レスリング

川井友香子の小学校中学校高校大学はどこ?両親や姉妹やインスタについても!

2020東京オリンピックの代表内定が、姉妹で決定した「川井友香子(かわいゆかこ)」選手。

今回は、そんな「川井友香子」選手にスポットを当てたいと思います。

川井友香子」選手の出身小学校や中学校、高校、大学はどこなのか、両親姉妹などの家族構成、それに加えインスタなどのSNS、更に経歴などのプロフィールをご紹介します。

川井友香子の小学校,中学校,高校,大学はどこ?

「川井友香子」選手の出身小学校や中学校、高校、大学はどこなのかご紹介します。

 

出身小学校は津幡町立「津幡小学校」です。

 

出身中学校は津幡町立「津幡中学校」です。

 

出身高校は「至学館高等学校」です。

至学館高等学校といえば、レスリングの強豪校です。

 

出身大学は「至学館大学」です。

至学館大学も、レスリングの強豪校として有名です。

卒業生には、吉田沙保里選手や、伊調馨選手、登坂絵莉選手などもおり、お姉さんの川井梨紗子選手も卒業しています。

 

 

川井友香子の両親は?

「川井友香子」選手の両親を紹介します。

 

川井梨紗子選手の父は川井孝人さんです。

石川県高等学校体育連盟レスリング専門部専門委員長を務められています。

現在は51~52歳で、日本体育大学の出身者です。

1989年には男子グレコローマン74㎏級で学生の二冠王者(全日本大学グレーコローマン選手権、全日本学生選手権)というすごい選手だったのです。

 

川井梨紗子選手の母は川井初江さんです。

金沢ジュニアクラブでコーチを務めている、元女子レスリング選手です。

1980年~1990年前半のレスリングの初期に活躍をしており、日本女子レスリングの基礎を作り上げた人物と呼ばれています。

1989年の世界選手権53㎏級では7位に入賞を果たす実力の持ち主です。

オリンピック出場も目指していましたが、当時オリンピックにレンスリング競技が無かった為に夢は叶いませんでした。

 

 

川井友香子の姉妹は?

「川井友香子」選手の姉妹をご紹介します。

 


川井友香子選手にはお姉さんと妹さんがいらっしゃいます。

お姉さんの「川井梨紗子(かわいりさこ)」選手は川井友香子選手と同じ、女子レスリング選手です。

川井梨紗子選手といえば、リオデジャネイロオリンピックの63㎏級で優勝を果たし、2020東京オリンピックでも期待をされている選手です。

姉妹揃ってたくさんの大会で成績を残しており、東京オリンピックでの姉妹揃ってのメダル獲得が期待されています。

同じような体格をしているので、元々同じ階級でしたが、お姉さんの梨紗子選手が階級を落として、姉妹揃っての参加が決定したそうです。

 

妹の「川井優梨子(かわいゆりこ)」さんも、レスリングをしているそうです。

ネットに情報は公表されていませんが、今後活躍をしていけば三姉妹揃っての大会出場なども、あるかもしれませんね!

 

 

川井友香子のインスタは?

「川井友香子」選手のインスタをご紹介します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 至学館大学卒業しました🎓🌸 愛知に来てから7年間、家族をはじめ沢山の方に 支えてもらってここまでくることができました ☺︎ . 指導してくださり、沢山練習していただいた先輩方や 後輩達にも感謝でいっぱいです🙇🏻‍♀️ そして、高校生の頃から喧嘩もたくさんしてきたけど、この同期で頑張ってこれてよかったです。 ありがとう ☺︎💞 . 4月からはジャパンビバレッジの一員として、社会人としての自覚と責任を持って一生懸命頑張ります🤼‍♀️ . 今日つけたピアスは母がこの日のために 手作りしてくれて、 髪飾りは3年前の梨紗子と同じでした😻 #0318

川井友香子 Yukako Kawai(@yukako_kawai27)がシェアした投稿 –


川井友香子選手は倖田來未さんのファンだそうです。

お姉さんの梨紗子選手とライブに行ったり、倖田來未さんが試合を見に来たりと、お互い交流もあるそうです。

姉妹仲良しですね!

 

 

川井友香子のプロフィールと経歴

「川井友香子」選手のプロフィールや経歴をご紹介します。

 

名前 川井友香子(かわいゆかこ)

生年月日 1997年8月27日

年齢 22歳(2020年3月現在)

出身地 石川県津幡町

レスリング一家に生まれた川井友香子選手は、姉の川井梨紗子選手に続いて、金沢ジュニア教室でレスリングを始めます。

金沢ジュニア教室には、母の初江さんがコーチで在籍をしており、母の初江さんは娘を指導するにあたり、ヒイキをしていると思われたくなかった為に、他の生徒より厳しく指導をしていたそうです。

その指導が今の川井友香子選手の活躍に繋がっているのですね。

練習を重ね、中学3年生の時にはジュニアクイーンズカップ中学生の部48㎏級で優勝を果たしています。

姉の梨紗子選手を追って至学館高校に進学をすると、数々の成績を収める事となりました。

川井友香子選手の数々の好成績をご紹介します。

主な好成績

2010年 3位入賞 全国中学生選手権

2011年 準優勝 ジュニアオリンピック

2011年 3位入賞 ジュニアクイーンズカップ、全国中学生選手権

2012年 優勝  ジュニアクイーンズカップ

3位入賞 全国中学生選手権

2013年 優勝  ジュニアクイーンズカップ、クリッパン女子国際大会

2014年 優勝  ジュニアクイーンズカップ、ジュニアオリンピック

3位入賞 世界カデット選手権

2015年 3位入賞 FILAゴールデングランプリ

2016年 優勝  ジュニアクイーンズカップジュニア

3位入賞 全日本レスリング選手権大会

2017年 優勝  ジュニアクイーンズカップ、ジュニアオリンピック

2017年 優勝  全日本学生選手権、ワールドカップ

2017年 優勝  全日本選手権

3位入賞 全日本選抜選手権

9位入賞 世界ジュニア

2018年 優勝  ワールドカップ、全日本選抜選手権

2018年 優勝  U-23世界選手権、全日本選手権

2位入賞 世界選手権

2019年 優勝  全日本選抜選手権、ワールドカップ

2位入賞 アジア選手権

3位入賞 世界選手権

2020年 優勝  アジア選手権

 

2015年に行われた全日本選手権では、決勝で姉の梨紗子選手と姉妹対決となり、0-10のテクニカルフォールで敗北してしまっています。

2017年に行われた全日本選手権では59㎏級で優勝をし、姉の梨紗子選手が62㎏級で優勝をした為、姉妹優勝を果たします。

2019年に行われた世界選手権は、2020東京オリンピックの代表内定が決まる試合でしたが、3回戦でティニベコワにフォール負けをしてしまいます。

しかし、敗者復活戦で勝ち上がり3位に入賞した為、無事に代表権を得る事ができました。

 

 

終わりに

今回は、川井友香子選手についてご紹介しました。

2020東京オリンピックでは、姉妹で表彰台に上がる姿が楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です