も期待されていましたが、アジア大会の予選で中国人選手に対し負けてしてしまい、出場を逃してしまいました。

この敗北と、大学卒業が重なっていたので、一時は引退する事も考えたそうですが、この悔しさをバネに更に技を磨き実力を付けてきました。

 

 

終わりに

今回は、鈴木セルヒオ選手についてご紹介しました。

兄妹での東京オリンピック出場です。

是非、2人揃って表彰台に上がってもらいたいですね!

2021年7月の東京オリンピックでの活躍が楽しみです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です