テニス

柴原瑛菜のペアは青山修子でランキングは?ラケットやサーブや出身中学高校大学などプロフィールについて!

プロテニスプレイヤーの柴原瑛菜選手をご存じですか?

ダブルスで青山修子選手とペアですが、世界で戦える選手であり、東京オリンピックの日本代表選手としても期待されております。

今回は柴原瑛菜(しばはらえな)選手について、世界ランキングや使っているラケットについて、さらにサーブや学歴(出身中学,高校,大学)などのプロフィールについて調査しました。

それでは見ていきましょう。

柴原瑛菜・青山修子ペアのランキングは?

ダブルスで活躍する柴原瑛菜選手と青山修子選手のランキングはどうなっているのでしょうか。

 

■最新JTA(国内テニス)のランキング

一般女子ダブルス

1位 青山修子(815000ポイント)

2位 柴原瑛菜(714800ポイント)

※2020.10.30更新

 

国内のダブルスランキングでは、3位とは圧倒的なポイント差で上位にいる2人です。

国内では圧倒的な力を見せております。

 

 

では、海外ではどうなのでしょうか? 

■最新WTAランキング(世界ランク)

WTAダブルスランキング

22位 青山修子(3475ポイント)

23位 柴原瑛菜(3345ポイント)

 

WTAシングルス

416位(2020年8月17日時点の過去最高順位)

 

強豪が多い中、上位順位に食い込んでいます。

また、柴原瑛菜・青山修子ペアは、2019年8月シリコンバレークラシックで準優勝し、2019年10月天津オープンで優勝、さらに10月開催のクレムリンカップで優勝しています。

つまり、大舞台で結果を出す力は持っているということですね。

また、2020年の2月に開催されたサンクトペテルブルク・レディース・トロフィーでも優勝をしており、現在とても勢いがあるため、東京オリンピックでの活躍も期待されております。

また、シングルスのランキングが思ったよりも低いと感じた方も多いかもしれませんが、事情があります。

テニスにはWTAとITFがあり、WTAは試合に出る時の不要の負担などをしてくれることや、大会での賞金が大きいです。

ただ、ランキング上位の選手しか試合に参加できません。

ITFはWTAのような費用面の優遇がなく、賞金も少ないことがほとんどのようです。

柴原瑛菜選手はダブルスの調子が良く、ランキング上位にいったことからWTAの試合に参加できるようになり、費用面でも有利なため、ダブルスの試合がどうしても多くなってしまいます。

一方、シングルスのランキングは低いため、ITFの試合しか出られませんので、費用の負担も自分で賞金も少ないため、うまみが無いどころか、生活を圧迫することになります。

そういった事情からどうしても稼げるダブルスの試合が多くなり、ダブルスのランキングは維持されますが、シングルスはどうしてもおろそかになりがちになります。

柴原瑛菜選手の場合は特にスポンサーがいなかったのでそういった傾向が強くなります。

ただ、本人はシングルに出たいという思いがあり、ダブルスでいっぱい稼いでシングルスに出るという野望を持って活動を続けておりました。

個の力も高いと言われており、シングルスはランキング以上の実力があると思われます。

そういった状況を見て橋本総業ホールディングスさんがスポンサーに名乗りを上げ、今はスポンサーについてくれております。

柴原瑛菜選手にとっては本当に有難かったでしょうね。

今後はダブルスのみならず、シングルスでも頭角を現すのではないかと筆者も期待しております。

最近はコロナの影響で試合中止が相次いでいましたが、試合も一部再開されつつあるので注目ですね。

 

柴原瑛菜のラケットは?

柴原瑛菜選手が愛用しているラケットはヨネックスです!

大阪なおみ選手なども愛用しています。

ヨネックスはテニスプレイヤーでもそうでもない方もご存じの方が多いと思います。東京都に本社がある日本を代表するスポーツ用品メーカーですね。

初心者から上級者まで使いやすい性能とデザインとなっていて、特に女性が使いやすいということで人気です。

ちなみにペアの青山修子選手はBRIDGESTONE(ブリヂストン)です。

 

柴原瑛菜のサーブの特徴とプレースタイルは?

