陸上

東京オリンピック陸上の短距離・中距離の注目選手は?日本海外男子女子について!

今回は2021年に延期となった東京オリンピックの陸上競技について、短距離・長距離走の注目選手を日本と海外、さらに男子、女子それぞれご紹介していきます。

それでは早速見ていきましょう!

陸上競技での短距離走・中距離走とは?

まずは陸上競技において短距離と中距離はどのような種目でしょうか。

 

短距離:100m・200m・400m
中距離:800m・1500m

※オリンピック種目においてはこのような種目分けとなっております。
(ハードルや障害レースはこちらでは一旦のぞいております。)

 

 

まずは誰もが知っている100m。世界で一番足の速い人を決めるレースです。
陸上競技の中でもやはり一番の花形種目です。東京オリンピックの100m決勝も世界中の方が注目レースとなることでしょう。
続いては200mです。陸上競技場のトラックをちょうど半分。カーブでスタートし、直線を走る種目です。スピードも大切ですが、カーブを減速せずに走る技術も必要です。
そして、400m。トラックをちょうど1周するタフな種目です。一般の方が走るととても短距離というカテゴリーには入らないイメージですが、れっきとした短距離種目です。40秒ちょっとでゴールすることから、最強の無酸素運動とも言われております。
中距離は800mと1500mに分かれています現在はアフリカ勢の躍進が中心ですが、かつてはヨーロッパで盛んな種目でした。

 

東京オリンピック陸上短距離・中距離の日本男子の注目選手は?

それでは日本男子の注目選手をあげていきましょう。

 

100m:桐生祥秀選手 自己ベスト:9秒98
100m:山縣亮太選手 自己ベスト:10秒00
100m:サニブラウン・ハキーム選手 自己ベスト:9秒97(日本記録)
200m:サニブラン・ハキーム選手 自己ベスト:20秒08
400m:ウォルシュ・ジュリアン選手 自己ベスト:45秒13

 

 

日本短距離男子は有望選手が多く、世界でも十分に戦っていけるだけの戦力を持っております。

今回はその中でも決勝または準決勝を狙える選手を紹介致します。

まずは桐生選手。

日本人で初めて9秒台を出した選手です。高校生の頃から10秒01の記録を出し、近年日本短距離界を牽引してきた選手です。

大舞台での強さはそこまでですが、2020年の安定した記録であれば決勝進出も夢ではありません。

続いて山縣亮太選手。

ここ数年は怪我に悩まされていますが、彼の武器はなんと言ってもスタートダッシュです。世界でもトップのスタートダッシュを誇っており、特にピストルがなってから動き出すまでのスピードは素晴らしいです。

そして、100mの日本記録保持者サニブラウン選手。

世界ジュニアでもメダルを獲得しているだけあって、世界的にも注目されている選手です

現在は練習の拠点をアメリカに移しているため2020年の日本選手権は欠場となりますが、アメリカでどこまで成長しているのが非常に楽しみです。

そして400mではウォルシュ選手も注目です。

しばらく更新されていない日本記録を更新し、44秒台の記録を出せば準決勝または決勝進出ができる逸材です。

 

東京オリンピック陸上短距離・中距離の日本女子の注目選手は?

それでは日本女子の注目選手を上げていきましょう。

 

100m:兒玉芽生選手 自己ベスト:11秒35
1500m:田中希実選手 自己ベスト:4分5秒27

 

 

日本女子ではなかなか世界との壁がある、短距離・中距離です。その中でも2020年に自己ベストを更新して絶好調の選手をご紹介します。

まずは100mの兒玉選手。

9月に行われた大会で100mの自己ベストを更新、11秒35は日本歴代3位のタイムです。

そしてまだ大学3年生の選手です。伸び代も十分です。

そして1500mの田中希実選手。

長距離でも好記録を連発していますが、1500mで日本記録を更新しました。レース内容も素晴らしく、ラスト1周でも世界レベルのスパートを見せるなど、決勝進出するだけではなく決勝の舞台でどこまで順位を狙えるかの勝負ができる選手です。

 

東京オリンピック陸上短距離・中距離の海外男子の注目選手は?

それでは一方海外の選手で注目選手を上げていきます。

100m:クリスチャン・コールマン選手(アメリカ) 自己ベスト:9秒76
400m:ウェイド・バンニーキルク選手(南アフリカ) 自己ベスト:43秒03

 

今回はこの2選手を挙げていきます。

100mからは金メダルの最有力候補。コールマン選手です。ドーピング問題など周辺が非常にざわついている選手ですが、無事出場が叶えば金メダルの確率は非常に高い選手です。

なんといっても圧倒的なスタートからの加速に定評があります。前半を終えた段階で他の選手に絶望的な差をつけるのが彼のスタイルです。新国立競技場で世界で一番速い男に彼は果たしてなれるのでしょうか。

そしてもう一人注目している選手は、南アフリカのバンニーキルク選手です。400mの世界記録保持者であり、200mの走る選手です。

近年怪我やコンディショニング不良により世界トップの走りは見れていませんが、2020年シーズンより徐々に戻ってきている印象です。2021年の東京オリンピックでは大活躍してくれることを期待しております。

 

東京オリンピック陸上短距離・中距離の海外女子の注目選手は?

それでは女子も見ていきましょう。

100m:エレン・トンプソン選手(ジャマイカ) 自己ベスト:10秒70
200m:ダフネ・スキッパース選手(オランダ) 自己ベスト:21秒63

 

女子も2選手を紹介いたします。

まずは100mですが、リオオリンピックで短距離2冠を獲得したジャマイカのトンプソン選手です。

100mでも世界歴代4位のタイムを持っており、2大会連続の2冠はあるのか!?ということが最大の注目です。

そのトンプソン選手の2冠を阻止するのが、オランダのスキッパース選手ではないかと言われています。

身長178cmと恵まれた体格を生かし、後半の加速が非常に素晴らしい選手です。

そのため100mよりも200mを得意としております。トンプソン選手が後半疲れが見えてきたり、動きが悪くなってくると、スキッパース選手が怒涛の追い込みを見せることでしょう。

 

まとめ

まだまだ世界との壁があるものの、一部の種目では世界でも対等に戦っていける種目を増えてきました。

特に日本男子の100mでのファイナリスト、そして女子1500m田中希実選手の上位入賞を期待したいです!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です