トライアスロン

東京オリンピック トライアスロン混合リレー│出場国と強豪国は?

トライアスロンはスイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(走る)の3つの総合力でタイムを競う競技であり、それぞれ得意不得意の種目があることから、様々な駆け引きがあり、レース展開が非常に面白いところが見所のスポーツです。

トライアスロンの個人は2000年のシドニーオリンピックから正式競技になりましたが、トライアスロン混合リレーは2020年の東京オリンピックが初の採用となります。

混合リレーは男女2名ずつが参加し、女子→男子→→女子→女子の順にリレーをつなぐ競技となります。

個人に比べて激しいデッドヒートが起こりやすく、また違った面白さがあります。

今回は東京オリンピックトライアスロン混合リレーの出場国と強豪国についてご紹介します。

東京オリンピック トライアスロン混合リレーの出場国は?

東京オリンピックのトライアスロン混合リレーでの出場国についてはまだ決まっておりません。

混合リレーは男女2名ずつで行うため、出場できる国は男女ともに2名以上選手を派遣できる国になります。

出場資格は下記の通りになります。

 

出場資格

・開催国枠=日本(男女2名ずつ)

・混合リレーランキング上位10か国

・個人ランキングの上位26名が所属する国

ランキングは2019年に開催されたオリンピックイベント2020年9月6日に実施されたITU世界選手権(ハンブルグ)の他、ITUミックスリレーシリーズイベントやITUミックスリレー大陸別選手権で獲得したポイントによります。

さらに詳しく知りたい方はITU公式ページをご覧ください。

 

まだ出場国は決定していませんが、約15カ国が出場すると予想されています。

出場国については決定しましたら追記いたします。

 

東京オリンピック トライアスロン混合リレーの強豪国は?

トライアスロンは個人も混合リレーも欧米が強いスポーツです。

東京オリンピックトライアスロン混合リレーで強豪国として挙げられるのはフランス、イギリス、アメリカ、オーストラリアです。

最新の世界ランキング(2020年3月時点)は下記の通りです。

 

1位:フランス

2位:オーストラリア

3位:アメリカ

4位:イギリス

 

上記のどの国もオリンピックディスタンスと呼ばれるリレーよりも長距離の個人種目でメダルを狙える選手が揃っております。

また、ミックスリレーは短距離でありスピードが求められますが、選手層の厚い強豪国はスピードの得意な選手もしっかりいます。

2019年のテストイベント(お台場)では1位フランス、2位イギリス、3位アメリカ、5位オーストラリア、2020年の世界選手権(ハンブルグ)でも1位フランス、2位アメリカ、3位イギリス(オーストラリアは不参加)と常にトップ争いをしております。

2019年のオリンピックイベントは東京オリンピックの会場であるお台場であり、最も本番に近い条件では、フランスのドリアン・コナン選手(1994年生まれ)とアレックス・イー(1998年生まれ)選手が激しいラストスパート争いをして大いに盛り上がりました。

 

一方の日本は世界ランキング12位で、強豪国からは実力的には離れていると言わざるを得ないでしょう。

2019年のお台場でのオリンピックテストイベントでは11位でした。

 

メンバーは、

1走:高橋侑子選手

2走:ニナー・ケンジ選手

3走:井出樹里選手

4走:古谷純平選手

でした。

ただ、日本は全く目がないわけではないと思います。

プラスの要因としては高橋侑子選手が安定して実力を出せる他、2020年のワールドカップでは思うような結果は出ませんでしたが、ベテランの上田藍選手の強さも健在です。

 

 

一方の男子について個の力では基本的に強豪国に及ばないのですが、一人だけ別格の選手がいます。

それはニュージーランドから帰化したニナー・ケンジ選手です。

ニナー・ケンジ選手はリレーの距離では世界クラスの選手です。

2019年のオリンピックテストでも一人だけ別格の走りを見せ、全チームの中でもトップクラスのタイムを叩き出しました。

また、男子エースの古谷選手に加え、期待のホープ北条巧選手もいます。

上記のプラス要因と地の利を考えれば日本も可能性はあるでしょう。

現に日本はメダルを取ると豪語しており、プランを練っているようです。

 

まとめ

トライアスロンについては個人と同様に混合リレーも欧米が強豪国となります。

恐らくフランス、イギリス、アメリカ、オーストラリアが激しいトップ争いをすることでしょう。

一方で日本については女子の強さとニナー・ケンジ選手の別格の強さに期待したいところですね。

ポテンシャルはあると思いますし、日本にもきっと見せ場があると思います。

トライアスロン混合リレーはレース展開が非常に面白いので、是非日本を応援しつつ、観戦を楽しみたいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です