柴原瑛菜選手のサーブの特徴は女子では珍しい高く跳ねるキックサーブです。

動画で見てみましょう。

 

黄色のユニフォームが柴原瑛菜選手です。0:40~から柴原瑛菜選手のサーブが見えます。

 相手の吉田選手がとても取りにくそうにしているのが分かりますね。

 

このキックサーブを活かしたサーブ&ボレーも得意なプレーの1つです。

これは実は幼少期からあこがれていたピート・サンプラスの影響でもあるようです。

サンプラス選手は歴代最強のサーブ&ボレープレイヤーと言われております。

いつかサンプラス選手のような素晴らしいサーブ&ボレープレイヤーになるかもしれませんね!

 

柴原瑛菜の出身中学,高校,大学は?

続いて柴原瑛菜の学歴(出身中学,高校,大学)についてです。

プロ選手ってどういう環境で勉強するんだろう、とか強豪校で練習していたのかも!と想像する方も多いでしょう。

柴原瑛菜選手は両親が日本人でカリフォルニア州で生まれ育つという異色の経歴を持ちます。

よって学校もカルフォルニアの学校です。

 

出身中学:リッジクレスト中学

出身高校:パロスベルデス ペニンシュラ 高校

大学:カリフォルニア大学ロサンゼルス校

 

カルフォルニア大学ロサンゼルス校はテニスの名門校として知られております。

スポーツ特待生として入学したので、柴原瑛菜選手が将来が有望な選手であったことが伺えますね。

どのような学校生活を送っているかは分かりにくいところはありますが、柴原選手のインスタなどにはよく友達と映っている写真がアップされています。

 

 

親友との時間を楽しむ写真もあり、インスタの中での楽しそうなやりとりを見ると、学校生活はとても充実しているように感じます。

インスタの投稿はとても多く、プレイベートショットも多いので気になる方はオススメですよ。

 

柴原瑛菜の家族(父親,母親,兄弟姉妹)は?

柴原瑛菜の家族(父親,母親,兄弟姉妹)を見てみましょう。

柴原家は5人家族です。

 

父親:柴原義康さん

母親:調査中

長男(7つ上の兄):柴原端樹(みずき)さん

次男:(4つ上の兄):柴原鷲平(しゅうへい)さん

長女:柴原瑛菜さん

 

アメリカ生まれなので、ハーフなのではと思った方もいらっしゃると思いますが、前述の通り、両親ともに日本人です。

お父さんもお母さんも両方と元テニスプレイヤーです。

特にお父さんの義康さんは瑛菜さんのコーチも務めております。

インスタグラムにお父さんの写真がありましたので紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy Father’s Day PapaShibs💐

Ena Shibahara 柴原瑛菜(@enashibs)がシェアした投稿 –

優しそうなお父さんです。

赤ちゃんは瑛菜さんですが、本当にかわいいです。

お母さんについては詳しい情報ありませんが、瑛菜さんお母さんの作る料理が大好きで、遠征で食べれない時があると恋しくなるようです。

とても家庭的な方なのでしょうね。

また、ご飯を作るのがとても早いようなので、きっとテキパキしている方なのでしょう。

長男の端樹さんと次男の鷲平さんもテニスプレイヤーです。

端樹さんは瑛菜さんのトレーナーも務めております。

端樹さん写真がありましたのでご紹介します。

まさにテニス一家で、一家で瑛菜さんをサポートしております。

両親は子供にテニスをさせるために、テニスの環境の整ったカルフォルニアのロサンゼルスの地を選んだのだと想像します。

それくらいロサンゼルスはテニスをする環境が整っております。

 

柴原瑛菜の結婚(夫旦那)や彼氏情報

2020年10月時点で22歳の柴原選手は美人だし皆さん気になるのが彼氏や結婚の事情も気になるところだと思います。

美人で身長が175cmある柴原選手は、日本人からみたらモデル並みのプロポーションですよね。 

また、プレイベートについてのインタビューから本当に素朴で、人柄の良さが出ております。しかも愛嬌があり可愛らしいです。

人柄がの良さや可愛らしさがよく分かる動画を見つけましたので、よろしければご覧ください。

この動画見ると彼女のファンが増えそうな気がします。

 

 

しかし、まったりとした雰囲気の柴原選手ですが、試合になると空気が変わり、インタビューでの時からは想像できないようなキレキレのプレーを見せてくれます。

このギャップにやられてしまう男性陣は結構いるんじゃないかなあと想像します。

しかしながら、現在は、どうも独身にようで彼氏情報などもメディアにも出でおりません!

ただ、本当に素敵な方なので柴原選手が出会いを求めているかどうかの問題な気がします。

 ただ、どんな相手が好みなのかは気になりますね・・・。

 

柴原瑛菜(しばはらえな)のプロフィールと経歴

柴原瑛菜のプロフィールと経歴を見ていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨Not the result we wanted today, but overall really happy with my debut run @rolandgarros and excited to have made it to my first quarterfinals at a Grand Slam💪 🙏Thank you to everyone for all of the nice message throughout this past couple of day and for all of the support this season🥰 • • ✨残念ながら全仏オープンの準々決勝で負けてしまいました。でも初全仏オープンと四大大会で初準々決勝に行けてとても楽しかったです💪 🙏皆さん応援ありがとうございました📣皆さんからのメッセージいただいてとても嬉しかったです🥰 • • #athlete #sports #professional #tennis #player #enashibahara #motivation #inspiration #ellesse #ellessejapan #yonex #wta #2020 #rolandgarros #frenchopen #柴原瑛菜 #選手 #プロ #テニス #スポーツ#エレッセ #ヨネックス #全仏オープン

Ena Shibahara 柴原瑛菜(@enashibs)がシェアした投稿 –

  • 名前:柴原瑛菜(しばはらえな)
  • 生年月日:1998年2月12日
  • 身長:175cm
  • 体重:65kg
  • 血液型:調査中
  • 出身地:アメリカ・カルフォルニア州・マウンテンビュー
  • 出身大学:カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
  • 国籍:日本(2019年に取得)
  • 所属:橋本総業ホールディングス
  • 右利き

 

アメリカ・カリフォルニア州に生まれ育ちます。

テニスを始めたきっかけは柴原選手の父親にテニスを教えてもらったのきっかけです。

なるべくしてなったという感じかもしれません。

既に兄二人もテニスをしている中、柴原選手は7歳で本格的にテニスを始めました。

思ったよりも遅いと思いましたが、もしかしたらお父さんは瑛菜さんにはそこまでテニスをやらせたいと思っていなかったのかもしれません。

カリフォルニア州は公営のテニスコートが多くあり、いつでも練習できる環境のようです。

そんな中、兄2人と練習していたので、8歳の時には全米テニス協会の強化選手に選ばれるほどの実力になっていきます。 

兄二人と一緒に練習していたのが大きかったと思います。同年代の速いボールや強いボールも難なく返せそうですよね。

強化選手となってから、13歳までの間の5年間、元プロテニスプレイヤーのキンバリー・ポー選手の指導を受けます。

キンバリー選手は自己最高ランキングシングルス14位、ダブルス6位の世界でトップクラスの選手でした。

これほどの選手の指導を受けられるということから、柴原選手才能あふれる選手であったことが伺えますね。

そういった中、2016年に全米オープンのダブルスで優勝を飾るなどメキメキと力をつけます。

大学はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にスポーツ特待生として進学します。

大学進学後は前述の通り幼少期からの憧れていたピート・サンプラスの姉であるステラ・サンプラスに指導を受けます。

本当に指導者に恵まれていますね。 

柴原瑛菜選手がこれほどまでの実力になれたのは才能や努力だけでなく、幼少期からテニスを続けていたことや、カルフォルニアというテニスに恵まれた地で育ったというのもとても大きいと思います。

国籍については2019年に日本国籍を取得しました。

生まれも育ちもカルフォルニア州の彼女にとっては、とても大きい決断だったようです。

柴原瑛菜さんは家族のことが本当に大好きで大切にしております。

実は日本国籍を取得したのは、東京オリンピックに日本代表として出場して日本に住んでいる祖父母に見せて上げたいと思ったのが大きいようです。

日本人だからとかそういうのではなく、純粋にそう答えたのは、柴原選手のことを知る方からすると柴原選手らしいと思うかもしれませんね。

それくらい柴原選手は家族が好きで、祖父母のことを大事にしており、純粋に喜ばせたいと思ったのだと思います。

プロデビューは2018年で、ツアー通算3勝を挙げており上々の滑り出しです。

現在の生涯獲得金額は257,918ドルです。(2020年10月時点)

まだまだ若くこれからの飛躍が期待されます。

東京オリンピック日本代表はまだ決まっておりませんが、柴原選手はダブルスで選ばれる可能性が大いにあります。

今後の活躍に期待しましょう!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です